暗号資産トレード(仮想通貨取引)における備忘メモ etc

はじめに こんにちは。Crypto_Ritsuです。 この記事は、主に仮想通貨トレードの基本的な考えをまとめた私用のメモです。価格設定は私がほかの有用な記事を読むための投げ銭用で、おおよその部分は無料で読むことができます。 以下の文章は全て私の主観であり、正しい情報とは限らないことを予めご了承ください。 主に以下の構成で作ってます。 1)価格の変動の基本知識 2)BTCの基本知識 3)経済の基本知識 4)Twitterで参考になる方々 5)最後に 1)価格の変動の基本知識 価格の変化には主に三つあります。 デリバティブ  取組高の大量清算 ※1  取組高の急増 ※2 現物  現物の大量売買 ※3 それぞれについて軽く解説します。 ■ポジションの大量清算は相場反転の予兆 取組高の大量清算(※1)は、相場反転の予兆になりやすいです。 例えば下降トレンド時を想像してください。今の地点から価格が下がるには、誰かが成行売りをする必要があります(チャートの動きは、誰かが成行売買をしているから成立していることに留意) 言い換えると、価格が下がるには「誰かが新規で成行ショートを行う」か、「ロングが燃料になって焼かれるか」のどちらかしかありません。 図1 大幅な価格変動とOIの変動 「取組高の大量清算」=「燃料のロングが一気に減った」ということなので、通常、大量清算で燃料を消費した後にさらに下げるのは困難です。 (そのことを知っているショーターも、燃料ロングを焼き切った段階で利確を考えるため、買い戻しも発生します) 以上を合わせて考えると、上記の例では、さらに価格を下げるよりも底打ちして反転しやすい状況になっていると言えるでしょう。 OIの大量清算は絶対の指標ではないのですが、清算されたポジションから入るほうが優位です。 ■取組高の急増からのチャートパターン 例えば、三尊・逆三尊、カップウィズハンドル、などチャートパターンを目にしたことがあるかと思います。これらについては、出来高・取組高(OI)を無視して当てはめている場合は精度が落ちると考えてください。 図2 OIの変化とチャートパターンの対応 例を挙げます。図はカップウィズハンドのチャートです。重要なのはOIです。価格は同じ地点に戻ってきたのに、OIは増えています。 分かりやすく言い換えると、同じ価格に戻ってきたとき、損を抱えたままのショーターが燃料になったまま残っている、ということを意味します。 カップウィズハンドや逆三尊が上へと向かうチャートパターン扱いされているのは、同じ価格に戻ってきたときに燃料をため込みやすい形だから、という理屈です。 逆に言えば、燃料がない状態の形だけのチャートパターンはあまりあてになりません。 「このチャートパターンは見たことがある」と思っても、一旦はOIの増減と照らし合わせて、無為にポジポジせずにエントリーを絞るといいと思います。 ■現物の大量売買をオンチェーン情報から推定 仮想通貨(暗号資産)のトレードのいいところは、チェーン情報の検閲が可能だという点です。 現物の大量売買を行う際は、必ず取引所に現物を送らないといけません。現物を買うなら、USDTなどFiatペッグトークンが必要です。現物を売るなら、BTCやETHなど現物を取引所に送る必要があります。 逆に言えば、これらオンチェーン情報を分析すれば、大まかな傾向として、売られるか買われるかを推定することが可能となります。 オンチェーン分析を行っているサイトとして一つだけ紹介しますhttps://cryptoquant.com/overview/btc-exchange-flows <

バッジャー君

Spotlight

SNS platform for distributing digital content using Bitcoin. Each piece of content can be sold or purchased for as little as one $0.01 in Bitcoin, making it a fun place to start for both readers and creators.

Sign up
Search spotlight

Reckless ads

ads here

Popluar stories

Request

Please Me arrrume GORJETA ???‽?‽

Motokanさんのほうがdogeさんより好き。どうしてかっていうと、お金いっぱいくれるからよ。

Tipping