中国でのモナコインの最新事情

日本で貿易商をやっている方(おそらく中国の方, ここではMさんとします)からモナコインに関して色々話を聞いたので共有します。 中国人のマイナーは日本の取引所でMONAを売っている Mさんは日本でも会社を経営しているため、bitbankのアカウントを持っています。MさんはMONAの売買代行ビジネスもやっているとのことで、掘ったMONAを売りたい中国人マイナーからMONAを受け取り、bitbankで売却、手数料を受け取った上で(おそらくBTCで)マイナーに送っているそうです。このような代行業者は他にもいるとのことです。 これは日本の取引所が保管するMONAの合計量が、発行済MONAの量と比例して増えている現象と辻褄が合います。 Bittrexを使っている中国人マイナーはほとんどいないようです。例えばHuobiやBinanceは何かあったときに電話すればすぐ対応してくれるらしいのですが、Bittrexにはそれがなく、あまり信用されてないらしいです。 また、Mさんはモナコインを買いたい中国人との売買代行も行っているようです。 中国でのモナコインのイメージ 中国の仮想通貨解説サイトにおいて、モナコインは「ライトコインのクローン」と記載されているようです。(実際そうです) モナコインの知名度はあまりなく、またライトコインのクローンであることから興味を示す人も少ないようです。(後述) Mさんは、日本において仮想通貨の売買が合法である点についても強調していました。合法な国で生まれたコインは信用度が高いそうです。一方、中国では仮想通貨の売買は法律で認められておらず、グレーです。 中国でのライトコインのイメージ ライトコインの生みの親であるチャーリー・リー氏は、2017年に自身の保有するLTCを全て売却しました。これが理由で、ライトコインは中国ではかなり嫌われているようです。

バッジャー君

Spotlightとは

ビットコインを活用したデジタルコンテンツを配信できるプラットフォームです。
各コンテンツは約1円~からビットコイン決済で販売・購入できるようになっており、読者もクリエーターも楽しく始めることができます。

アカウントを作成
気になる話題を検索

Reckless広告

掲載方法はこちら

人気の記事

おねだり

saeko
saeko

500万損しちゃった(´;ω;`)

もっとみる