AfterBudgetコインについて情報をまとめましたがかなりいい仮想通貨でした

AfterBudgetCoinとは? AfterBudgetCoin(アフターバジェットコイン)は 簡単に言えば「投資信託のDeFi版」であり、「あらゆる時代の技術革新を目指し続ける、投資家による投資家のための分散型暗号通貨ファンド」なので多くの事業や分野に投資しています。 分かりやすく言うなら、不動産投資を用いて株主配当を得るといったイメージです。 今まさに多くの投資家から注目を集めている銘柄で、 代表的な例の一つにはSPACを使って株式市場へ上場する計画が進んでおり、M&Aを行うことで矯正をかけて売却し、利益を所有者に還元しているのです。 この記事ではそんなAfterBudgetCoinについて解説していきますので ぜひ最後まで読んで頂けると幸いです。 AfterBudgetコインがなぜおすすめなのか? まず、どうしてAfterBudgetCoinはおすすめなのでしょうか? その理由として、AfterBudget社の理念には「あらゆる時代の技術革新を目指し続ける」があり世界をリードするテクノロジーに常に投資することでよりよい豊かな世界の実現を目指しているからです。 現時点で仮想通貨大手取引所へ上場が決定したり大規模なNFTマーケットに出資を予定するなど様々な事業に投資しているのです。 単に投資をするのではなく儲かる場所に狙いを定めて確実に結果を出してさらなる資金を確保できる仕組みを作っているわけですから将来性が期待できますよね。 また、「仮想通貨を持つこと」は言い換えると「出資すること」なので AfterBudgetCoinを持つとNFTの巨大なプラットフォームに出資者として自分の名前が 掲載されます。 もし自分の名前が載れば、世界規模の大きなプラットフォームに出資したとして事業提携の可能性も十分に考えられます。 規模が大きな仮想通貨を買うことによるメリットとそこから出てくる期待感は意外な一面も含まれていると言っても過言ではないでしょう。 さらにAfterBudgetCoinは最も新しい事業を探して狙いを定めるので時代の影響を受けることがなく、 長期的に利用者に還元ができるファンドで 既存ではなく新しいものを狙い続けることで自分の投資の対象も常に更新し続けられるためファンドとしての将来性も大いに期待できます。 仮想通貨の中でもおすすめできる理由にはこのような背景があるわけです。 AfterBudgetコインの投資の対象 冒頭でも少し触れましたが、AfterBudgetCoinはDEXのみならず、世界中の様々な仮想通貨取引所に上場できるように交渉をしています。 さらにそれは単に上場するのではなく、参加者がより多くの利益をもらえるために 上場することで価格が必ず上がると言っても過言ではない、とても信頼性の高い取引所へ上場するのです。 投資先の情報については詳しい情報があまり公開されていませんが、事業の規模が大きいうえに このほかにも、発展途上国での不動産投資分野、株式上場、海外先行の輸入型案件なども計画もされていて Twitterのフォロワーも20000人を超えているなど話題性が高いためかなり見込みはあると言えるでしょう。 対象が広がることで様々な投資が可能となるので今後の展開に期待しながら情報が出るのを待ちましょう。 AfterBudgetコインロードマップ 投資や仮想通貨には詐欺案件が横行していて 胡散臭いと感じる人は多く、 実際にそういった投資案件を謳った詐欺の被害は相次いでいます。 では、AfterBudgetCoinはどうでしょうか? AfterBudgetCoinは発行および運営している会社の情報は公開されていません。 しかし、プロジェクトの概要やロードマップをまとめたホワイトペーパーが公開されているので詐欺ではないと信じられる強い根拠になります。 具体的なロードマップは以下の通りです。 ・クラウドセール ・ABCの配布 ・NFTプラットフォームの発表 ・大手取引所への上場 ・SPACによる株式上場 ・TO THE MOON これらのロードマップは段階式で設定しており、全6段階で明記されています。 きちんとした計画的な戦略と参加者に損をさせないようにするための仕組みが整っているので 「信用できること間違いなし!」 とまでは言えなくても、 どれだけ本気なのかがよく分かります。 さらにロードマップ以外にはAfterBudgetが目指すものやエコシステムの創造、CoinMarketCapとの提携など 概要が事細かく書いてあります。 運営している提供元が分からないと不安になりがちですが、仮想通貨で大事なのは 「将来性に期待が持てるかどうか」なので 提供元が分からない=怪しいから

武蔵コイン(MUSASHIトークン)は詐欺の可能性があるのか徹底検証

皆さん、武蔵トークン(コイン)をご存知でしょうか。知らない方が多いと思いますが、今一部の人の間でとても流行っています。簡単に説明すると、DeFiトークンとしてリリースされる武将系の仮想通貨なのです。今月中旬にリリースされ、この仮想通貨は投資家たちにとっても投資家魂に火をつけると言っても過言ではないでしょう。これはまだ完全なる情報は公開されていませんが、6月中に海外などの大手メディアで大々的に報道されると思われます。それでは、武蔵トークンについて詳しく解説していきます。ぜひ最後までご覧下さい。 武蔵トークンが稼げる仕組み 結論から言いますと、武蔵トークン(仮想通貨)は稼げます。では一体なんで?どうやって?本当に稼げるの?と思う方がいると思います。たしかに、稼げると聞くと絶対何かあると思ってしまいますよね。でも武蔵トークンは、きちんとした稼げる理由があるのです。それが、この武蔵トークンの特徴なんです。武蔵トークンの特徴はいくつかあります。1.ジャックポットプール2.デフレスワップ3.NFT市場この3つの仕組みによって武蔵トークンの稼げる仕組みとなっているのです。それぞれどういうものなのか以下で一つずつ解説していきます。 ジャックポットプール これは、「全ての利益の35%を、参加者全員の中から抽選をし、抽選に当たった5名に配布する」というものになります。これだけ聞くと、参加者沢山いるだろうから、5名の中に入るのは厳しいんじゃないかと思う方がいると思います。しかし、なんといってもこの仕組みの魅力の一つである、抽選頻度が高いのです。なんと、2週間に1回この抽選が行われるのです。つまり、月に2回、年に24回もチャンスがあるということになります。これを聞いたら当たる確率はかなり高いと思いませんか。しかも、この参加、無料でできちゃうんです。「武蔵トークンを保有する人全員」が参加することができるのです。なので、武蔵トークンを少なからず持っている方は、このお金持ちになれるチャンスがあるのです。これは、宝くじが当たる確率よりも非常に当たる確率が高いのです。宝くじの当選確率は、0.0000001%であり、ジャックポットプールの当選確率は、0.5%になります。数字を見ると一瞬で分かりますね。宝くじが当選するよりも、断然に武蔵トークンを保有して当選するほうが利益を得られる確率が高いと思いませんか。更に、武蔵トークンを沢山持っている方は、トークンを持てば持つほど、ジャックポットプールの抽選に当たる確率がぐんと上がります。そのため、投資家たちはこのジャックポットプール狙いで武蔵トークンにつぎ込む人が多いとされています。また、ジャックポットプールの魅力の1つに、抽選に外れた人にも「利益全体の30%」が配られるのです。抽選に外れた人にも利益があるというのは、とてもありがたいですし、稼げるのは間違いないですよね。 デフレスワップ この「デフレスワップ」はご存知でしょうか。これは、暴落を防ぐための仕組みとなっています。武蔵トークン(コイン)を売ると、手数料が発生するため、売る側はお金がかかります。そのお金は、売る金額の4%が手数料としてかかります。しかし、このうちの2%は保有者へ配られ、残りの2%はBANされるのです。通貨には発行する量が決まっており、その量に応じて欲しい人が少なければ価値が上がります。つまり、売却されるほど価値が上がり、暴落がおさえられる。これが「デフレスワップ」の仕組みになります。 NFT市場 今年、NFTを使ったデジタルアートが数億円の値がつきましたが、武蔵トークンもNFTを使った事業展開をホワイトペーパーにて告知しています。そのため、このまま武蔵トークンの価格が上昇し、上手くいけば月に行ける可能性もあるのです。 ホワイトペーパーについて NFT市場についての話の中で、ホワイトペーパーが出てきたので、ここではそれについてお話ししていきます。武蔵トークン(コイン)では、英語のホワイトペーパーを使い、海外への告知をしています。ホワイトペーパーに何が書いてあるか、以下でまとめてみました。 1.宮本武蔵の、武士としての生き方をヒントにして作られたもの2.武蔵ファイナンスは、ファーミング・アグリゲーター・プラットフォームの一つになることを計画しており、デジタル化することを目標としている3.内在価値、セキュリティ、プライバシーといった特徴を持っており、グループファーミングの活動の参加者数を増やす方向でいる4.武蔵トークンは、武蔵ガバナンスとファーミング報酬トークンとしての役割を担う5.ジャックポットプールという仕組みを設けており、敗者はおらず、参加者全員に最大のチャンスがある6.ユーザーの参加と武蔵トークンを使用したインセンティブ付きのリクイディティプロバイダーに基づき、リクイディティマイニングまたはイールドファーミングの報酬を提供している7.ユーザーが武蔵エコシステムに参加できるよう最大限のインセンティブ化を行い、追加報酬受け取れるようなモデルを採用する方向でいる8.ムソウスワップは、非オーダーブック非カストディアルな取引所で、分散型ネットワークにさらなる価値を付ける9.NFTマーケットプレイスの仕組みにより、ユーザーがトークン拠出のために資産を貸し出すことが可能10.デフレスワップ、ジャックポットプール、ステーキング・ファーム、その他の武蔵ファーム、リクイディティスワップ、リステ

吉田嘉明DHC会長がハッキリ意見を言うことがどれだけ凄いのか

まずは先日Twitterトレンドに興味深い文章が表示され、幸いにも一次ソースに容易にあたることができたので引用するとともに画像にて再掲致します ヤケクソくじについてーDHCオンラインショップ https://top.dhc.co.jp/contents/other/kuji_about/?sc_iid=main_banner_kuji 画像 感想:責任者は普通本音を言わない 会社の社長さん、会長さんって一番わがまま言える立場と思われるかも知れませんがむしろ逆で、社員達の生活も預かるわけですし、会社も存続させなければいけません。多くの場面で会社にとって損得を考えながら動きますし、自分で決めた会社の理念に反していないか、自分自身の生き方に反してないかアクションひとつひとつ注意して動きます。そうなると、普通あまり波風の立つこと言わなくなります。会社の業績が悪化するかも知れませんし社員一人一人の生活を危険に晒してしまうからです。今回のDHC会長の意見はまずこういった明確なメッセージを出したことそのものが凄いと思います。 多くの場面で正面から戦うことは商売人はしないと思います。民間企業が価格や商品やサービスで差別化してるのは戦っているのではなく戦わないようにしているのだと私は解釈しています。だからDHC会長の文章を見た時「これは並々ならぬ意見があって、これを全部言うと大変だから一言に抑えるぞぉ」というものを感じました。 余談 経団連会長のところは実は私のところのようなマイクロカンパニーでもわかるところがあって、何かのチームに所属していてもバカバカしくなったらバッサリ辞めてしまいます。先月3月末で抜けたところもひとつありますが、50年以上在籍した居場所だけに抜けるには1年間の根回しを要しました。本番は紙きれ一枚でしたが。それぞれ思い返しても若気の至りだなあとは思うところ多々あれど後悔はありません。 以前絵本を作っている出版社に「戦車が出ていて怖い」というクレームを入れられ差し替えたニュースがあったのですが。出版社からしたらヤイヤイ文句言われるくらいなら黙って差し替えた方がコストが安いと判断したのだと思います。私が出版社でもそうしたかも知れません。「戦車の存在価値を伝えてわが社のはっきり意見を出そう!」なんて社長さんはそうそういないでしょう。だからこのDHCの件は凄いです

バッジャー君

Spotlight

SNS platform for distributing digital content using Bitcoin. Each piece of content can be sold or purchased for as little as one $0.01 in Bitcoin, making it a fun place to start for both readers and creators.

Sign up
Search spotlight

Reckless ads

ads here

Popluar stories

Request

Please Me arrrume GORJETA ???‽?‽

Motokanさんのほうがdogeさんより好き。どうしてかっていうと、お金いっぱいくれるからよ。

Tipping