シャネルNo5をめぐる2つの考察(ココ・シャネル関連の文献調査 3)

「文献調査1」の本の中に、シャネルNo.5という有名な香水に関する考察を行っているものが2冊あった。 テイラー・マッツエオによる『シャネルN゜5の秘密』と、大野斉子による『シャネルN゜5の謎 帝政ロシアの調香師』だ。 似たようなタイトルの本だが、前者はシャネルが主人公となって、一つの物語が紡がれている。後者は、エルネスト・ボーが主人公だ。シャネルやディミトリ(ドミトリー)・パヴロヴィッチ大公の陰に隠れて、N゜5の開発者としてクレジットされているだけだ。 しかし、マッツエオは書いている。 「しかしその香りの開発をめぐっては、数々の謎と疑問が残されている。それはシャネルN゜5の伝説のなかで、もっとも興味深く、複雑で、熱い議論の対象になってきた物語だ」p80 私自身もアルデヒドを用いた香水を作ったのは、シャネル社がはじめてだと思っていた。しかし、マッツエオの本では、それらはすでにあり、シャネル社はアルデヒドを大胆に用い、その後のキャンペーンによって、最初の伝説を作り上げた、ということが画期的だったのだ、と書かれている。 香水の香りは、ある意味で記号化されている。ファミリーというカテゴリーに分類され、その中で、いくつかの系統があり、表現はウッディやフローラルといった用語で表現される。ただ、それにもまして、誌的な表現が存在する。 マッツエオの本では、シャネルの言葉から「そう、あれこそ望んでいた香りだったわ。ほかのどれとも似ていない香水。女性の香りのする、女性のための香水だった」という部分を引用している。女性的な何か。それがマッツエオの指摘するシャネルN゜5の香りの根底だ。 ところが、大野は、ボーが祖国で見た風景を、香りの核として指摘する。ボーは、次のように語っている。 「私がシャネルN゜5を創ったのはどんな時期だったと思いますか?まさに一九二〇年のことです。私が戦争から帰還するときでした。私は北極圏にあるヨーロッパ北部の田舎に配属されていました。白夜のころ、そこでは湖や川がたいへんみずみずしい香りを放つのです。私はこの香調を記憶にとどめ、作り上げました」p266 マリリン・モンローが寝るときに数滴つけると述べたシャネルN゜5。 そうして、セクシーで官能的なイメージが、シャネルN゜5には付随した。しかし、ボーは、この香りはいわば風景が発する香りだと述べたのだ。実際どうなのだろうか? シャネルN゜5をつけたいと志願する向きは、この2冊を読むことで、踊らされない認識を手に入れることができるだろう。 「

ココ・シャネル関連の文献調査 2

 1986年2月号の『marie claire』にココシャネルの特集が大々的に掲載されると、翌年5月から海野弘による「ココシャネルの星座」という連載が、1988年5月号まで掲載された。それが、1989年に中央公論社から『ココ・シャネルの星座』として書籍化されている。おおよそ、日本において、人間シャネルが日本人の手によって具現化されたのは、この書籍を皮切りにしてだろう。  ただ、海野弘は、あくまで1920年代のシャネル最盛期の記述で、全体像ではない。その後、日本人による伝記の試みがあるにはあるが、翻訳の内容を超えるものとは言い難い。1990年の秦早穂子の本は、そもそもポール・モランのシャネル本の訳者であるので、その訳業+αとして、冒頭にシャネルが提案したルックの写真が多めに掲載されているのがうれしい。  日本人独自のシャネル伝記としては2002年の山口昌子による『ココ・シャネルの真実』が良い。というのも、産経新聞のフランス特派員であった山口は、フランス事情通であり(文庫版あとがきの鹿島茂もそう書いている)、書きにくい部分についてもキッチリ筆が載っているのがいい。戦後の、有名人たちとの交流についても、マンデス=フランスとの会合を望んで引き合わされたシャネルが、ドゴールについて長い時間話したというエピソードとか、ちょっと面白いことも満載だからだ。要するに、シャネルを英雄然と描いていないがゆえに、『ココ・シャネルの真実』は今でも読む価値が十分になるといえる。  藤本ひとみの『シャネル』は評伝ではなく、小説形式なので、普通に読みやすい。史料の提示があって、記述を進めていくという形式がわずらわしい人は、この小説から読むといいかもしれない。また山田登世子の『シャネル 最強ブランドの秘密』は、タイトルからするとブランド論ぽいが、2021年にちくま文庫化された『シャネル その言葉と仕事の秘密』の方が内容をキチンと表現しているように思われる。評伝的なものが好きなら、こちらを先に読むといいだろう。  2012のハル・ヴォーンの『誰も知らなかったココ・シャネル』は先に書いたように戦中戦後のシャネルの姿が史料とともに記されていて大変に面白い。この本が出て以降は、シャネルをそんなに英雄然として描けなくなったろう、と思ったのだが、割と恋も仕事もつかんだ女的な規範化がみられる。面白いことだ。  ハル・ヴォーンの内容を踏まえたうえで面白い翻訳書としては、『シャネル、革命の秘密』がいい。伝記作家はあまり服や服飾産業について詳しくないので、そちらの方に筆を伸ばさないが、このリサ・チェイニーの本では、そうしたデザイナーとしての動きも書かれている。デザイナーとして意義だけではなく、史料を使って、戦後のデザイナー・ココ・シャネルについて書こうとしているのが共感できる。  2016のイザベル・フィメイエの『素顔のシャネル』は、秘蔵写真が多くて面白い。大きいサイズの本なので、場所をとるのが難点。ただ、秘蔵写真の中で、シャネルに写真の顔もみたくない相手のところは切り落としてしまう、というふるまいに及ばれたいくつかの写真を見て、ワクワクしてしまった。ここには誰がいたんだろう、なんていう、そういう想像を掻き立てる秘蔵写真がたくさんのっているので、今までの文献を通読して、シャネルをもっと知りたい!と強く願う人なら、読んでみてもいいのかもしれない。  いずれにしても、シャネルはオードリー・ヘプバーンと同様に、なんでか人気があるなあ、と感じた。

「シャネル」という言葉の日本での用いられ方 1 音楽界

「シャネル」という言葉が、音楽界でどう咀嚼されていったか。 もっとも古い「シャネル」という単語の用例は、国立国会図書館のNDL-OPACで検索すると、中尾ミエの「シャネル・デート」である。これはYoutubeにも、アップされていて、歌詞と雰囲気をすぐに理解することができる。元は、ピノ・ドナッシオという歌手の「pera matura」という曲をカバーした歌だが、歌詞は翻案に近い。だとすれば、日本での「シャネル」という単語の受け止められ方は、香水の販売元であり、その香水はデートの際につけることで何か威力を発揮すると信じられていた、ということは間違いない。 このイメージは、マリリン・モンローが『LIFE』誌の記者に言った、寝るときに身につけるのはシャネルのNo.5という趣旨の発言がもたらした信憑以来のイメージであるといえないだろうか。 次に、由美かおるの「シャネルの夢」という歌が見られる。1969年のカップリングB面シングルのような位置でリリースされたものだが、歌詞の内容はまだ調べ切れていない。由美かおるなので、いわゆるセクシー系女優。モンローと似たようなイメージを「シャネル」という言葉に与えることになったのではないか。 次に、シャネル・ファイブというバックバンドがいた。1970年代前半に活躍するが、何人かのボーカルのバックを務め、そこから名前を聞かなくなる。 次に、1980年代初頭、シャネルズが登場する。このシャネルズは、あの「シャネル」と関連があるのかわからない。Wikipediaには、「シャネル」由来ではなく、「Sha na na」というグループと、The Channelsというグループの折衷として説明されている。また、その後、「Shanels」に改名するが、名前の混同を避けたためという。この辺の説明は、全体的に本人説明だとしっくりこない。

バッジャー君

Spotlight

SNS platform for distributing digital content using Bitcoin. Each piece of content can be sold or purchased for as little as one $0.01 in Bitcoin, making it a fun place to start for both readers and creators.

Sign up
Search spotlight

Reckless ads

ads here

Trending Stories