総額1Bitcoin プレゼントキャンペーン
自宅学習のおかげで、学校教育のアナログぶりが見えてきた。

自宅学習のおかげで、学校教育のアナログぶりが見えてきた。

アイキャッチ画像をご覧になって、これが何がお分かりでしょうか? はい、地図記号ですね。   我が子の自宅学習で、社会の勉強に付き合ったときのこと。 スタディエッセンスの動画を一緒に見たのですが、そこでこの地図記号が出てきました。 なんて懐かしい!   でもね・・・いつも難癖をつけてばかりでアレなんですが、地図記号なんて、いまどき習う必要があるのかな?・・・とも思いましてーー。 なんというか、学校というもののアナログ感を、最近

いくつかchannelをopenしてみた - らいとなにんぐとねっとなわーく

今日もLN活動メモを書きます。   # loopを起動するためlndを再度make loopを使うにはlndをtags付けてmakeする必要あり > make install tags="signrpc walletrpc chainrpc invoicesrpc" 無事にloopが使えるように!(loopの出番はまだなし)   # モバイルウォレットを試す lnurlについてわかりやすくまとまった記事をちょうどタイムリーに読んだ(感謝) lnurlに対応したlappsを一通り試してみたくなり迷った末、BLWをインストール BLWにBTCを

いくつかchannelをopenしてみた - らいとなにんぐとねっとなわーく

「スタディエッセンス」は、さいたま市で終わりにしよう。

しつこいようですが、今回もこの話題です。 さいたま市教育委員会が始めたオンライン授業「スタディエッセンス」。 前回の記事では、初日からその内容のひどさに呆れ果て、怒りを吐露してしまいました。   前回記事▶︎助けてくれ。「スタディエッセンス」のガッカリ感に打ちのめされた。   さて、その前回記事でも触れましたが、11日の夜に市教委からメールがまわりました。 「御礼」で始まるそのメールで

「スタディエッセンス」は、さいたま市で終わりにしよう。

インフレ気味になったときに、今の日銀に金融引き締めができない理由

まず、金融が引き締しまる仕組みを簡単に書いてから、なぜ、その引き締め方法ができないのか説明します。   まず日銀の金融引き締めには3種類あります。 一つ目は、日銀から普通銀行への貸し出し金利を上げることです。 二つ目は、普通銀行が日銀に預けている日銀当座預金に付利することです。 三つ目は、日銀が保持する国債を売却することです。   一つ目の、日銀から普通銀行への貸し出し金利を上げる方法は日銀からの金利が高くなると、日銀から借りずに、普通銀行同士で借りようとします。すると銀行同士でお金を借りる需要があがり金利が上がります。銀行同士ですらその金利なのに、そ

インフレ気味になったときに、今の日銀に金融引き締めができない理由

確信はないがLNノードを育てておきたい - らいとなにんぐとねっとなわーく

「今からLNノードを育てておくと数年後にいいことがあるかもしれない。」 まったく確信はありませんが、上記の理由でLightning Networkに関する情報を収集しています。 Lightning Networkは今後も個人が活動できる可能性のある領域だということも理由の一つです。   今からLNノードを育て、投資対象としてのLightning Networkという視点で可能性を模索したいと考えています。   もちろんノードからの収益で大きな利益を得ることはそう簡単ではないでしょう。 ノードを保有することで、将来支払うことになるオンチェーンの手数料を減らすことができるかもしれません。</

確信はないがLNノードを育てておきたい - らいとなにんぐとねっとなわーく

助けてくれ。「スタディエッセンス」のガッカリ感に打ちのめされた。

子供用のオンライン学習サービス「スタディエッセンス」ーー。 そんな言葉の響きから、皆さんどんな印象を受けるでしょうか? まるで新しいアプリか、ネットサービスような印象を受けるのではないでしょうか。   なんとこれ、さいたま市教育委員会の取り組みなのです。 新型コロナウイルスによって休校措置が続く中、子供たちの学習の機会の確保が課題になっています。 そこで、さいたま市教委では、「<span

助けてくれ。「スタディエッセンス」のガッカリ感に打ちのめされた。

【和訳】Mimblewimble explained like you’re 12

これはミンブルウインブルと呼ばれる暗号資産の送金情報を秘匿するためのプロトコルについての記事を、翻訳したものです。出典元はここでBEAMとよばれるプロジェクトを参考に解説してあります。ミンブルウインブルはBEAMやGrinまたLitecoinで活用されるプロトコルですが、その仕組みについて12才の子供でも分かるような解説があったので、ここに翻訳することを決めました。より多くの人に暗号資産の面白さが伝わればと思います。 ~~本文~~

【和訳】Mimblewimble explained like you’re 12

酒呑童子の赤い鬼瓦(?): 比叡山延暦寺の根本中堂の屋根にある酒呑童子のような色をした赤い鬼瓦

(この上の動画の 1:20~ 現在の根本中堂の赤い鬼瓦の映像) ぼくはいま、酒呑童子(酒天童子)の伝説について研究しているのですが、酒呑童子(酒天童子)の伝承を構成する重要な要素のいくつかは、比叡山延暦寺に代表される天台教団(天台宗の教団)がつくったといわれています。(<a href="http

酒呑童子の赤い鬼瓦(?): 比叡山延暦寺の根本中堂の屋根にある酒呑童子のような色をした赤い鬼瓦
総額1Bitcoin プレゼントキャンペーン

おねだり中のユーザー

おねだり中のユーザーはまだいません。

Reckless広告

掲載方法はこちら