ビットガールズで気づいたこと

2016年から2017年にかけて、ビットガールズというテレビ番組が放送されていた。アイドルのトークンをICOしたり、トークンを使ってアイドルに投票したり、アイドルがビットコインの歌を歌ったり、簡単に言うとアイドルとビットコイン(とトークン)をかけ合わせた番組だった。 その頃の僕は、多くのエンジョイ勢と同じようにCounterparteyのトークンを作っては、配ったりもらったりして遊んでいた。そんな感じで暗号通貨に興味を持ち、面白そうなことにはとりあえず手を出していた僕は、当然のようにビットガールズのICOや投票に参加していた。 しばらくして番組は終わってしまった。番組が終わってしばらくしても、なぜかTelegramのビットガールズグループには時々新しい参加者が増えていた。 ある日、彼女と一緒に僕のスマホを見ていたら、ビットガールズグループに新しい参加者が増えたという通知が表示された。おそらく彼女の目にも入ったはずだった。別にやましいことはないのだけど、「ビットガールズ」という怪しい単語を見てどう思うだろうと考えつつ、特に通知に触れることなくやり過ごした。 少しして、今度は彼女のスマホを二人で見ていた。Googleで検索しようとしたそのとき、検索の履歴に「ビットガールズ」と表示された。 やっぱりあの通知は見られていた。あの通知を見た彼女はビットガールズを検索したのだろう。ビットガールズという単語を見てどう思っただろう。ゲームの名前か、アイドルグループか、エロコンテンツだと思ったかもしれない。そしてそれがアイドルとビットコインの番組だと分かった時、どう思ったのだろう。 これは僕の偏見かもしれないけれど、「アイドル」と「仮想通貨」は彼氏にやめてほしいランキングで上位にくる趣味じゃないだろうか。この2つを組み合わせた番組を見ておいて、やましくないという感覚を持ってしまっているのは、異常なのかもしれない。そこまで考えてそれ以上考えるのをやめた。

monaparty.me を支える技術

つぶやき。ぽえむ。タイトル詐欺。 こみ企画提供のサービス(モナパレットとか)が結構上手いこと隠蔽しつづけていたのと、mpurse のバックエンドでもある mpchain.info が抜群の安定性を誇っていたので気づきづらかったかもしれませんが。 本家 monaparty.me のサービス可用性が、全モナパーティのノード群のうちで最も低い状態が長らく続いていました。 NFT 流行りからモナカードが広く注目される中、さすがにこれはマズい、ということで先月くらいから、ごにょごにょ弄っていました。 紆余曲折があり、Azure のコミュニティに問い合わせたりもした結果、かなり良くなってきたかなという実感を、計測した数値とともに感じたりしています。(グラフは API サーバ群のバックエンド死活状況) 現在の2ノード冗長を3に増やせば、SLA 99.999% は行けそう。 仮想通貨・ブロックチェーンというと、すぐに「開発されているか」みたいな話になるのですが。本当に難しいのは、エコシステムの確立。その基礎になる「安定したノード保守運用」です。 以前も書きましたけれども。 「開発してまーす」っていえば納得しちゃうチョロい層が居るは承知していますけれども。その期待に沿うつもりは無いのだよだなぁ…。詐欺コイン路線を取るつもりはサラサラ無い。 この辺の保守運用ノウハウは、いつかどこかに書き残したい気はしていて。しかしそんな余剰な時間は、どこにもないのでありました。

ビットコイナー、人生ロンダリングしたい

ポエム注意 defy_cryptoです。今回は最近の悩みを文章としてアウトプットします。マネーをロンダリングという話ではないです、はい。 さて、仮想通貨界隈は非常に盛り上がっています。twitterを覗けばやれ億り人だの自由億だの(古い?) 景気の良い言葉が立ち並んでいます。彼らの話が本当かどうかは置いておいて、defy自身も、そこまではありませんが、今回の仮想通貨のバブルで資産を増やした人の一人と言ってもいいくらいには利益が出ました。 同時にtwitterを眺めると、仮想通貨で儲けたなんて話は他人にしないほうが良い、家族やパートナーにも勿論、という話もよく見かけます。 これは本当にその通りだと思います。この辺りの顛末はいわゆる宝くじの高額当選者のその後としてネガティブなものを探せばいくらでも出てきます。 仮想通貨で利益が出た(しかも億だの何だの)という話があれば、それはすなわち宝くじに当たったとほぼ同義でしょう。(もし仮に我々がどんなに仮想通貨を勉強したとかなんだかんだと申したところで、世間からしてみれば宝くじに当たった幸運な人以上の認識はないわけです。) 一生懸命勉強した結果「宝くじに当たった」本人ならまだしも、その周囲の人たちが正常でいられるかどうか、、、多分壊れてしまうのでしょう。 さて、「宝くじに当たった人」の顛末の反省を生かして、当面は誰にも言わないでいようと決心したとします。(もちろん税務署に秘密にしてはいけませんよ)手元にあるこのビットコインはどうしましょうか? いざとなった時に仕事を辞めても何とかなるという心の平穏とともに一生秘密にしましょうか。 仮に墓場まで秘密にしたとします。秘密は墓場に持っていけばそれまでですが、ビットコインはそうは行きません。相続です。例え本人が死んで秘密鍵が失われたとしても、その証拠がないために相続税が発生する可能性は十分にあります。そのため、少なくともGOXは許されません。確実に大切な人に相続させましょう。しかし、相続させたとなれば莫大なお金が大切な人の元へ分配されることになります。 宝くじの話と同じく、隠していた財産が相続で明るみに出て、争い、一家離散したという話も調べればいくらでも出てきます。何も無しにお金が転がり込んでくると壊れてしまう人は多いのです。 では、誰にも言うことなく一人で老後までかけて使い切ってしまいましょうか。 、、、、、、、、何だか勿体無い気がします。 格差、貧困の再生産と言う話があります。富む者の子孫は富み、富まない者の子孫は富まない傾向がとても強いと言う話です。どんなに平等、公平が叫ばれていたとしても、本質的にこの傾向が無くなることはないでしょう。 我々が単純に「

Counerparty 自動販売機の秘密機能

この文書はクリプトに分類しても良いかもしれない。だが、つぶやき、ぽえむ。 Ⓜ Counterparty は、たいてい CIP という改善提案を行って、寄付を募って、そこから開発、というスタイルを取ります。 ですが、自動販売機 (Dispenser) だけはちょっと特殊で、CIP-21 という文書はあるものの、その後の拡張を自前でやろうとしていたフシがあります。 未完の機能もありますが、OPEN_EMPTY_ADDRESS はコードが完成しているようです。 文書が無いうえに作者は次のステージへ逝ってしまったあとなので、コードから読み解きました。 おそらくモチベーションは、こんな感じでしょう。 無思慮に複数の Dispenser を同一アドレスに置いてしまうケースがあるので、他のアセットが入っていない別アドレスに Dispenser を設置できるようにする。 アセットを別アドレスへ send し send 先で Dispenser を open するのと同じです。 しかし、2 工程かかるのは時間の無駄ですし、完全に新規のアドレスの場合、open する際に、採掘手数料としての BTC (モナパーティの場合は MONA)が必要になります。つまり実質 3 工程。なるほどあっても無駄では無さそう。 ウォレットのサポートが要りますが、オプションの便利機能なので、ウォレット開発者判断でサポートがなかったとしても困るというわけでもない。 しかし、これをそのままモナパーティに持っていくかというと…うーん。 『「他のアセットがない」ではなく「既に Dispenser を open していない」という条件のほうが使いやすいのではないか』など、ちょっと考えることもあり…うーん。 Ⓜ 仮にモナパーティに OPEN_EMPTY_ADDRESS 的なものを導入した場合に、積極的に使う場合のユースケースとして、モナカードの発行代行があるかなという気がしています。 依頼者は絵とモナコインアドレスを用意するだけ。Dispenser を建てるところまで代行し、アセットの所有権も譲渡してしまえば後腐れないはず。発行するモナカードの一部は代行業者が受け取り、時期を見て代行業者も Dispenser で売る。いわばトラストレスで依頼者にも仮想通貨が手に入る版のモナパちゃん。(ガチャはないけど) Ⓜ ところで本稿執筆時点で、ですが。 Counterparty の方々は、OPEN_EMPTY_ADDRESS は直ちには使わないほうが良いと思います。バグがありますので。

バッジャー君

Spotlightとは

ビットコインを活用したデジタルコンテンツを配信できるプラットフォームです。
各コンテンツは約1円~からビットコイン決済で販売・購入できるようになっており、読者もクリエーターも楽しく始めることができます。

アカウントを作成
気になる話題を検索

Reckless広告

掲載方法はこちら

人気の記事

おねだり

おねだり中のユーザーはまだいません。

おねだりしてみる