NAVERまとめから引越テスト~「戦争と平和の名言集」

NAVERまとめから引越テスト~「戦争と平和の名言集」

◆なぜ人間同士で争うのか? 「すべての残忍性は臆病から生ず。」 セネカの言。   「面白いから軍備を続ける者はいない。恐ろしいから軍備を続けるのだ。」 ウィンストン・チャーチルの言葉   「我々に武器を執らしめるものは、いつも敵に対する恐怖である。しかもしばしば実在しない架空の敵に対する恐怖である。」 芥川龍之介の言葉。   「どの民族もそれぞれ他の民族より偉いと思っている。これが愛国心を生み、戦争をも引き起こす。」 デール・カーネギーの言葉   ◆平和こそ尊い!   「確実なる平和は、期待される勝利にまさる。」ハンニバルの言葉。   「私は最も正しい戦争よりも、最も不正な平和を好む。」 キケロの言葉。   ◆正しい戦争などない   「戦争とはこれほど不幸なことか!」マルクス・アウレリウスの言。伝染病で死去する直前の言葉。   「いかに必要であろうと、いかに正当化できようとも、戦争が犯罪だということを忘れてはいけない。」 ヘミングウェイの言葉   「戦争は決して解決策ではなく、悪化させるものである。」 ディズレーリの言葉   「戦争はすべて盗むことのみ目的とする。」ヴォルテールの言葉。   「良い戦争や悪い平和なんてあったためしがない。」 ベンジャミン・フランクリンの言葉   「いかなる戦争も、もはや勝利者に戦利品をもたらすことはあり得ない。」 イーデン(イギ

「我是、三尾の大明神也。此木をまもらんかために、本国より片特もはなれす、諸の眷属をひきゐて来る」

この上の、『長谷寺縁起絵巻』(出光美術館所蔵)の上巻第10段の絵図のなかには、近江国(おうみのくに)の高島(たかしま)の白蓮華谷(びゃくれんげだに)(白蓮花谷)から流出した霊木を見守る三尾明神(みおみょうじん)(三尾大明神)(白衣の翁)(この絵では見切れています)や、持蓋童子(長谷寺守護童子)、異行の者たち(鬼たち)、雷神、風神などが描かれています。 この下の文章は、出光美術館に所蔵されている『長谷寺縁起絵巻』(はせでらえんぎえまき)の、上巻第7段から上巻第11段までの部分の詞書(ことばがき)と、それらの段の絵図のなかに書かれている文字を書き起こしたものです。  この下の文章では、大和国(やまとのくに)の長谷寺(はせでら)の本尊である十一面観音を造仏するために使用された御衣木(みそぎ)の霊木が、もともとは、近江国の高島の白蓮華谷から洪水によって流出した巨大な倒木であり、その霊木が行く先々で火事や疫病などの祟り(たたり)を引き起こした、という話が語られています。 〔上巻 第7段の詞書(ことばがき)〕上人、无上菩提の心さへかたくして、終に、大師道明大徳に語て 云、「仏像をつくらんかために、御そ木を求とおもふ。」大師答ていはく、「善哉。不遠、神河浦に霊木あり。尤吉なり。」怪哉。今夜、一の夢を見る。数輩異形のたくひ、彼木を中にして坐烈す。其中に、一人の童子蓋をもて木を覆ふ。又、木の下に白衣老翁あり。其形まことに徹也。我、向ていはく、「翁公は何人そ。又、何事に此所に住するそ。」答て 云く、「我是、三尾の大明神也。此木をまもらんかために、本国より片特もはなれす、諸の眷属をひきゐて来る。又、蓋をとる童子は、当山守護の童子也。霊木、彼請(ウケ)によりてこの山に来る所の相応こと(コト)の奇瑞也 云〻」。爰に、窘然として夜を曙す程に、汝、今請問すと、上人、謹請給。  〔上巻 第7段の絵図のなかの文字〕  『本願徳道上人』  『師匠道明 大師』〔上巻 第8段の詞書(ことばがき)〕上人、長谷の郷の古老に木の由来を尋るに、答ていはく、「所命の木、此土に来てより以来、郡郷の人民おたやかならす。をの〳〵力をあハせて、遠く他の里におくらんとおもふ。」  〔上巻 第8段の絵図のなかの文字〕  『上人泊瀬の古老に 木の由来を尋』〔上巻 第9段の詞書(ことばがき)〕古老、語ていはく、「つたへきく近江国三尾前山の白蓮花か谷に、大なる臥木あり。長こと、十余丈の楠なり。此木より、常に光をはなち、異香をくんす。又、諸天来下して、白蓮花を持て此木に散す。其花、此木に属

「我是、三尾の大明神也。此木をまもらんかために、本国より片特もはなれす、諸の眷属をひきゐて来る」

ライトニング搭載ウォレットのユーザビリティについて

ビットコイン送金がより早くより安くなる技術のライトニングネットワークですが、この仕組みにもいくつかユーザー体験を損なうデメリットが存在します。その最たるものは初期セットアップではないでしょうか。ライトニング搭載ウォレットの初期セットアップでは、ユーザーはそのウォレットへビットコインを送金し、そのビットコインを使ってチャネルと呼ばれるライトニングネットワークへ参加するためのトンネルを作る必要があります。この手間がユーザー参加の障壁となっており、この複雑なセットアップをなくそうとする試みの1つとして、Wallet of SatoshiやBluewalletのようなカストディアルウォレットが誕生しました。カストディアルウォレットとは、ビットコインの核である秘密鍵をサービス提供者が管理しているタイプのウォレットです。このようなタイプのウォレット・サービスを日本で提供する場合は、改正資金決済法の定められているとおり暗号資産交換業としての登録が必要です。 一方、初期セットアップが必要なライトニング搭載ウォレットはノンカストディアルと呼ばれるタイプのウォレットで、ユーザー自身でビットコインの秘密鍵を管理するタイプのものです。こちらの記事にはカストディアルとノンカストディアルのウォレット一覧が記載されているので興味がある方はのぞいてみて下さい。 さて、カストディアル・ノンカストディアルには、どちらもメリットデメリットがありますが、ユーザー資産の保護という観点ではどちらが良いのでしょうか?これも一朝一夕には答えられない問題で、例えばITリテラシーが高くない人がノンカストディアルウォレットを使った場合、秘密鍵を無くす可能性があります。このような場合はカストディアルウォレットの方が良いのかもしれません。一方、カストディアルウォレットの場合、サービス提供者がユーザーの鍵を管理しているので、攻撃対象にされる可能性が高まります。これは相次ぐ仮想通貨取引所のハッキング事件を見れば明らかです。 ユーザビリティの観点ではカストディアルウォレットの方が圧倒的に良いのですが、セキュリティや法規制の観点ではノンカストディアルウォレットを選ばなければなりません。ただそうなるとユーザビリティの低下によりユーザーが使ってくれない可能性があります。このようにユーザビリティとセキュリティはトレードオフの関係にあることが分かると思います。 しかし、ノンカストディアルウォレットでもカストディアルとほぼ同等なユーザビリティを保つように工夫をしているウォレットがいくつかあります。以下はノンカストディアルウォレットなのですが、いくつか際立ったユーザビリティ向上の仕組みが使われているので、簡単に紹介したいと思います。 BLW:Hosted Channel

ライトニング搭載ウォレットのユーザビリティについて

『百鬼夜行絵巻』(伝土佐光重筆本の模写) Hyakki Yakō Emaki

この動画を、メタバース(仮想世界)のなかにある、図書館に展示してみました。https://wisdommingle.com/?p=24705#jump_200322a 『百鬼夜行絵巻』(ひゃっきやこうえまき)という名前で呼ばれる絵巻物は、複数あります。 この動画でご覧いただいている『百鬼夜行絵巻』の絵図は、それらの複数の『百鬼夜行絵巻』のなかの、「伝土佐光重(とさみつしげ)筆本」と呼ばれる絵巻物を、模写してつくられた絵巻物です。 ここで言う、「伝土佐光重筆本」というのは、日本の南北朝時代の絵師(画家)である、土佐光重(とさみつしげ)という人が絵図を描いたと伝えられている『百鬼夜行絵巻』のことです。「土佐光重が、筆で描いたと伝えられている絵巻物である」というところから、「伝土佐光重筆本」などといった名前で呼ばれています。 この動画でご覧いただいている『百鬼夜行絵巻』は、その土佐光重が描いたと伝えられている『百鬼夜行絵巻』の絵図を、模写してつくられた絵巻物です。 この動画は、『百鬼夜行絵巻』の全体像を見てもらうことができるようにするために、『百鬼夜行絵巻』の絵図の全体を、はじめのところから、おわりのところまで、ゆっくり横にスクロールさせていくことで、この絵巻物の全体像を見てもらうことができるようにした動画です。 この動画を、Cryptovoxels (クリプトボクセルズ) のメタバース(仮想世界)のなかにある、ごちゃまぜ図書館 (Mingle Mangle Library) に展示してみました。 もし興味があれば、ぜひ仮想世界のなかの大画面で、この動画をながめてみてください。 くわしくは、こちらhttps://wisdommingle.com/?p=22918#jump_200322a ▼ごちゃまぜ図書館 (Mingle Mangle Library)Cryptovoxels (クリプトボクセルズ)<a href="https://www.cryptovox

『百鬼夜行絵巻』(伝土佐光重筆本の模写) Hyakki Yakō Emaki

デジタル署名~シュノア署名とECDSAの比較~

はじめに デジタル署名はビットコインには欠かせない暗号技術の1つであり、その署名方式には楕円曲線DSAが使われています。また近いうちに新しいデジタル署名「シュノア署名」がビットコインに実装される予定です。今回は、既存の署名方式である楕円曲線DSA(以下、ECDSAと称す)とシュノア署名の署名と検証方式を比較し、シュノア署名がECDSAとどう違うのかを見ていきます。 デジタル署名 デジタル署名とは、秘密鍵を使って任意のメッセージを署名し、第三者がそれに対応する公開鍵を使ってその署名を検証することで、そのメッセージが秘密鍵を持っている本人によって署名されたことを認証するための仕組みです。以下の図はIPAが公開しているデジタル署名の概要図ですが、IPAのサイトではデジタル署名やPKIについて網羅的かつ簡潔に解説しているので、興味のある方はのぞいてみて下さい(リンク先はこちら)。 ビットコインでは、コインの所有者を証明するためにこのデジタル署名を活用しており、そのデジタル署名をECDSAといいます。ビットコインはこのECDSAという署名方式を採用していますが、近年ビットコインは新しい署名方式を採用しようとする動きがあるのをご存知でしょうか。そのデジタル署名は「シュノア署名」と呼ばれており、ECDSAにはない特性をもっており、その特性を活かすことでビットコインのセキュリティやプライバシーの向上、検証処理の効率化などが期待されています。シュノア署名はビットコインにとって重要な要素で、スケーリング問題やプライバシーの向上にとって欠かせない技術なのです。シュノア署名の解説サイトは多々あるので、署名自体の解説や導入メリットはそれらに譲るとし、ここではシュノア署名と現状のビットコインの署名方式であるECDSAの違いについて見ていきたいと思います。 ECDSAによる署名と検証 ECDSAの署名は以下のように秘密鍵、公開鍵などを入力とし、計算1の演算をすることで、署名(r, s)を出力します。 ECDSAの署名過程 ----------------------------------- 秘密鍵    k 公開鍵    P = k * G メッセージ  m ランダムな値 z        R = z * G RのX座標  r --------

デジタル署名~シュノア署名とECDSAの比較~

自然と心の内面

ここ最近、と言っても夏が到来するころからですが、深夜にジョギングへ行くようになりました。走り出す時は必ず月を探すのが習慣になっています。月を眺めていると、神秘的な世界へ連れ込まれたような気持ちになり、つい月を追いかけどこまでも走り続けていけそうな思いに駆られます。 普段は川の堤防沿いを走るのですが、その夜の暗闇の中を、黄色く神々しい月明かりが、僕の足元を照らしてくれます。手を伸ばせば届きそうなほど、月は近くに感じられ、すぐそこに存在しているようなとてもリアルな感じを受けますが、ふと我に返った瞬間、月とは巨大な石で地球の周りを回っている衛星だという客観的観念が沸き起こるのです。月の光は、それ自身が光を発しているのではなく、太陽の光が反射して、その光が僕らの眼に届き、月としての実像として認識している、そのような考えが生じてしまいます。 さて上で述べたことは俗にいう、主観と客観という言い方がされます。月が綺麗だ、手に届きそうだといった観念は主観的で、一方、地球の周りを回っている大きな石は客観的事実です。言い方を換えると、前者は心の内側で、後者は心の外側で生じる事実です。 子供の頃は、心の内面で生じる事実の方が、心の外側で生じる事実よりも、よりリアルで力強いもので、強く記憶に残っています。しかし、人が成長するにつれ、僕らは社会との関わりや役割、責任が増し、心の外側で生じることに日々多忙を極めています。事実とは何か、実在とは何かを考える時、つい心の外側について考えてしまいがちですが、心の内面で生じる気持ちをもう少し大切にし、自らの手ですくい取っていきたいと思いました。

100

小林秀雄「個性と戦う」

前回の記事を書いてから小林秀雄について興味を覚えたのでYoutubeで検索したら、氏の講演を録音したものがいくつかアップされていました。その内の1つに「個性と戦う」というものがあったので、それを聞いてみて感じたことがありました。以下はその録音音声です。 本講演では画家ゴッホを取り上げて、芸術家はそれぞれの個性と戦い、個性を乗り越えた先にある自己を表現することだと話しています。 ゴッホほど個性に苦しみ続けた画家はいないのではないでしょうか。ゴッホは自我が強く、また精神的な病気(これも彼の個性ですが)を患っていました。それを一番よく理解していたのはゴッホ自身でしたが、そんな彼は、絵画を通して自分の感情を表現しようと、生涯個性と戦い続けて画家でした。 小林秀雄は言います、芸術家はみな個性を表現しようと躍起になっているが、あんなものは個性でも何でもない、本当の個性とは辛く苦るしいものであり、それを乗り越えたものが真の個性だ、と。ゴッホは個性と戦い続け、苦心しながら乗り越えたからこそあの芸術的な絵画が生まれたのです。 芸術家というのは、皆それぞれ何かを表現しようとする時、呻きをあげならが個性と戦い、それを乗り越えることで真の個性として絵画や小説を作り出すのだということを感じました。

小林秀雄「個性と戦う」

常なるもの

「ドストエフスキイの生活」を最近読み、ふと小林秀雄の「無常という事」を思い出したので、読み直してみたら改めて感じたことがあったので、今それについて書いています。僕は小林秀雄については殆ど知識もなく、日本を代表する評論家ぐらいのことしかしらないのですが、偶然かどうかここ最近彼の著書をいくつか読む機会がありました。 自分はもともと読書をする習慣はなかったのですが、ある人物を知りたいと思うことで、その人物の本を読むという習慣がつきました。最近、知りたいと思った人物は近代絵画の父と呼ばれるポール・セザンヌ。セザンヌの絵画への傾倒は凄まじいものがあることを知り、セザンヌについて調べているうちに小林秀雄著「近代絵画」を読むに至りました。また僕はドストエフスキーについて以前から興味があり色々読んでいましたが、これまた小林秀雄著「ドストエフスキイの生活」をごく最近読む機会がありました。 ドストエフスキーは実存主義(人間は生きる目的を自ら見つけていく生き物)とよばれる思想をもつ人物でもありますが、それは生涯彼が考え書き続けてきた「人間とは何か?自己とは何か?」をテーマとした作品をみれば明らかなことです(例えば初期の「貧しき人々」から「地下室の手記」は一人称形式で書かれた小説であり、自己の内面を見つめあぶりだすためにとった手法だと思われます)。「ドストエフスキイの生活」の「罪と罰」についての章では、「罪と罰」の表題について作者は何も語らなかったが、その表題について小林秀雄はこう言って終わっています、「すべて信仰によらぬことは罪なり」(ロマ書)と。後年のドストエフスキーは「神の存在問題」について「カラマーゾフの兄弟」を代表とするさまざまな傑作を描き続けてきました。しかし、やはりドストエフスキーが導き出した答えは「すべて信仰によらぬことは罪なり」であったと思わずにはいられない、そんなことが感じられる本でした。 この本を読んで、ふと彼の有名なエッセイである「無常という事」について思い出したので、本棚の奥に眠っている「無常という事」を引っ張り出してきて改めて読んでいたのは、冒頭でも述べたことですが、この「無常という事」は、人は生まれてやがて死んでいく、この世は無常だが、常なるもの・永遠なるものも存在している。その永遠なるものとは、僕らのかけがえのない思い出であったり、信仰心であり、常なるものは心の中に存在するものだ、ということを謳ったエッセイです(と僕は感じました)。現代社会に生きる僕らはその常なるものを見失い、無常なるモノを追いかけ続けているのではないか、そんな風な批評さえ感じます。本エッセイの冒頭は、鎌倉時代の短文を集めた「一言芳談抄」とよばれる書物の一部の紹介から始まっていますが、それは、古人は念仏を歌ったりあの世を信じていた、そんな時代があったことを感じさせてくれます。 「ドストエフスキイの生活」、「無常という事」を読んで得た共通点は、昔は常なるものを理解していた、心で感じていた人々が、現代より多くいたということです。経済が発展して物質的にとても豊かになった現代社会ですが、その反面、精神的に貧しくなったように感じることがあります

常なるもの

ライトニング決済でVPSサービスを使ってみよう

bitcloudsはライトニング決済でbitcoindやc-lightning、ubuntuなどのインスタンスを購入できるVPSサービスです。今回はSpotlightのポイント決済でbitcloudsのVPSサービスを購入し、ubuntuを立ち上げる方法を紹介します。基本的にはコマンドでの操作となりますが、至ってシンプルなので、興味のある方は是非試してみてくだっさい。有料部分のおまけではGitHubに公開されているWebサービスをデプロイしブラウザからアクセスするまでを解説してあります。 目次 1.インスタンス一覧の取得 2.インスタンスの購入 3.インスタンスへのログイン 4.インスタンス利用時間の追加購入 5.Webサービスをデプロイ(おまけ) まとめ 1.インスタンス一覧の取得 以下のコマンドで生成できるインスタンス一覧を取得できます。今回lightningdやbitcoindを立てようとしたのですが、上手くいかずサポートへ問い合わせたら、インスタンスイメージが古いらしく現在使用不可とのことでした。なので、今回はubuntuのインスタンスを購入して起動するまでを紹介します。 $ curl -s https://bitclouds.sh/images { "images": [ "debian", "centos", "ubuntu", "bitcoind", "lightningd", "rootshell", "vpn", "pay2exec" ] } 2.インスタンスの購入 以下のコマンドでubuntuのインスタンスを生成します。そうするとホスト名(今回の例ではfuyue-420となってます)とインボイスが取得できます。普通ならこのインボイスをライトニング決済するのですが、今回はSpotlightのポイント決済でこのインボイスの支払いをしました。 $ curl -s https://bitclouds.sh/create/ubuntu { "host": "fuyue-420", "paytostart": "lnbc4200n1p04tnkgpp5920ny985xeflwshvqj6wfmmqyfhqgxcc5394fl2zg9teggg0x66qdp9gf5hgsmvda6kguewwd5r5grxw4uh2efdxserqxqr8pqcqp2sp5ac5lcld4ruepavcxvejw454tecpq3c0esngfju6qf

ライトニング決済でVPSサービスを使ってみよう
100

Reckless広告

掲載方法はこちら

おねだり中のユーザー