ケンカを学ぶ

モナコインのシステムほぼ停止してるのしってるのかな?笑 …の件。 モナコイン属性は概ね誠実、不言実行、秘するが花を地で行くのが取り柄なので。業者的な斜に構えた戦法を基に云々言うのは気が引けるのですが。 さらに言うと、たぶんモナコイン関係のアクティビストは無職業者BOTと文化的コンテキストの時差が10〜20年くらいあるはずなので、通じなくても不思議はない…というか、通じたら不気味だくらいに思うのですが。 無職業者BOTは、率直なところ21世紀に入ってからの上野千鶴子教授の言動に失望され続けています。しかし、この本は、教授の全盛期であるせいなのか、遥洋子氏視点の観察日記であるためか、いずれにせよ素直に読みやすい本だと思っています。 この本は SNS がこんなにまでややこしくなる前 2004 年の出版ですが。思い返せば 1994 年くらいの fj netnews の世界でも、このケンカの仕方は有効だった気がします。 ネタバレは避けますが、背表紙にあるものの引用くらいは許されるでしょう。曰く 「相手にとどめをさしてはいけません。あなたは、相手をもて遊ぶコツを覚えて帰りなさい。勝負は観客が決めてくれます」 無職業者BOTの認識では、ここでいう観客は、モナコインの内部事情に詳しいゴリラではありません。ゴリラたちの見解に沿えば、勝負は初めから明らかでしょう。 ここで重要な観客とは、ゴリラたちが「秘するが花」を徹底しすぎた結果として、モナコインの現状がわからなくなっている層です。 SNS では、誰もが簡単に観客として参

エログロとブロックチェーン

ポエム。 技術というものは、基本的に倫理や道徳といった人間様の都合とは無関係に発達していくものです。兵器の歴史は技術の歴史ですし。サイエンスは常にマッド・サイエンスと紙一重です。 Why software eating the world という指摘から 10 年経った今も、ソフトウェアは世界を覆い尽くそうとしています。ブロックチェーンはソフトウェア技術のうち入れ物(ストレージ)に関する技術ですから、少なからずのデジタルコンテンツは、ブロックチェーンに紐づくことになるでしょう。 ブロックチェーン自身は、単なるストレージのための "技術" ですから、紐づくコンテンツの属性が、倫理や道徳といった観点で許容されるものかを判断できません。この事実に眉をしかめる意見があることは承知します。一方で、すべてを収集し永続化されるという機能は、検閲からの開放という重要なメリットをもたらし得ます。 エログロとアートは表裏一体なところがあります。どこまでが基本的人権なのかも時代により変遷します。性のあり方も、今この瞬間でさえ世界に見解の多様性が見られます。これら人間様の曖昧な情緒では検閲・抑圧されないストレージとして、ブロックチェーン、特にパプリック・チェーンは使われていくでしょう。 Ⓜ️ 一方、人間様は人間様の都合で快適に生きていく権利があります。人間様も一枚板ではなく、互いに罵り合いながら椅子を投げ合ったりしているわけですが。 技術的に理想的なパブリック・ブロックチェーンは、すべてのコンテンツを無検閲で平等に収集します。言い換えると、検閲反対原理主義者を除く全ての人にとって、要検閲なコンテンツが含まれているストレージとなります。具体的にどのコンテンツが要検閲なのかは、人それぞれになりますが。 ここで、 "キュレータ" の存在が重要になります。無秩序なコンテンツ群に対し、検閲またはゾーニングを行い、秩序を生む存在です。 もしかしたら AI が発達することで、キュレータもソフトウェアに任せることができるかもしれません。現時点では、最終判断として人間様が必要になるでしょう。 残念ながら、今は技術や制度が未達で、見たくないものが見えたり、見せたくないものが見られたりという "事故" が頻繁に起こっています。特に(ブロックチェーンではありませんが) SNS あたりで。 技術や制度が未熟なのが根本原因ではあると思いますが。現時点では、コンテンツの公開場所を選ぶ、自発的ゾーニングが必要なのかなと思ったりしています。 無職業者BOTおよび中の人としては、エロもグロも気になりませんが。山本直樹より森山塔ですし。会田誠を槍玉に挙げるツイフェミの感性は

バッジャー君

Spotlightとは

ビットコインを活用したデジタルコンテンツを配信できるプラットフォームです。
各コンテンツは約1円~からビットコイン決済で販売・購入できるようになっており、読者もクリエーターも楽しく始めることができます。

アカウントを作成
気になる話題を検索

Reckless広告

掲載方法はこちら

人気の記事

おねだり

おねだり中のユーザーはまだいません。

おねだりしてみる