短編小説「蟹」

どうも分からないカニというものがいや昨日までは分かっていたのだが、どうも度忘れしたというか カニとは何なのかどうやったらカニになるのかカニって書けばカニなのかカニというものが実在するのだろうか ただ昨日まではカニが分かっていたことだけは事実だ覚えていた記憶とでもいうのだろうか昨日まではカニカニカニカニ言われてそれが何なのかよくわかっていたはずだ明日になるまでにはカニについてなんとか思い出したいカニだからこそ、もっともっとカニになりたいカニって多分美味しいんだろうなずっと考え続ければいつか思い出すことできるだろうたまに記憶が飛ぶことがあるか、これまでもそうだった 今回も時間の問題だろうカニ、カニ、カニおーい、カニや出てこいやーい いかにカニカニカニカニいかにカニ いカニか ああ気持ち悪いもう喉まで出かかっているいカニかカニかカニかいカニか わかった! いや、だめだわからない どうやらカニの迷宮に入り込んでしまったようだいカニか思い出せ、カニ、カニ、カニ、カニその周りにあるものは赤いのか青いのか毛皮をかぶっているのかそれとも毛が生えているのか青い空の中にいるのかそれとも地上にいるのか実在し得るのか空想上の存在なのかカニという名前は本当にあるのか光っていてもわからないからこそのカニなのかいや多分それは違う昨日まではそんなことは考えていなかったことは確かだつまり光ってはいないじゃあどうやったら手のひらの上にカニを乗せられる?名前はあるんだろうなそれだったら野球部にカニ入れればいいじゃんマジわかんねー これじゃ一向に前に進まねえ、これじゃあまるでカニじゃねえか

短編小説「はじき」

「はじき」なのか「はじめ」なのか「はじろう」なのかその男の言葉は初めから発音が聞き取りにくかったしかしよくよく聞いてみると「はじき」と言っていることが分かった じつに滑舌の悪い男だ「はじき」なのか「はじめ」なのか「はじろう」なのかそれすら区別がつかないような発音能力でよく生きてきたものだ しかしこの先どうしよういきなり飲み屋で話しかけてきたこの男、正直聞き取りにくいからいちいち聞き返すのは本当にめんどくさいそれに「はじき」がどうしたというのだ 「はじき」って、要するに鉄砲のことだよな・・・いきなり話しかけてきたやつに、鉄砲の話なんてするか?もう1回聞いてみようかな「おいあんた、今はじきって言ったよな?それって鉄砲のことか?ええ?」 「あじきだよぱかやろう」 何だ、聞き間違いか。あじき?でもあじきなんて言葉は聞いたことないな。また聞き間違えか。とにかく聞いてみよう。 「おい、あじきってなんだ?」 「これだよぱかやろう」 そういう親父は鉄砲を取り出した。よかった、やっぱり「はじき」か。そう思った刹那、響き渡る銃声音。 男は思い直した。「おはじき」だったらな・・・。横たわる男の顔には、笑みが浮かんでいた。

バッジャー君

Spotlight

SNS platform for distributing digital content using Bitcoin. Each piece of content can be sold or purchased for as little as one $0.01 in Bitcoin, making it a fun place to start for both readers and creators.

Sign up
Search spotlight

Reckless ads

ads here

Trending Stories