すごい酒屋さんのお話

すごい酒屋さんのお話

今から15年以上前ですが、お酒に詳しい知り合いから誘われて、ある酒屋さんへ行った事があります。その頃は、まだお酒の事を何も知らなかったので、私はただついて行っただけなのですが、その時の出来事が印象的だったので、今でも記憶に残っています。今回は、そんな印象的な酒屋さんでの出来事について書いてみようと思います。                                    その酒屋さんは愛知県の某所にあります。お店に行く前に知り合いからは「ちょっと普通の酒屋さんとは違うよ。」とだけ言われていたので、私は何が他の酒屋さんと違うのかが気になっていました。そんな事をあれこれと考えているうちに、私たちはお店に着きました。                                    お店は見つけやすい路面店で、ショーウインドウには様々なお酒が陳列されていたのを覚えています。見た目はいたって普通の酒屋さんでした。そして中に入ると、店主の方が出てきて知り合いと何やらお酒の話をし始めました。私には、お酒の話はちんぷんかんぷんだったので、適当に店内をぐるぐるしながら、何か普通と違う部分はないかと探し始めました。                                    店内には、所狭しと様々なお酒が並べられていました。日本酒や焼酎、ワインやウイスキーなど品揃えは豊富で、もしかしたらこれが他の酒屋さんと違う所なのかなあと考えていました。                                    さて、しばらくすると1人のお客さんが来店しました。そのお客さんは最初から目当てのお酒があったらしく、入店するとすぐに「〇〇の焼酎を下さい。」と店主の方に言いました。すると、店主の方はそのお客さんを一通り観察した後に、こう言いました。                                    「ないよ。」                                    (あ、置いてないお酒だったんだ。)と思っていると、そのお客さんは指を差しながら、「この焼酎ですよ。」と言いました。何気なく指差した方を見てみると、確かにそのお客さんが欲しがっているお酒と同じものが陳列されていました。                                    (これだけ品数が多いと、置いてある商品を忘れる事もあるんだな~。)と思っていると、今度は店主の方が、「それは売り物じゃないよ。」ときっぱり言いました。確か、結構な本数が陳列されていたと思います。私は、人気の商品で全て予約完売してしまったのかなと思いました。そのお客さんはよっぽどそのお酒が欲しかったのか、しばらく店主との間で押し問答を繰り広げていましたが、ついには諦めて帰って行きました。                                    さて、帰りの道中で

100

謎の物体スピトゥーンは実在した!!

「それってスプラトゥーンの間違いじゃないの?」                                                 こんなツッコミが聞こえてきそうですが、みなさんはスプラトゥーン(任天堂のゲーム)ではなくて、スピトゥーンをご存じですか?正直、私はスプラトゥーンに関してはあまり知りませんが、スピトゥーンに関しては多少語れます(笑)。と言う事で、今回我々は、謎の物体スピトゥーンについて調査した!(川口浩探検隊風です(笑))                                    スピトゥーンとは、日本語にすると吐器となります。つまり、試飲したワインを吐き出す為の器の事です(あっさりと正体判明(笑))。吐き出すと言う意味の「spit(スピット)」からきていて、他にもスピトーンやスピッティングボウルなどと呼ばれたりしています。形も様々ですが、例えばこんなデザインの物があります。 バケツの上部に”じょうご”のような形状のパーツが蓋をするデザインになります。これにより、吐き出した液体はスムーズに流れ込み、そして中に溜まった液体からの跳ね返りも防ぐわけです。この他にも、ワインセミナーなどでは、一人一人に紙コップが用意されていて、これを簡易のスピトゥーンとして利用します(最初は意味が分からず、水用の紙コップだと勘違いして、水が注がれるのをいつまでも待っていた事があります(笑))。                                    では、一体なぜスピトゥーンが必要なのでしょうか?それは、酔っぱらってしまうからです(笑)。きっと「酔ったっていいじゃん、楽しくなるし!」と思われるかもしれません。確かに、普通はそれでいいと思います。しかし、プロの方達は試飲したワインの味わいを正確に評価しなければなりません。その為、酔う事で味覚が鈍り正確な判断が出来なくなる事を避けなければならないのです。                                    更に、大きな試飲会となると一日で100種類以上試飲をする事もあるそうです。そうなってくると、どんな酒豪の方でも全て飲み込みスタイルで試飲をしていたらきっと大変な事になってしまいます(笑)。                                    私もワイナリー巡りをする時は、一日に6~7軒、一軒に付き5~6種類ぐらい試飲をするので、必ずスピトゥーンを使うようにしています。最初は、吐き出したら味なんて分からないだろうって思っ

謎の物体スピトゥーンは実在した!!
100

今錦 純米吟醸を飲んでみた

みなさんこんにちは!今回も、以前ご紹介したオンライン酒蔵ツアーで頂いた日本酒について、蔵元さんから伺った情報なども交えながらお伝えしたいと思います。酒蔵さんの情報などは、前回の記事でご紹介したので興味がある方はぜひそちらもどうぞ!では、さっそくいってみましょう!                                  二本目に頂いた日本酒がこちらです。 今錦 純米吟醸 酒槽搾り 長野県産美山錦100%使用 精米歩合55%                                                                   この銘柄は、2018年にベルギーで開かれたコンクールの純米吟醸部門で世界一を取ったそうです(今回飲んだのは2020年醸造)。          <img src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/spotlight-s3-001/article/20200910_

今錦 純米吟醸を飲んでみた
100

今錦 特別純米酒を飲んでみた

みなさんこんにちは!前回は、オンライン酒蔵ツアーについて書きましたが、肝心な日本酒の味わいについては書いていなかったので(確信犯ですが(笑))、今回はあの時に聞いた蔵元さんのお話も交えながらご紹介したいと思います! まずは、今回のオンラインツアーで訪問した米澤酒造さんについて簡単にご紹介します。米澤酒造さんは、長野県の南に位置する中川村(人口約5千人)と言う、山と川と田んぼしかない自然豊かな場所にあるそうです。創業は明治40年で、現在の年間石数(生産量)は600石、1石が180ℓなので年間生産量は10万8千ℓ、一升瓶(1.8ℓ)換算で6万本です(他にも720mlサイズや300mlサイズなど色々な瓶に詰めるので、蔵元さんはあまり本数ベースで換算はしないそうです)。 ちなみに、酒蔵には直営のショップも併設されていて、その時にあるお酒は全て無料で試飲が出来るそうですよ。みなさんも機会があったらぜひ訪ねてみて下さい(1人で15種類も試飲された方がいたそうです(笑))。ショップはこんな感じです。 では、日本酒の味わいを見ていきたいと思います。最初に頂いた日本酒はこちらです。 今錦 特別純米酒 酒槽搾り 長野県産米使用 精米歩合59% 蔵元さんいわくこのお酒は、「飲み会でお酒をよく飲まれる方とあまり飲まれない方が同席しても一緒に楽しめて、尚且つそんなに高価じゃない物」をコンセプトに造られたそうです。いい香りはするけれど、鼻につくほどの吟醸香はなく、ビギナーの方でも美味しく楽しめる。そして、お米本来の旨味もちゃんと味わえるので、ぬる燗にしてもおすすめで飲みなれた方でも楽しめる、そんな色々な味わい方が出来るお酒だそうです。ちなみにお値段は、1,500円しないぐらいとの事です(ツアーの値段等の関係もあり、はっきりとは言えなかったみたいですが、それでもこの価格はお値打ちです)。 <span style="font-size: 17px;

今錦 特別純米酒を飲んでみた
100

オンライン酒蔵ツアーに参加してみた

最近はコロナによって、随所でオンライン化が進んでいますが、このオンライン化の波は、ワインや日本酒の世界にも例外なく普及し始めています。オンラインのワイン会や日本酒会をはじめ、オンラインでのワインや日本酒の勉強会などもよく見かけるようになりました。そしてそんな中で、最近特に増えているのがオンライン酒蔵ツアーです。 これは、ワイナリーや日本酒の酒蔵をオンラインで繋いで、現場のスタッフさんの案内でワイナリーや酒蔵の中を見学したり、彼らが造ったお酒を一緒に飲みながら、そのお酒の説明や、造り手さんの裏話などが聞ける内容となっています。中には、フランスやイタリアなどのワイナリーとライブで繋いで行うツアーなどもあります。 コロナの影響で経営が厳しくなっている酒蔵さんの支援、そして直接蔵元へ出向くツアーの代替として登場し始めたサービスですが、自宅に居ながら気軽に参加でき、しかも酒蔵さんの応援も出来るので、これはこれで素晴らしいサービスだなっと思っていました。そこで、今回はそんな流行りのオンライン酒蔵ツアーに初参加してみました。どんな流れで進行していくのか、またどんな雰囲気なのかも含めてご紹介したいと思います。 まずは、自分が興味のある酒蔵のオンラインツアーを探します。ネットで「日本酒 オンラインツアー」のように検索をかけると色々と出てきます。私は今回、長野にある米澤酒造さんのオンラインツアーを選びました。正直こちらの蔵元さんの日本酒を飲んだ事はありませんでしたが、こちらで働く蔵人の中にニュージーランド出身の方がいると言う事、そして参加者の中にも外国の方がいると言う2点が決め手となりました。なんかインターナショナルな感じで楽しそうだし、ニュージーランド好きの私は、ニュージーランドと聞くとすぐに反応してしまいます(笑)。 ツアー料金は6,000円で、この中にはツアー参加費はもちろん、米澤酒造さんが醸した日本酒2本(720mlサイズ)とちょっとしたおつまみ、そして自宅までの配送料が含まれています。私的には、これはかなりお値打ちな料金だと思いました。申し込み後、自宅に届いた日本酒を冷蔵庫に入れて準備万端整いました。あとは、ツアー当日までに日本酒を飲んでしまわないように我慢するだけです(笑)。 ツアー当日になると、このツアーに参加する為のURLがメールで送られてきます。今回はZOOMを利用したツアーで、基本的には顔出し参加となります。部屋が散らかっていて少し焦りましたが(笑)、事前に米澤酒造さんの外観を写したバーチャル背景が送られてきていたので、これをセットして、日本酒とグラスとおつまみを用意して待ちます。 そして、いよいよツアーが始まりました。今回蔵元さんからは専務の松下さんと、ニュージーランド出身の蔵人ナイジェルさんのお二人が参加されました。まずはみんなで乾杯をする事になり、待ちに待った日本酒を開栓しグラスに注ぎます。そして、みんなで「乾杯!」、とパソコンの画面に向かってグラスを掲げます(笑)。 <p

オンライン酒蔵ツアーに参加してみた
100

ルーツとしてのワイン

「これが私達のルーツの品種だからだよ」   今から7年ぐらい前に、オーストラリアとニュージーランドにワーキングホリデーで滞在していた事がありました。私の場合、ワーキングホリデーと言っても、あまり仕事をしていなかったのでほぼほぼホリデー状態だったのですが(笑)。その代わり、各地にあるワイン産地に関しては、いろいろと訪問しました。今回は、その時に経験した出来事を書いてみようと思います。   ニュージーランドの北島東岸、ホーク湾に面するのがホークスベイと呼ばれる地域で、ワインの産地としても知られています。最寄りの都市はネーピアやヘイスティングズで、私はこのヘイスティングズに4か月以上滞在していました(この時はちゃんと仕事してました(笑))。   当時のGoogleマップのスクショです(笑)。   最寄りの町とは言っても、ワイナリーのある場所まではかなり距離がある為、私のワイナリー巡りのスタイルは基本自転車です。そして、仕事が休みで天気が良く、元気がある日(笑)にはワイナリー巡りに出かけます(自転車での往復はかなりのハードワーク&1軒につき5種類ぐらいのテイスティング、多い時で7件ぐらいを回るのでかなり大変なのです)。   この日は、全てのコンディションが整っていた為、ワイナリー巡りに出かけました。出発前には、ある程度訪問するワイナリーの目星と、営業時間と移動時間を考慮して、一番効率良く回れるルートを設定します。これまで行った事のない場所へ向かうので、ワイナリー巡りはちょっとした冒険気分にもなります(笑)。   さて、そんな中で立ち寄ったあるワイナリー。名前から推測するとイタリア系の方が経営しているようでした。実は、オーストラリアやニュージーランドには、ドイツやイタリア、クロアチアなどのヨーロッパからの移民の方々が営んでいるワイナリーが結構あるのです。私はサッカーが大好きで、ヨーロッパのリーグなども良く見ていたので、なんとなく名前の響きでどの国の方か分かるようになっていました(笑)。   そこは小さなワイナリーで、家族経営的な雰囲気でした。ワイナリーに入ると、オーナーと思われる方がとてもフレンドリーに対応してくれました。ワインの味は特筆して凄いと言う事はありませんでしたが、人柄が滲み出ていて、地元の方達に愛されているワインだと言う事は容易に想像出来ました。   一通りテイスティングをして、メニュー表を見ると最後の方に「サンジョベーゼ」と言う品種が載っていました。これはイタリ

ルーツとしてのワイン
100

ワイン怪談

8月も終わりだと言うのに、相変わらず残暑が厳しいわけですが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。今日は、そんなあなたに少しだけ暑さを忘れるようなお話をひとつ。   これは私の友人から聞いた話なんですがね、まあ仮にAさんとでもしておきましょうか。それは今から20年近く前、Aさんが都内のレストランで働き始めた頃の話です。   Aさんの勤めていたお店では、お客様がボトルでワインを注文された際には、必ずお客様のテーブルまで行って、目の前でワインを抜栓してサービスをすると言うスタイルを取っていたそうなんです。で、Aさんなんですがね、これまでワインを扱った事がなかったらしく、どうにもこうにもこのワインの抜栓が苦手だったそうですよ。でも真面目なAさんは練習を重ねて、働き始めて数か月後には何の問題もなく、お客様の前でワインの抜栓が出来るようになっていたそうです。   さて、まだ秋口だと言うのにやけに肌寒いある日の事。その日もいつものようにボトルでのワインの注文が入り、Aさんはワインとグラスを用意して、注文のあったテーブルに向かったんですね。薄暗い店内を一歩ずつ「コツ、コツ」とゆっくりと歩みを進めていく。やがてテーブルに近づくと、間接照明に照らされて、ぼわ~っとお客様の顔が浮かび上がってくる。よ~く見ると、それは定期的にご来店頂く常連の方だったんですね。   「今日は寒いですね〜」、「こんな日はあったかいスープなんかもおススメですよ」、なんてたわいも無い会話をしながら、Aさんは普段通りにコルクにソムリエナイフのスクリューを入れ始める。   するとAさん、ここで妙な違和感を感じたらしいんですね。いつもなら、すんなりとスクリューがコルクに入っていくそうなんですが、どう言うわけかこの日に限ってはすんなりと入っていかない。「ギィ〜、ギィ〜」と、まるで何者かがスクリューの侵入を拒んでいるかのように、鈍い音を立て始める。   (あれ〜?おかしいなぁ〜、怖いなぁ~、なんかやだなぁ〜)、なんて思いながらも、お客様の手前、平常心を装いながらスクリューを入れ続ける。「ギィ~、ギィ~」、相変わらず鈍い音がしているんですね。まあ、そうこうしているうちに、どうにかスクリューを普段と同じ深さまで入れる事が出来たらしいんですよ。(よし、これでようやくコルクが抜けるな)って思って、Aさんがコルクを抜こうとした次の瞬間!?   「トゥルルルルルル!」   いきなりお店の電話が鳴り響いたそうなんですね。驚いたAさん、つい反射的に電話の方を見てしまった。すると、目が合ってしまったんです。   店長と…。   店長が電話の対応をしてくれているのが分かり、安心したのも束の間。今度はAさん、ソムリエ

ワイン怪談
100

別れのワイン ~Any Old Port in a Storm〜 #2

「おそらくチチアンにも、この美しい赤は出せなかったでしょう。」   みなさんこんにちは。今回は、私ならではのワイン目線で「刑事コロンボ」の「別れのワイン」と言う作品についてあれこれと語るシリーズの第二弾となっております(第一弾はこちらからどうぞ)。前回は、結局映画が始まらずに終わってしまったので(笑)、今回は映画の内容について見ていきたいと思います。舞台はカリフォルニアにある、イタリア系移民が営むカッシーニワインです。それでは、いってみましょう!   グラスに注がれた、美しく輝く赤ワイン。そして、冒頭の名ゼリフからこの映画は始まります。チチアンとは、「ティツィアーノ・ヴェチェッリオ」と呼ばれる、16世紀のルネサンス時代に実在したイタリア人画家の事です。かつては、「チチアン」や「ティシアン」と呼ばれていたそうで、彼は赤毛の女性を多く描いた事から、この場面で引用されたのでしょう。実際に、チチアンレッド(ティツィアンレッドやティシアンレッドとも言う)と呼ばれる赤色(赤黄色)があるようです。   では、早速ですがこの美しい赤ワイン、その正体は一体何なのでしょうか?この後のセリフを見ると、「これほどの色は、100年前イタリアで誕生し、数十年ピエモンテの冬に苦しみ、アメリカへの長い船旅に耐え抜き、輝くカリフォルニアの太陽のもとで、初めて完成した色です。」とあります。つまり、イタリアからアメリカに持ち込まれたブドウ品種のワインだと思われます。そして、ピエモンテは北イタリアの銘醸ワイン産地の事なので、この産地で造られる赤ワイン品種のどれかだと推測出来ます。   ピエモンテで主に栽培されている赤ワイン品種は、「ネッビオーロ」、「バルベーラ」、「ドルチェット」と呼ばれる3品種です。そしてこの中で、バルベーラと言う品種に関しては、実際に19世紀および20世紀にイタリア系移民によってアメリカ、特にカリフォルニアに定着した歴史があります。   しかし、映画の中の様々な情報を検証していくと、どうやら別の品種の可能性が浮上してきました。それは、ネッビオーロと呼ばれる品種です。これは、イタリアワインの王と称される「バローロ」や王子と称される「バルバレスコ」と言う銘柄のワインに使われる品種です。では、その可能性について検証していきましょう。   まずネッビオーロの特徴は、味わいにしっかりとした酸味とタンニン(渋み)がある事です。その為、本場イタリアではバローロは伝統的に大樽に入れて長期間熟成(飲み頃になるまで10年以上かかると言われる)させる事で味わいをまろやかにさせます。映画の中でも、例のワインを試飲した人達からは、「まろやかですな~」と言うコメントが出ている事から、もしネッビオーロであるなら、この長期間熟成を施した事実を証明出来なければなりません。さすがに無理かと

別れのワイン ~Any Old Port in a Storm〜 #2
100

ワインの事を文学作品っぽく書いてみた

最近、我が家の冷蔵庫の中が多国籍化している。父親が晩酌用にワインを買う事が増えたからなのだが、フランス、イタリア、オーストラリア、アルゼンチン、南アフリカなど様々な国のワインが所狭しとひしめき合っている。さながら、ワーキングホリデーに来た若者達が住んでいる安いシェアハウスのような状態である。   そんな中で、ずっと前から住んでいる日本酒が少し肩身の狭い思いをしているのは容易に想像する事が出来た。(ここは日本なのに…)と言う日本酒の声が今にも聞こえてきそうなのである。   そこで、私はこの中から一本のワインを空ける事で、日本酒が少しでも居心地よく過ごせるようになるのではと考えた。   私は意を決してシェアハウス化してしまった冷蔵庫を開け、その中から無作為に一本のワインを取り出した。それは、   クロード・ヴァル 白 2018 950円(税別)   南フランスの白ワインであった。どうやら「ドメーヌ・ポール・マス」と言う蔵元が造るワインのようだ。南フランスのカルカソンヌ近郊で、1892年からブドウ栽培を行ってきたらしい。そして、現在のオーナーであるジャン・クロード・マス氏の代になり、「高品質であると同時に低価格であること」にこだわったワイン造りへと大きく変貌を遂げたようだ。   「高品質」と「低価格」は、我々消費者としては誰しもが望んで止まない事ではあるが、簡単には相容れない概念でもある。それを敢えて哲学として掲げているこの蔵元のワインは、いやが上にも期待が高まる。早速ワインを抜栓して、グラスに注いでみると、   エッジに少しグリーンのニュアンスがある、やや淡いイエローの色調で、ワインの粘性は中程度と言ったところだろうか。   続いて香りを嗅いでみる。香りの立ち方はそこまで強くはないが、レモンやグレープフルーツを感じさせる柑橘系の爽やかな香りに、白い花のようなフローラルな感じや、少し緑を感じるハーブっぽさもある。   続いては味わいだ。このワインは、フルーティーで少し甘いニュアンスのある辛口、酸味のボリュームは中程度からやや穏やかぐらいで、シャープではな

ワインの事を文学作品っぽく書いてみた
100

泡盛であって泡盛じゃないけど今は泡盛!? ~花酒とは?~

皆さんは、「泡盛であって泡盛じゃないけど今は泡盛」と言うお酒をご存知ですか?(笑)   「何言ってるの?そもそも文章の意味がよくわからないんだけど!」と言うお叱りの声が聞こえてきそうですが、本当にこう言う不思議なお酒があるんです(笑)。その名は「花酒(はなざけ)」と言います。今回は、そんな謎に包まれた花酒についてあれこれ書いてみたいと思います。   そもそも花酒とは、泡盛の蒸留過程で最初に出てくるアルコール度数の高い初留部分を指す言葉です。花酒の由来に関しては諸説あります。その昔、泡盛の度数を計る時に高いところからコップにお酒を注いで、中に盛られた泡の量で度数を決めていたのですが、その時にアルコール度数の高い花酒は、細かい泡がいっぱい立ち、まるで花が咲いているように見えたからとする説。または、蒸留の最初、つまり物の先端を意味する「端先(ハナサキ)」から来ているとする説もあります。   いずれにせよ、原材料も造り方も泡盛と同じなので、そういう意味では花酒は泡盛と変わりないのですが、唯一違う点があります。それはアルコール度数です。花酒は前述したように、初留のアルコール度数の高い部分を集めるので、アルコール度数はなんと60度以上と非常に高いのが特徴です。ライターの火を近づけると発火します(笑)。   蒸留の時、一番最初に出てくる初留には、非常に濃度の高いアルコールと、低沸点の香気成分が多く含まれていて、香りも高くて濃厚なコクを持つ、とても貴重なものとなります。その為、琉球王朝時代には王様への献上品として使われていました。つまり、花酒は位の高い人しか飲む事が出来ない高級な泡盛だったのです。   そんな花酒は、沖縄各地で造られていましたが、その後第二次世界大戦を経て沖縄が本土に復帰を果たした1972年に消滅の危機をむかえます。   日本の酒税法によって、泡盛は「焼酎乙類」と言うカテゴリーに分類されてしまい、泡盛と言う名称そのものを名乗れなくなってしまいます(以前私が書いたこちらの記事をご覧頂くとわかりやすいかと思います)。そして更に、この「焼酎乙類」の規定の中には、アルコール度数45度以下と言う決まりがありました。つまり、アルコール度数60度以上の花酒は、泡盛はおろか焼酎乙類のカテゴリーにすら分類されなくなってしまったのです。   これにより、これまで花酒を造っていた蔵元は酒税法に合わせてアルコール度数45度以下の泡盛(1983年までは「焼酎乙類」と言う名前)を造るようになったのですが、この時、特別にある地域だけには、このアルコール度数60度の花酒の製造が認められました。それは、与那国島でした。   与那国島は日本の最西端の島で、本土より近い台湾の酒文化の影響を

泡盛であって泡盛じゃないけど今は泡盛!? ~花酒とは?~
100

Reckless広告

掲載方法はこちら

おねだり中のユーザー

おねだり中のユーザーはまだいません。