来るものは拒まず・・・。じゃなくて、拒むべきは拒もうよ。(公務員な日々②)

来るものは拒まず・・・。じゃなくて、拒むべきは拒もうよ。(公務員な日々②)

前回記事で、私はいま官公庁で働いているという話を書きました。 今回は、ちょっとだけその業務内容に触れたいと思います。   私が関わっている業務というのは、一言で言って、書類のチェックです。 つまらなそう? その通り! でも最後まで読んでください( ^人^ )     さてその書類が、何の書類かといいますと、ある給付金の申請書です。 もう少し具体的に言いますと、民間から「お金をください!」という内容の申請書が上がってきます。それに目を通し、記入内容が間違っていないか、給付の基準をクリアしているかどうか等々を、チェックするんですね。 (この点について、「紫雲和尚さんの記事に出てくる給付金と同じやつですか?」みたいな質問には、肯定も否定も致しません。ごめんなさい。同僚に身バレしたくないので( ̄▽ ̄)。。。あしからず)   仕事としては、ルーティンワークです。やることは決まりきってます。 ただ、あまりにも記入内容に間違いが多すぎて、ちょっとぐったりします。   たとえば、先日は、日付が「令和2020年」になっている申請書に出くわしました。(注:実話) おもしろいのだと、数ページある書類の隅に、「5枚目/1枚中」と書かれているやつもあったりしました。(注:実話) ちょっとシュールですね。     私は、申請書を書いた人をバカにしたいんじゃないんです。 そんなつもりは毛頭ありません。 間違いなんて、誰にでもありますから。 それに、「令和2020年」と書いてあったとしても、申請が却下になるわけじゃないし、そこは別に問題ないんです。     では、私が言いたいのは何か。 それは、申請書の書式に、なんの入力規則も設定されていない、ということです。 たとえば、「令和」のあとには「1」か「2」しか入力できないようにしておけば、間違いは減ります。 そうした初歩的な設定が、まったくなされていない。 つまりこれは、申請する側(民間)ではなく、受理する側(お役所)の問題なのです。     この申請書には、金額や口座番号や、ID番号的な、各種の数字を記入する欄があります。 そうした重要部分こそ、チェックしなければならない箇所です。

100

国のオンライン無料経営相談サービスを活用しよう、という話

taakeです。昨日中小企業診断士の友人とお盆ということでオンラインで会話していました。こんなの今やってます、ということで紹介します。 オンライン経営相談とは 中小企業庁では現在、新型コロナウイルス感染症関連の国施策の一環で、無料オンライン経営相談できる窓口を開設しています。 オンライン経営相談窓口https://hojyokin.work/keieisoudan 経営相談体制強化事業(中小企業庁委託事業) 【運営会社 株式会社タスクールPlus】 完全無料で相談できます。専門家陣は中小企業庁からお金をいただいています。とりあえず10月くらいまではやる?みたいな話。そのためにはどんどん相談が来てほしいですね。まだまだ周知が足らずどんどん活用してほしいとのことで、私にお声がかかりました。需要があれば、継続されるのではないかと。 相談内容の範囲 聞いた話だとこれを超えた内容でも柔軟に対応しますとのこと。(いわゆる担当次第、というやつ) ①資金繰り支援→銀行融資関係・政府系金融機関による融資・民間金融機関による信用保証付融資 セーフティネット保証4号 セーフティネット保証5号 危機関連保証 新型コロナウイルス感染症特別貸付  持続化給付金   ②設備投資、販路開拓 →補助金関係・生産性革命推進事業   小規模事業者持続化補助金  ものづくり補助金  IT導入補助金・販路開拓支援   ③経営環境の整備・雇用関連・事業継続力の強化  

国のオンライン無料経営相談サービスを活用しよう、という話

なぜ転売がいけないのか?を考える

まとめ 転売は今日の売買の穴を補う行為であり合法であるが、同時に周りへの迷惑を試みない不道徳な行為に発展してしまった。もしもこの状況が改善されなければ(民間レベルで解決できないなら)法律により規制が行われ、不自由な日常へと近づくだろう。 ※何か間違っていましたらコメントで教えてください。特に法律面は弱いので補足してもらえると助かります。感じたことをつらつら書いているのでよろしくお願いします。 前置き Switchの在庫問い合わせが増えてきたので現状をお伝えします。ぶっちゃけ在庫はあります。でも店頭に並べることができません。転売ヤーが店に押しかけて買い占めるからです。店としてもそうされないように工夫してきましたが万策尽きました。 — やまだえれき (@yamada_electric) July 27, 2020 ス・まとめはコチラ 今日、Twitterの店員のつぶやきが発端で転売が話題になった。転売OK派と転売NG派がリプ・引用リプで言い争う事態となりボーとみていた。自分はゲームをやる事は滅多に無いので利害関係がなく、積極的に輪に加わる事は無かった。これは中立的な立場で考えるいい機会なのではないか? 道徳的な問題? 転売は副業として一般的であり、自分の知識からみれば違法性はない。なので道徳的な分野に入り「他人に迷惑をかけるな」という事になってしまう。まず初めに、この道徳的な問題について、皆が何を話し合っているのかをまとめてみた。 双方の言い分(おおまかに) 転売は、販売者と購入者の間に分け入り、人工的に品薄状態を作り出して購入者の手元に商品が行き届かない状態にし、上乗せした価格で売ることで、無用な費用の負担を強いる。 転売は、人気が高かったり流通量が少ないせいで、購入者が長時間の列に並んだりイベント会場にいなければ入手ができない商品を、他人がその行為を肩代わりする代わりに上乗せ価格で売る事で、売買の間の穴を埋める商売である。 転売トラブルはコロナ以前からあり、限定品のような需要がひっ迫しそう(買値が上がりそう)なものは買い占められた。しかし、たとえそのような行為がなくともプレミアム価格となる事が多かった。しかし、コロナによってマスクや消毒液など必需品にまで対象が広がり

なぜ転売がいけないのか?を考える
300

Google Pixelから見る、これから

この記事は2018年10月ごろにnoteに掲載していたものを転載したものです。ちょっと情報が古いですが許してヒヤシンス。 今回はGoogle Pixelがやっと日本にきてくれたので、記念としてこれからのスマートフォンやIoTデバイスなどのデザインについて話そうと思います。 私は、Google Pixel発表後にこんなツイートをしました。(めっちゃ気に入ってるツイートなのにいいねはゼロです……) Googleが円を用いたデザインにしたのもヌーディなカラーを使用してるのももっと人間に近づくためで無機質なものが生活に溶け込めるように今から準備してるんだ今は少し音を立てて生活に入ってきてるけどこれから音も立てずに入ってくるものがどんどん増える — あんず (@an_apco) October 10, 2018 過渡期の象徴がスキューモフィズムというのはよく言われていることですが、それは人間に新しいものを認知させるというデザインにすぎません。 Googleは新しい手順でユーザーへテクノロジーを届けようとしていると感じました。   いままでの導入戦略 新しいものに対して企業が行なっていた市場への導入手順はざっくり分けて以下になります。 認知させる 導入する 浸透させる 成長させる 浸透に失敗してしまうと、大体のものはそこで終わってしまいます。 よくスタート

Google Pixelから見る、これから

なぜ格差が広がるのか

なぜいま世界的に格差が広がっているのでしょうか。インターネット上にわかりやすい解説が少ないことに気がついたので、13歳の頃の自分にもわかるように解説してみます。 (この記事は10分で読めます) そもそも資本主義はそのままだと格差が広がる 地球上の大部分の国は資本主義を採用しています。実は共産党が支配している中国も、経済的には資本主義といわれています。 経済の用語では、投資してお金が増えていくスピードのことを資本収益率といいます。また国の経済の規模(国民総生産、国民の所得などで表される)が増加するスピードのことを経済成長率といいます。 資本主義では資本収益率の方が、経済成長率より大きいことがわかっています。これはつまりめちゃくちゃ噛み砕いていうなら、働いて給料が増えていくスピードよりも投資してお金が増えていくスピードの方が速いということです。 そして投資をたくさんできるのはお金持ちなので、お金のない人がいくら働いてもお金持ちの方が儲かるということになります。その結果、お金をたくさん持っている人のほうがさらにお金を増やしてくことができるので、どんどん格差がひろがっていくわけです。 (じゃあ、投資ができるくらいお金を溜めてすぐに投資すればいいじゃないかという人もいますが、計算上は先に投資を始めていてすでに資本をたくさん持っている人には永遠に追いつけません) これは「21世紀の資本」でトマ・ピケティが発見しました。実はみんな薄々このことに気がついていたんですが、実際に調査して数字として示したところにピケティの功績があります。21世紀の資本は図がネットで公開されているのでそこから図を引用します。 (引用元:https://cruel.org/books/capital21c/) 古代から現在までずっとこの法則は変わらなかったことがわかりますね。(2012年以降はピケティの予測数値が入っています) もう初めの疑問「なぜ格差が広がるのか」という疑問に答えてしまいましたが、こうなるとまた新しい疑問が出てきます。20世紀は今

なぜ格差が広がるのか
100

日本語のビットコイン関連YouTubeコンテンツの動向 (2019年以降版)

YouTubeにおける最近の日本語でのビットコイン関連コンテンツがどのようなものか、量・質ともに興味があったので、大量にデータを取得して分析してみることにしました。YouTubeコンテンツを作成している・作成したい方、広告を依頼したい方などの参考にはなると思います。(より詳細な分析が必要な方は、ご自身で行うかご相談ください。) 「ビットコイン」「ブロックチェーン」の2つのワードについて、2019年以降にアップロードされた動画のうち再生回数上位のもの約500件ずつに関して、以下のデータ分析を行いました: ・再生回数の多い動画上位・トップ500の動画の再生回数が多いチャンネル上位・再生回数と動画の尺の関係 (上位チャンネルと全体との対比あり)・使用されているタグの頻度とワードクラウド 久しぶりにエクセルで複雑なことをしたので、格闘しました。(データの取得はPython書いてやったので、正直言うと可視化までPythonとかでやったほうが早かったし使い回せた気がします。もう二度とエクセル触りたくねえ) エクセルと向き合うのが辛かったので、生ビールを奢ってもらうくらいの価格にしました。興味のある方はぜひご覧ください。 (スライド画像8枚、リストは書き下しもあり。解説文は少量あり。) 【追記 7/26】さっそく英語"Bitcoin"の結果も追加しました

日本語のビットコイン関連YouTubeコンテンツの動向 (2019年以降版)
25,000

金を積立で買うならどこがお得か?

今年の初めごろから金の積立を検討していて、各社のコスト比較を行っていました。 金を買えるところは色々あるけど、手数料やスプレッドが微妙に違って、各社比較するのはなかなか手間ですよね。 それでもいろいろがんばって情報を集め、主な企業10社の手数料や特徴を比較検討したので、最近の高騰で金を買いたくなった方にも参考にしていただけると思い今回紹介してみます。 なお各種の数値は予告なく変更になっている可能性があるので、このブログの数値はあくまで参考値として使用してください。 では表を見ていきましょう。 会社名 年会費(円) 保管料(円) 購入手数料(%) 売却手数料(%) スプレッド(円) スプレッド手数料換算(%) ネット完結 ドルコスト平均法 自動引落 SBI証券 0 0 2.2 0 80 1.231 ○ ○ ? 楽天証券 0 0 1.65 0 78 1.200 ○ ? ☓ マネックス証券 0 0 2.75 0 111 1.708 ○ ☓ ☓ 住信SBIネット銀行 0 0 2.5 0 93 1.431 ○ ○ ○ 岡安商事 3300 0 2.5 0 33 0.508 ☓ ☓ ○ KOYO証券 1500 <td

金を積立で買うならどこがお得か?
100

日本の仮想通貨取引所って、そうとうヤバいんじゃない?

仮想通貨取引所bitFlyerが決算発表、最終赤字7.5億円と前年度比で大幅減収減益 https://coinpost.jp/?p=152796   国内最大手のビットフライヤーは、2019年度の決算で赤字に転落したようですね。 ちなみに2年前の2018年度の仮想通貨業者の決算一覧です。https://bitpress.jp/news/information/entry-10819.htmlビットフライヤーがトップであることは間違いないのだけど赤字企業が多いですね。   そこそこ老舗のビットポイントとかビットバンクは去年すでに赤字に転落。上場企業の IIJ が2019年に設立したばかりのディーカレットもダメダメです。設立当初は資本金と準備金あわせて43億円あったけど、1年目で13.4億円溶かしちゃって、あわてて2020年4月に27.5億円増資してますけれども、かなり資本溶かしてそうだな。こんなハイペースで増資してるってことは資本の毀損が激しいってことでしょう。 っていうか、赤字13.4億円よりヤバいのが売上高50万円ってとこですね。こんな売上高でどうやって損失を解消していくつもりなのか・・・ いっちゃなんですけど廃業まっしぐらへと突き進んでいますね・・・。   ビットフライヤーが赤字に転落ってありますけども、そこはわりとどうでもよくて、むしろ2018年度に140億円あった営業収益(売上高)が一気に半分以下に減って、2019年度は53.4億円に減ってるところがマジでヤバいと思います。 まぁ一時的にセキュリティ強化やコンプライアンスコスト増加で費用が増えて赤字になっただけなら、コスト削減ですぐに黒字転換できますけど、売上高が-63.1%ってヤバいというか大丈夫かよ

日本の仮想通貨取引所って、そうとうヤバいんじゃない?

家賃支援給付金でまた国からボーナスが貰える。申請方法調べてみた【更新あり】

追記:7月14日より家賃支援給付金の申請が開始されました。以下の公式サイトから申請することができます。 家賃支援給付金ポータルサイト   ビットコインFX狂騒曲を運営している仙人です。 今回のテーマは、コロナウイルス感染症に関わる経済政策「給付金」。 世界はもっと羽振りのいい国もあるそうだが(ヨーロッパとか)、コロナに掛かったところで比較的安い医療費で済む日本も頑張ってるほうだと思う。 今回はコロナ関連の給付金について書きます。 関連記事:ライトニングでSpotlightにBTC入金する手順|BitFlyer→BlueWallet経由 給付金はこんなにある 申請できるものはしておきましょう。今なら予算が潤沢にあるので条件さえ満たせば比較的すんなりもらえます。 全国の新型コロナウィルス支援情報まとめ提供/情報の泉  みんなもらえる特別給付金 まずは、国民一人当たり10万円ももらえる「特別定額給付金」がありましたね。 うちも家族分振り込まれて「本当にもらえるんだな~」と実感したもんです。 特別定額給付金の申請サイト 割と簡単にもらえる持続化給付金 そして、個人事業主・自営業や法人など事業主の場合は、最大で200万円もらえる「持続化給付金」というボーナスもありました。 しかし、自営業や法人にはあるけど被雇用者、勤め人にはないのは不満がでそうですね。 本来なら雇い主から被雇用者に何らかの形で還元されるべきでしょうが、きっと雇用主からすればそんな余裕がないことが

家賃支援給付金でまた国からボーナスが貰える。申請方法調べてみた【更新あり】

Reckless広告

掲載方法はこちら

人気の記事

おねだり中のユーザー

おねだり中のユーザーはまだいません。