タコ頭のおじき

タコ頭のおじき

@Tko_combinator

低スペック古参ガチビットコイナーのふりをした、アルトコインも大好きなおっさんです。Bitcoinを始め、Tezos、Ethereumなどにも興味を持っています。

Blockstream Satelliteがうまくいかない件w

通天閣が赤く染まり不安な日々が続きますが、タコ頭はBlockstream Satelliteのセットアップにハマっているのでとっても幸せです。 別に書いていたセットアップに関する記事は数週間前にとっくに公開をしている予定でしたが、色々さわっているうちに衛星のロックができなくなったり、USBチューナーを認識できなくなる等のトラブルにより保留中です。 なので、うまくいった時に振り返れる用に、現段階での状況をここに記録しておこうと思います。 まずワイが使ったハードウェアは、Blockstream Satellite Kit  Basicに含まれるものを中心にパラボラやケーブル類を追加購入した動作検証済みのモノ達です。 ケーブルの選定も重要ですが、そのへんは比較的得意なので間違ってはいないはずです。 ちなみに、Blockstream Satellite Basic Kitは既に廃盤みたいw 基本的なセットアップを行い、一度は衛星のロックに成功をしました。 その後、本番環境を構築する為に(最終的なアンテナの設置場所とサーバー機の設置場所が離れている事から)建物の弱電盤をあさり同軸線の引き込み作業を行いなんとか設置に成功したものの、距離が離れている事から案の定シグナルが落ちる事が分かりブースターを導入する事にしました。 その機材を入手している間に、もう一度テスト環境での受信実験を行おうとしたのですが、ここでトラブルが発生。 なぜか衛星のロックができませんw 天候の影響かと思いましたが、翌日もその翌日も全く受信できない状況です。 これでは、本番環境への移行どころではありません。 なにせ本番環境の方がチューナーアンテナ間の距離が長く条件が悪いのです。 このテスト環境、アンテナの近くでの作業になるのですが灼熱で死亡寸前w 弱電盤も何故かメチャクチャ日の当たる場所に設置されており、ひどい作業環境ですw (涼しくなるまで待った方が良いかもしれない) で、とりあえずアンテナの角度調整をやり直す事にしました。 アプリを使い、キット付属品のサテライトファインダーを使って探します。 しかし、このファインダーはかなり簡易的なものであり、確実に該当の衛星からの電波見分けられるわけではありません。 なので、この作業は半分手探りになってしまい正解なのか確信が持てません。 また、テスト環境にはディスクトップマシンを使用しており電力事情が悪く灼熱の環境での実験は骨が折れます。 なので、中古のノートパソコンを購入したのですが、これがまたうまく行きません。 チューナーのドライバーなのかその他の依存モジュールの影響なのか、ロードできなかったりロードしても他のハードウェアが不具合を起こすという謎現象w クラッシュするならまだ分かるんだけどなぁ

CasaNode推しの異星人が、Umbrelでフルノードを作ってみた(不具合の事後報告)

ーーーーーーー追記ーーーーーーー 残念w 以下のセットアップうまくいっていない事が判明ww やり直しますw で、もう一度新しいイメージをダウンロードして、焼き直しましたが同じです。 ただ、SSDはそのままでしたので、次挑戦する時はこいつをフォーマットします。 念の為に手動アップデート等を試しましたが、無理w どうも、直接的な原因は何故かBitcoindのコンテナが落ちて再起動を繰り返す事にあるようです。 これは、手動でdocker-compose upしても同じです。 ログ解析等はちゃんとしていませんので、詳細は不明ですがSSDのフォーマットで治れば万々歳です。 面倒くさいので、時間がある時に出直します。 意味がありそうであれば、トラブルシュートの記事を書きます。 あああぁ…CasaNodeの恨みだなこれは。 クワバラクラバラ… ーーーーー追記ここまでーーーーー こんにちは! 銀貨系宇宙調査検査検品対応ネットワークビジネス無限責任会社 ぺこぽん方面調査チーム第一課 副課長代理補佐代理代行平社員補佐代行のタコ頭と申します。 時間がかかったけど、Umbrelを組み立てちゃいましたよ! ほとばしるCasaNode愛を押し殺し、涙でたこ焼きのピックとドライバーを見分ける事が出来ない程酷い状態でしたが、なんとか無事に完成しました! yay!!! yay!!! おっとテンションが上がりすぎて脳内マイニングをしていました。いけねーさっさと本題に入りましょう。 今回はHWについては触れませんが、ラズパイとSSD、熱設計の良い(良さそうな)ケース、質の良い電源、定評のあるSSD、まぁまぁ丈夫そうなsdcardでOKなのはCasaNodeと同じ。 インスコもCasaNodeと同じでク◯賢いスクリプトのおかげで超簡単でした。 しかし、コマンドにビビる人は無理、完成品を買いましょう。 追記> まぁ、イメージ焼くGUIツールもあるし、微妙なところだけどね。 と、思ったけどUmbrelにはないのかなこれ? やはり、機材がポン付けできないとLN+フルノードの普及は難しいんじゃないかと思ってしまう。 おっと、Umbrelは同期出来ない間はログインできない仕様なのか、これはある意味ユーザーフレンドリーですねぇ。 追記> 上の文不具合の可能性w <span style="text-de

ワイが見つけた、世界のHWウォレット自作プロジェクトをまとめちゃうよ1

今日は、かわいい海洋生物風宇宙人のタコ頭です。 -----追記----- 謝罪 BitBoyに関するリサーチが不足しており、評価が微妙になっています。 追加パーツが揃い次第、別途評価記事を書きます。 堪忍やで -------------- 皆さん、LedgerのECの顧客情報が流出してしまった事件を覚えています? (LedgerShopさんの運営に問題があった訳ではありませんのでご注意を。) 更に、ワイの誤解で無ければ、あるHWウォレットを購入した時税関で配送袋を開けられた形跡があった事があり、業務上仕方が無いのはわかりますがモノがモノだけに気味が悪く正直腹ただしい思いをしました。 これらにより、公式通販だからと言って安全ではない事、物流網の問題まで真剣に考えないといけない事を実感しました。 そこで、HWウォレットそのものを作れないかという考えになったのです。 正直、ワイは最近DXやなんや知らんがそういう事で思ったより忙しくあまり進んでいないのですが、取り敢えずここいらでワイが見つけたHWウォレットのDIYプロジェクトを自分の為にまとめておいた方がええんちゃうか?と思ったのでまとめます。はい。 ただ、個人から本格的なOSSプロジェクトまで、数が思っていたより多いw みんな、Don`t Trust Verifyを徹底してんねーやっぱりww 全然足りてないので、この記事のタイトルに1をつけて誤魔化してます。 もしかすると2があるかもね。 PyTrezor https://www.pitrezor.com/2018/02/pitrezor-homemade-trezor-bitcoin-wallet.html 製作済み サイトを確認してもらえればわかりますが、超簡単ですw 簡単かつ入手のしやすいラズパイベースの為、sdcardにあらゆる情報を保存する仕組みになっており安全ではありません。 絶対実用するんじゃないぞ!金が飛ぶぞw OLEDモジュールやスイッチ類を個別に購入するパターンと、一体になったシールド(モジュール)を購入する方法がありますが何かカッコ良かったのでワイは後者を選びましたのでそちらを前提に進めます。 (実はバラでも組んでますがw) この一体型シールドを使った場合はピンアサインが変わるので設定ファイルをいじる

メタバース系Dappとネット老人の思い出SecondLife

全宇宙インターネット老人会高額課金ユーザーのタコ頭です。 今回はビットコインネタじゃないけど、許してちょ…そして思いっきりわたくし事デフww ざっくり、何でワイがビットコイナーを装い、アルトコインもお触りしていきいるのかって話ね。(読むに値しませんw) ブロードバンド回線が十分に普及した時代、某ADSL回線街頭売り込み大作戦のおかげで日本中にADSLが普及、その後光回線に移行していき万人が高速広帯域回線の恩恵にあずかれるようになった初期の時代。 (かっこつけてみたけど、2005~2007年ぐらいを意識していマフ。) もっとイメージしやすく言うと、スティーブ・ジョブズは存命で初期型iPhoneが発売されたかされていないかという世界。 そんな感じの時代に、SecondLifeという3D仮想空間がベラボーに流行した事を知っていますかぁ?(上目遣い) 2000年台中期頃のネットを知ってる人はそこそこいると期待したい… この仮想空間がすごかったのはですねぇ(当時としては)、変動相場制の内部通貨をもち土地が所有でき、その土地を貸したりお店を作って自作アイテムを売買したり、皆で協力をして家をたてて世界中の友人とアバター越しにチャットをしたり… テロリスト(チーターの類)に街が破壊されたり、景観でお隣さんと揉めたり、変態野郎が女性型アバターを追いかけまわして問題になったり…ギャンブルが横行して運営がBANしたり。 内部にはそんな人間味あふれる社会があり経済があり、事件が起き…変態さんが出没し…ほんとファンタスティックリアルワールドでした。 VRchatなどのコミュニケーションツールなどとはちょっと違う、仮想空間!仮想世界!と言えるようなものだったのです。 (一度使ってみてください、多分使わないとわからないです。今でもサービスは止まっておらず、コロナでユーザーが増えたという記事も見つけました。) さらに最盛期には、企業がこぞってプロモーションの為に内部にお店を出して、アイテムを無料で配ったりしてたんだよ。 ワイも思ったよ、これこそポストWEBだ未来のテクノロジーだってね。 そして、内部コンテンツを作る仕事というか、修行というかそういうことをしてたのよタコ頭は。 これでいけると思ったのよ… そんな世界にワイには何人かの友人がにいましたが、ブームが終わると少しずつみんなリアル空間に帰って行ってしまいました。 一度もリアルであった事が無く属性の一切が不明なアバターに対して、みんなどうしているのかまたあそこで再会できないか&hel

Coldcardをカジノダイスで初期化してるタコ頭はエライ!!

2018年頃サッカーの予想で有名になったタコの「ラビオ君」はあの後出荷されたそうです。 世知辛い世の中です。 ぺこぽん人の皆さまこんにちは、軟体系異星人のタコ頭です。 ここの殆どの方がHWウォレット(HWW)を使われていると思いますが、定番からガジェオタホイホイ系の最新モデル、これ独自路線を行きすぎてちょっとヤバみじゃね系まで世の中には色々な機種がありますが… 皆様はどれを使っていますか? TrezorT? LedgerNanoS? 皆こだわりのウォレットがあると思いますが、ワイは名実共にビットコナー向けHWWであるColdCardに注目をしています。 ワイ自身が果たしてビットコイナーなのかという問題はありますが、Coldcardさんは初期状態では(公式には)ビットコインの保管にしか対応していません。 Coldcardはカナダ・トロントのCoinkiteというという会社の製品で、プリント基板には誇らしげにMade in Canadaの文字とメープルの葉っぱが描かれていますが、メープルシロップは付属しませんので注意が必要です。 そんなとってもクールなColdcardですが、なんとサイコロによる初期化に対応をしています。 一昔前のビットコイナーの中にはサイコロを使って乱数生成をしてアドレスを作ってるレベチな人がいましたが、そのノリでHWWを初期化してやろうというビットコイナーホイホイな仕組みになっております。 HWWは間違いなく安全な保管手段ではありますが、万能ではありません。 モデルによってセキュリティーモデルが異なり、エンジニアもトレードオフと戦ってるんやなぁと思うと涙は出てきませんが、ご苦労さんな話しです。 TrezorOneのoled表示器に対するサイドチャンネル攻撃など、ハードウェアレベルの脆弱性が報告されたケースもあります。 TrezorOneのPINコード入力時に本体の数字の囲いの両側に謎のギザギザがついていませんか?あれはデザインではなく、この脆弱性に対する対応です。 念の為いうておきますが、TrezorOneはええウォレットデフ。 そんな色んなトピックの中で、ワイが共通して気になるのは乱数を果たしてどこからどのようにひぱってきているかという部分です。 初期化した時のPCから持ってくるのか、本体内の乱数ジェネレータなのか。 ハードウェアベースなのか、ライブラリなのか… ここまで考えるとDon't Trust Verifyというスローガンは、簡単に守らせてもらえへんやつやなぁ〜と思いませんか。 そんな時に、サイコロで初期化できるColdcard、そういう機能を実装したCoinkiteというメーカーはTrustするに値するんじゃない

Electrumをより安全に使ってるタコ頭はエライ!

皆さんはElectrumを使った事はありますか? 昔々、HWウォレットなどまだない時代、若かりし軟体異星人事タコ頭はBitcoin-core(当時 Bitcoin-Qt)をDellの古いノートパソコンにインスコして遊んでいいました。 長期保有分に関しては、ペーパーウォレットを印刷+バックアップのPDFを100年後の利確を目指して100年保つらしいM-DISKに焼くという方法をとっていました。 これがビットコインで大儲けをして、ぺこぽん侵略作戦費の為のローンの頭金を作る作戦として正解だったかは分かりませんが、普段使い分に関してはフルノードであるBitcoin-QtをGUIインストールして使うのが当時は普通の選択肢だったのです。 何せノートパソコンにGUIインストールしたフルノードなんで、事情で暫く使わないときは閉じていました。 それは、再始動時に使わなかった期間分同期しなければならない事を意味しました… そんな中、Electrumという(ワイ的には)使い勝手の良い軽量ウォレット(SPVウォレット)の存在を知ったのです。 軽量ウォレットとは、フルノードの要らないウォレットですから再同期など必要がなく、あの退屈で心がワクワクドキドキイライラする初回起動時に数日の待ちぼうけを食うあれもいらないのです! ここで皆さんは気が付いたでしょう、フルノードが要らないんじゃない何処かのノードにつないでAPIをゴニョゴニョしてるんだ! そんな事も知らないのかタコ頭は! そう! そこが今回の本題です。 前置きが長いわ! ツッコミの通り、一般的な軽量ウォレットはフルノードと通信をするのですがElectrumは少し違う仕様になっています。 間にElectrumxと呼ばれるサーバーが挟まっており、Electrumはこいつと通信をしてあらゆる動作を行っているのです。 ある意味最強の軽量ウォレットですが、これは相手にアドレスやその(当然ですが)残高を知られてしまう事を意味します。 怖いですねぇー。 実際にやばいサーバー運営者がいるらしいです。 という事で、ワイは自前のフルノードの上にElectrumxを建ててそれと通信をする形で使っています。 そして、一般的な軽量ウォレットでもプライバシー面を考慮するのであれば、自前のフルノードを立てるのが望ましいという話でした。 フルノードを建てよ! ちゃんちゃん

Umbrelが流行ってるみたいだけど、Casa Node2でLNノードつくちゃった!

初めまして、異星人のタコ頭と申します。 Twitterでは海洋生物と思われているようですが、ワイは異星人なので間違いのない様にお願いします。 ひと月程前の話になりますが、数年前に公式から購入をしてLNノードとして実験的に使った後、ただのフルノードとして運用をしている内に無事自然死をしたCasaNode君を再度LNノードとして使ってやろうと思った所、残念ながらほぼ全損と判明しました。 ちーん その為、ケースを含む全ての部品を再度購入し、新しいCasaNodeを組んでやろうという事になりました。 そうそう、そもそも何で突然LNノードを再開しようと思ったのかといえば、UmbrelがTwitterで流行っていたからですw 自作サーバーにフルノードを持っているので(最近調子が悪い)、そちらにLNノードをDockerでささっと建てたらええやんとも思いましたが、やはり可愛くオシャレなノードを建ててTwitter映えをねらいたいお年頃です。 (c-lightningがメインネットローンチした頃、ガチ勢を真似して自前で建ててみた所微妙にGOXした事がトラウマ説もありますが。) ここで比較記事を書こうと思ったのですがUmbrelは殆ど使った事がないので、さっぱりわかりませんw ざっくりUmbrelのサイトを見た所、HWWの母艦として使うには大変便利そうですねぇ…いや、いいなこれ なんだこのAppStoreって… CasaNodeは極めてシンプルで、スマホアプリとChromeのウェジットがあるぐらいです。 あと、勝手にいい感じにチャンネルをはってくれる機能がありますが、もしかしてUmbrelにもある? 有料のマルチシグ機能や相続機能がありますが、まぁまぁ高いっす。 また、Umbrelノードも組んでCasaNodeの一番安い課金プランにでも入ってから書き直します。 なんだこの記事はw という事でご挨拶でした

反省会記念NFT(Badger Capsule)概要

老害NFTerの復讐が始まる‥(のかもしれない) 概要 2021年のNFTブームを記念して、またもっちーNFT発行チャレンジに便乗して、ビットコイナー反省会でも記念NFTシリーズ「Badger Capsule」を始めることにしました。 過去のビットコイナー反省会の動画上での名言や取り扱われた名シーンをNFT化し、イラストは外部のクリエイターから公募します。供給量の一部をクリエイター、また発言者自身にも渡すことで、NFTトークンの分配を分散させつつ、過去の反省会の出演者にも一部還元することを狙います(Retroactive airdrop) また、各NFTトークンは実験的に複数のブロックチェーン上で発行し、一つのチェーンに依存せずに数年以上長期的に生き残れるシリーズになることを目指します。 仕組み in 一言 基本的には古き良きRarepepe、Memorychainに近いイラスト申請スキームを採用。 各発言に関するイラストを外部クリエイターが自由に作品にして投稿、クオリティの高い作品はオーガナイザーに承認され、正式に各NFTの画像に設定されます。 また、採用されたクリエイターには発行されたトークンの一部が渡されます。(分配方法などは別セクションで説明) トークン発行プラットフォームについて ※Genesisシリーズの各トークンプラットフォームごとの発行比率などは現在検討、最終調整中。後程アップデート予定。 Badger Capsuleの特徴として、最初から<stro

秘密鍵の保存だけで👌 ElectrumのRecoverable channelsとは

以前の記事で、LNノードを運用する上でのバックアップについて紹介しました。そこでは、オンチェーン資金のバックアップは秘密鍵の保管を、オフチェーン資金のバックアップでは、UmbrelやmyNodeなどLNDを使ってる場合はStatic Channel Backupと呼ばれるファイルをチャネルの開設ごとにバックアップする必要がありました。オンチェーン資金のバックアップは一度限りで良いですが、LNのチャネル上にあるオフチェーン資金は秘密鍵とは別にチャネル開設ごとに取得する必要があるので、結構手間がかかります。できれば秘密鍵に集約したいですよね。そんな悩みを解消してくれるのがElectrumのRecoverable channelsです。 Electrumはビットコインウォレットの老舗ですが、去年ごろからライトニングネットワークをサポートしました。そのElectrumが実装したRecoverable channelsとは、チャネルバックアップをチャネル開設時のトランザクションに書き込むというものです。こうすることで、ユーザーはチャネルバックアップをする必要はなく、秘密鍵さえ保管しておけばいいのです。もしLNノードやウォレットが壊れたりしたら、秘密鍵からオンチェーン資金を復旧し、また、オフチェーン資金の復旧に必要なチャネルバックアップは、ブロックチェーンから読み取り、その情報を使って復旧することができます。 Recoverable channelsの欠点は、チャネル開設時のデータサイズが大きくなるので手数料が通常以上にかかるります。また、ブロックチェーンに書き込んでいるのでチャネル開設時の相手にチャネルバックアップをしていることが知られてしまいます(バックアップデータ自体は暗号化されているので内容は分からない)。以前の記事でも触れましたが、このStatic Channel Backupはある一定の信頼があるので、もし相手にSCBから復旧しようしていることが知られると不正をされる場合があります。とは言え、実践的にはこのような不正はほぼありえないと思いますし、ユーザーは秘密鍵の保管だけで良いので、よりLNが使いやすくなりそうです。 ElectrumのRecoverable channelsについては以下のリリースノートおよびコードベースを参照してみください。 <iframe allowfullscreen="allowfullscreen" allow="autoplay *; encrypted-media *" src="//cdn.iframe.ly/

Popular stories

Coldcardをカジノダイスで初期化してるタコ頭はエライ!!

84

CasaNode推しの異星人が、Umbrelでフルノードを作ってみた(不具合の事後報告)

77

Umbrelが流行ってるみたいだけど、Casa Node2でLNノードつくちゃった!

76

Archives

2021-08
1posts
2021-06
5posts
2021-05
1posts