名前
サムネイル

悪の存在論

児童虐待、いじめ、セクハラ、パワハラ、強姦、強盗、殺人と数えたらきりのない犯罪

名前

神がなければ、すべてが許させる

  神がなければ、すべてが許させる ドストエフスキーのこの言葉、この意味について考えてみた。 この言葉は、実際にドストエフスキーが書いた言葉ではないのだが、著書「カラマーゾフの兄弟」の中の様々なシーンで、「すべてが許される」という言葉が使われている。また、前後の文脈からは以下のような言葉も発言されている。 「人類から不死に対する信仰を根絶してしまえば、(中略)すべては許される」 「不死がなければ、善なんてないんです」 不死という言葉が使われているが、不死=神と解釈することができる(不死

名前
サムネイル

ここいらでちょっと一休み~でも貨幣って何だろう?

こんばんは、和尚です。 なんだか暑い日々が続きますね。 さて、今日愚娘に明治維新のことを教えておりまして、 そこに岩倉具視さんがちらりと出てきましたゆえ、そういえば500円札ってあったよなあとかとか思い出して、ちょっと信用創造にも疲れてきましたので、こういう話題を。 なんだか1万円札廃止論とかでてきている一方、 それを否定するような新紙幣の発行発表とかあったりして、日本もぐらぐらと一定しない「貨幣」政策を行っているなあーとか生暖かい目で見ております。 さて、今回の話題は、この写真の500円札、いったい今古銭相場でいくらだと思われます? この話題に絡め

名前
サムネイル

お金がないのに支払できるの?~信用創造の罠vol.1

こんばんは、紫雲和尚です。 前回は、銀行にはお金がねーよ!という話をしましたが、 今日は、そんなんでお金を払ってもらえるのかよ?というお話。 実際、店頭で 「ねえ、今日1億円とある会社から振込受ける予定だけど、現金で全部出せる?」 って窓口のおねーちゃんに聞いてごらんなさい。 多分、「そんなに現金はありません!」 ていうか、身分証明やらなんやらの話をされて拒否られることになりますね。 さーーて、こんなんで大丈夫なの?というそういうお話です。 続きは、有料部分にて・・・。

名前
サムネイル

銀行にはお金がない?~信用創造の罠、イントロダクション

こんにちは。和尚です。 昔の名前で出ています、ではないけれどこの名前で記事書くの久しぶりです。 さて、本件もSatoshiをいただいたので、しめしめ投稿ができる、と思ってしこしことこうして書いている次第ですが、そのコインの話題をば。 ここで、質問です。 例えば、●●銀行とかの決算を見ると「預金量5兆円」とか書いてありますが、 あれって、本当に銀行の金庫にお金が寝ているんでしょうかね? 例えば、全預金者が「今すぐお金を引き出したい」という感じで窓口に行ったら 払い戻し可能なんでしょうかね? 過去、昭和金融恐慌という事件がありました。 さ

名前
サムネイル

MMT(現代貨幣理論)とは?

最近、巷で聞くMMTとは何か?「日本の未来を考える勉強会」ーよくわかるMMT(現代貨幣理論)解説ー平成31年4月22日 講師:評論家 中野 剛志氏の動画を拝聴したので、以下に纏めてみました。 MMTとは 現代貨幣理論の略で、「財政赤字では国は破綻しない」と説き

名前
サムネイル

AWSのお勉強会にいってきました

目黒にあるAWS。 エレベーターがダンボールデザインでかわいい。 先日、JAWS-UG 初心者支部の方々にAWSのお勉強方法を教わってきました。 なぜAWSを勉強した方がいいのか 少ない時間で環境が作れる 一人でできることが増える ciscoやload balancerなんぞ触らんでもいい むかーし、ロードバランサーの構築なんかをベンダーに数千万でお願いしたりしていましが、先月AWSハンズオンで、個人でチョチョっと設定しただけでロードバランサーが組めちゃう体験をして、かなりビビりました。 惚れてしまいそう〜、AWS AWSの勉強の仕方は まずは、触る! Black Belt をみる 公式ドキュメントを読む AWSのトレー

名前
サムネイル

フレンズを見て楽しく英語マスター

今回はドラマFriendsを見て勉強するのにとてもすばらしいブログを2つご紹介します。シットコムで笑え!海外ドラマ「フレンズ」英語攻略ガイド というブログです。シーズン1から各エピソードごとの場面をピックアップし、英語の解説と、アメリカンジョークを楽しむ為のバックグラウンドなど詳しく記載されており、読み応えのあるブログです。私もこのブログを参考にFriendsで英語の勉強をしました。もう一つ、重要で頻繁に登場するフレンズで使われるイディオムやスラングを覚えるために<a

名前
サムネイル

憲法9条と三島由紀夫

憲法改正に関して、世論はどのように思っているのか?今までそこまで真剣に考えたことがなかったが、ちょっとしたきっかけで調べてみた。 あるメディアによれば憲法に関して「世論の6割は何らかの改正が必要」だと考えているらしい。安倍内閣も憲法改正が公約ではあるが、その内閣が出した草案では、「9条は現状維持として、自衛隊に関する条項を追記する」というものであった。 しかし、私たちはそもそも『憲法改正の目的』をしっかりと考える必要があるのではないであろうか? 以下は、三島由紀夫の9条2項に関する意見である。 <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/oSYZvXu_wlM" framebord

名前
サムネイル

『死に至る病』を読んで

キルケゴールの『死に至る病』を読んでみた。 死に至る病とは、「絶望」のことであるが、本書ではその絶望が3種類あると述べられている。 自己を持っていると意識していない場合の絶望(無知の絶望) 自己自身であろうと欲しない場合の絶望(弱さの絶望) 自己自身であろうと欲する場合の絶望(強情) 1の絶望はニーチェのいう「おしまいの人間(末人」のことである。また、カフカの『変身』においては、ザムザが虫になったにも関わらず、そのことには目もくれず、会社へ行けるか・家族を養って行けるかを心配している状態が、無知の絶望である。 2の絶望は、夏目漱石の『こころ』における、先生が叔父の裏切りによって堕ちた絶望である。なぜなら、先生は被害者として裏切られた事実に依存しているからである。 3の絶望は