Blockstream Satelliteがうまくいかない件w

通天閣が赤く染まり不安な日々が続きますが、タコ頭はBlockstream Satelliteのセットアップにハマっているのでとっても幸せです。 別に書いていたセットアップに関する記事は数週間前にとっくに公開をしている予定でしたが、色々さわっているうちに衛星のロックができなくなったり、USBチューナーを認識できなくなる等のトラブルにより保留中です。 なので、うまくいった時に振り返れる用に、現段階での状況をここに記録しておこうと思います。 まずワイが使ったハードウェアは、Blockstream Satellite Kit  Basicに含まれるものを中心にパラボラやケーブル類を追加購入した動作検証済みのモノ達です。 ケーブルの選定も重要ですが、そのへんは比較的得意なので間違ってはいないはずです。 ちなみに、Blockstream Satellite Basic Kitは既に廃盤みたいw 基本的なセットアップを行い、一度は衛星のロックに成功をしました。 その後、本番環境を構築する為に(最終的なアンテナの設置場所とサーバー機の設置場所が離れている事から)建物の弱電盤をあさり同軸線の引き込み作業を行いなんとか設置に成功したものの、距離が離れている事から案の定シグナルが落ちる事が分かりブースターを導入する事にしました。 その機材を入手している間に、もう一度テスト環境での受信実験を行おうとしたのですが、ここでトラブルが発生。 なぜか衛星のロックができませんw 天候の影響かと思いましたが、翌日もその翌日も全く受信できない状況です。 これでは、本番環境への移行どころではありません。 なにせ本番環境の方がチューナーアンテナ間の距離が長く条件が悪いのです。 このテスト環境、アンテナの近くでの作業になるのですが灼熱で死亡寸前w 弱電盤も何故かメチャクチャ日の当たる場所に設置されており、ひどい作業環境ですw (涼しくなるまで待った方が良いかもしれない) で、とりあえずアンテナの角度調整をやり直す事にしました。 アプリを使い、キット付属品のサテライトファインダーを使って探します。 しかし、このファインダーはかなり簡易的なものであり、確実に該当の衛星からの電波見分けられるわけではありません。 なので、この作業は半分手探りになってしまい正解なのか確信が持てません。 また、テスト環境にはディスクトップマシンを使用しており電力事情が悪く灼熱の環境での実験は骨が折れます。 なので、中古のノートパソコンを購入したのですが、これがまたうまく行きません。 チューナーのドライバーなのかその他の依存モジュールの影響なのか、ロードできなかったりロードしても他のハードウェアが不具合を起こすという謎現象w クラッシュするならまだ分かるんだけどなぁ… 細かく解析はしてみるつもりですが、とりあえず成功させるのが優先です。 そこで、本来はキットの付属物+αでなるべく安くなるべく専門の機器を使う事なく作業を進めるというコンセプトで記事を書く予定でしたが、(少し大袈裟ですが)以前から欲しかった測定器を追加する検討に入りました。 何という測定器かというと、スペクトラムアナライザーという機材です。 これは、時間ドメインで電圧の強度を見るオシロスコープと言う比較的有名な測定器と外見はそっくりですが動作は全く異なっていて、周波数ドメインで各周波数の強度を可視化する測定器です。 フーリエ変換のイメージで大丈夫だと思いますが、内部的にフーリエをとっているわけではありません。 これが有れば該当の周波数が来ているか分かり、調整制度の確信が持ちやすくなります。 しかし、今回の用途に対応したスペクトラムアナライザーは大変高価でありワイの懐事情では購入ができませんので、最近流行りでありBlockstream Satelliteの受信にも使う事が可能なSDRトングルと呼ばれる機材を使う事にしました。 言い訳が出来たと思ったのになぁ… ワイはSDRトングルを二つ程所有しておりますが、残念ながら周波数の上限が低く対応ができなさそうです。 そこで、追加でE4000と呼ばれるチューナーICを実装したモデルを探して先ほど発注しました。 このSDRとは何かというと、Software Defined Radioの略語であり文字通りハードではなくソフトウェア側で電波受信に必要な技術やパラメータを定義するタイプの無線機です。 SDRトングルというのは、電波を受けてソフトウェア側にながすためのデバイスを意味しています。 ソフト側といってもこのデバイス自体にFPGAが載っているものもあったりするので、微妙な話しではありますがまぁそういうものです。 したがって、こいつをノーパソのUSBポートに繋げば軽量でかなり実践的な実験が可能になり、スペアナもどきとして使えるOSSも存在するわけです。

ゆうせい荘の裁判を見てきた

7月21日 東京地裁で近藤佑星の判決を見ました 裁判の内容は「学生傍聴人」さんの記事で詳しく書かれています こちらの記事を引用しながらゆうせいファン目線で話たいと思います 学生傍聴人さんと実際に話しましたが好青年でした <13:10~ 傍聴人が並びだす。>   多くが10代後半~20代前半と、若年層がほとんどだ。 20代前半は僕のことだと思います。他の方は18、19の大学生が中心でした ファンの方と話していると「えびすじゃっぷ」好きの人もちらほら しない教(ゆうせいのオンラインサロン)は入っていなかったと言っていました <14:05 被告人法廷前到着>  弁護人と、楽し気に待合室で話している。 僕は待合室の向かい側で座って待ってました 目の前にゆうせいがいて無意識にずっと見ました 第一印象は背がデカイ 第二印象は意外とリラックスしている でした <14:13 被告人入廷>  被告人は、初公判同様にスーツ姿で清楚であった。 入廷後、傍聴席には目もくれずに、うなだれる様に終始下を向いて目をつぶっていた。 被告人は、初公判に比べて、深座りで足を上下に揺らすなど、落ち着きがなく見えた。 僕は傍聴席の一番前の席でした ゆうせいの姿をしっかり確認できました 下をむいて貧乏ゆすりしていました 緊張してる様に見えました 僕はじっとゆうせいの顔を見ました 何か考えてそうだなぁ… <14:19 開廷>裁判官- それでは、開廷します。まず、名前を言って下さい。被告人- 近藤佑星です。(ゆっくり、ハッキリと) 裁判官入ってきた時、傍聴席の人も含め皆、いきなり起立して礼をしました 裁判傍聴するのはじめてで戸惑いました、僕以外にも戸惑ってるファンの方が数人 裁判官- それでは、判決を言い渡します。主文、被告人を 『懲役 6月に処する。確定の日から、3年間刑の執行を猶予する。』 被告人- ハイ。(小さい声で) 裁判官の声は小さいけど優しげでハキハキしていて聞きやすかったです​​ (裁判官による、執行猶予の説明に対して、被告人は「ハイ。」「ハイ。」と小さな声で答えていた。) 確かに「はい」しか言ってなかったです。声量は普通でした。 裁判官- 最後に、執行猶予は二度と大麻と関わらないという、思いを汲んだものです。  今の気持ちを大切にして下さい。 (裁判官は、最後に被告人に説諭して閉廷した) <14:26 閉廷> 「今の気持ちを大切にして下さい。」裁判官の声が一瞬厳しく聞こえました 単なる「ファン」ではなく、「信者」と崇める者が多くいる事を知った。 信者という言葉を使うのは好きじゃありませんが、客観的に見ても主観的に見ても僕は信者なんだと思いました 「行くしかない」「会わないと」裁判があると知った瞬間に思いました 今回の裁判も、冷やかしよりも、「最後

モナコインの動的 checkpoint がワークする理由

つぶやき、ぽえむ。技術的な話をしているようだが、あくまでも、ぽえむ。 Ⓜ 仮想通貨として使われている PoW チェーンに対する reorg 攻撃で、攻撃者が利益を得る方法は、概ね 2 つに絞られます。 1つ目。板取引でショート仕掛けてから耳目を集めやすい(たとえばダブルスペンド成功とか) reorg を起こし、差益を狙う。 2つ目。reorg による CEX のデータベース不整合を引き起こし板取引中の BTC などを不正取得する。 1つ目の方法は、BTC など価格お高めで流動性も高いコインに対しては有効にワークする可能性はあります。しかし、弱小アルトではコスパが悪すぎて成立しないでしょう。 2つ目は、たびたび行われてきたもので、かつてモナコインを使った攻撃がありました。 ここまでが、おさらい。 Ⓜ Monacoin-core の最近リリースで有効化されていた alert 利用の checkpoint 動的追加は、reorg を悪用した CEX への攻撃を保護するのが主目的です。(上出の「2つ目」ですね) ここで、誤解が生じやすいように思うので指摘しますが。この機能は、ブロックチェーンが長期間 fork 状態になるのを防ぐのは目的に必ずしも含まれず、むしろ CEX を保護できるなら fork が長時間に渡るのも辞せずくらいの覚悟が伴ったシステムと解釈するのが自然です。 Ⓜ 実際のところ、checkpoint の動的追加がどのようにワークするのか、時系列的に並べてみます。 まず、チェーンが攻撃され不自然なほど長い reorg が発生したとき…具体的な alert 送出条件はトップシークレットですが攻撃の手法から常識的に推論するならば…負けたほうのチェーンを支持する checkpoint を示す alert が送出されます(はず)。 チェーンを分断させないためには、全採掘者ノードがこの alert を受信できる必要があります。PoW ブロックチェーン脳の持ち主なら、自明ですね。 しかし目的が「CEX を攻撃から保護する」ならば、別に採掘者ノードが checkpoint を受信しなくても構いません。CEX が所有するノードが、彼らが予め設定した承認数に達する前に checkpoint を受け取り、攻撃者が作った長いチェーンを無効として弾けば十分です。攻撃は失敗します。 Ⓜ 動的 checkpoint 非対応のノードを使っている採掘者は、 "何も知らさらなければ"、攻撃者が作ったチェーンの上で無駄な採掘を続けることになるでしょう。 しかし、alert が発出された際には、野次馬たちに騒がれないはずもなく、無駄掘りしている採掘者は早期に気づくでしょう。その際に、ノードをアップグレードするか、自分が掘っていたチェーンが無効になるまで採掘を一旦停止するか。判断をするはずです。 そして、全ノードの 7 割程度が動的 checkpoint に対応している中で、採掘ノードの全部が動的 checkpoint 非対応である可能性は極めて低いでしょう。checkpoint に沿ったチェーンでの採掘が続き、いずれ攻撃者のチェーンを追い越すはずです。 以上を経て、CEX への攻撃は失敗する可能性が濃厚です。それでも reorg 攻撃をしてくるインセンティブがあるとすれば、fork が長時間続いて混乱するのを眺めたい愉快犯の発想、でしょうか。 Ⓜ ひとたび動的 checkpoint が発行されると、CEX 以外のサービスで混乱が予想されます。モナコインは BTCPayServer に対応していたりモナパーティのような子チェーン利用もあったりするので、影響は大きいはずです。 しかし、動的 checkpoint によって攻撃のインセンティブが抑えつけられているのに、攻撃された際の心配をするのは、奇妙な取り越し苦労というものでしょう。 Ⓜ さて、諸々を経て、ハードコードの checkpoint を追加した版をリリースしてもよいかもしれません。Verge が攻撃されたあとに出したパッチが、記憶に新しいところです。 <iframe style="border: 1px solid #dedede; box-shadow: r

Monacoin-core の独自ビルドへの見解

つぶやき、ぽえむ。 ソースコードの使用許諾条件を満たす範囲で、好きなようにビルドして、生成されたバイナリは好きなように配れば良いと思います。 極端なことを言えるなら、マルウェアを含めて配る自由さえあるのかもしれません。もちろんマルウェアが何らか悪さをすれば大抵の先進国で法に問われます。配布目的で所持した時点で罪に問われる場合もあります。その配布者は、粛々と裁かれることでしょうし、主張があるなら法廷で検察と闘う権利もありましょう。 利用する側も「善意のバイナリではないかもしれない」という注意が必要です。騙されたとしても自己責任、または法や政府の庇護に頼れるなら頼るのもよいでしょう。 Ⓜ GitHub の monacoinproject/monacoin リポジトリにあるバイナリは、Gitian というツールを用いてビルドされています。 Gitian を使うと、公開された(細工が加わっていない)ソースコードからバイナリが生成されていることを、誰もが追試できます。手順は多く面倒ですが。 ワタナベ氏一人プロジェクトだった時期のビルドのいくつかには厳密さに欠けているものがありました。今回 0.20 系では複数名開発になったので、テコ入れされています。 Bitcoin や Litecoin の core と同様、Monacoin-core の基本姿勢は、トラストレスです。現代暗号論による裏付けが取れないものは信じません。 バイナリも相互監視の下、また外部からの監視可能な状態で生成されています。 Ⓜ 利用者のリスク低減のためコストをかけたバイナリを選ぶか、なんだか新しそうだからという理由でサードパーティのビルドを選ぶか、それは利用者の判断に委ねられています。

バッジャー君

Spotlight

SNS platform for distributing digital content using Bitcoin. Each piece of content can be sold or purchased for as little as one $0.01 in Bitcoin, making it a fun place to start for both readers and creators.

Sign up
Search spotlight

Reckless ads

ads here

Popluar stories

Request

No one asking for

Asking for points