MakerDAOと信用創造の考察

MakerDAOと信用創造の考察

はじめにMakerDAOはETHを担保にステーブルコインDAIを発行・貸し出すことができるレンディングプラットフォームですが、今回はDAIを使って信用創造が可能かについて考察してみます。 信用創造の定義信用創造・貨幣創造については様々な議論や論争が繰り広げられてきており、解釈・定義はいくつかあると思います。今回は2つの信用創造の定義を以下に引用します。 定義① 信用創造とは、銀行は集めた預金を元手に貸出しを行っているのではなく、銀行が貸出しの際、借り手の預金口座に貸出金相当額を入金記帳することで、銀行保有のベースマネーといった原資を事前に必要とせずに、何もないところから新たに預金通貨を生み出すことである(Wikipedia) 定義② 銀行などの金融機関が本源的な預金を貸し出し、その貸出金が再び預金されてもとの預金の数倍もの預金通貨を創造すること。(デジタル大辞泉)   ここで、「信用創造」という言葉は英語ではなんと呼ばれているか知っていますか?英語では「Money Creation」と言われています。直訳すると「貨幣創造」なんですね。以前、私の記事でも紹介したイギリス中央銀行の「Money creation in the modern economy」では、「現代の貨幣制度では貸し出しによって預金が生まれる」と解説されていました。これは定義①に当てはまります。 また、皆さんはゴールドスミス・ノートというのをご存知でしょうか?17世紀半ばに金匠が金を預かる際に預り証(ゴールドスミス・ノート)を発行し、これがお金として流通したのが紙幣の始めだとされています。さらに、この金匠は、預かった金以上の預り証を発行しても皆が一斉に引き出さなければ問題がないのでは?と気づきます。そして、実際の金以上の預り証(負債証券)を発行して貸し付けたのです。これが部分準備預金制度に基づく金本位制「信用創造」の始まりとされています。この話も原資が必要ではありますが定義①に当てはまりそうです。 現在の通説は、定義

『百鬼夜行絵巻』の動画やトークン(NFT)を、メタバース(仮想空間)につくった図書館に展示してみ

『百鬼夜行絵巻』の動画やトークン(NFT)を、メタバース(仮想空間)につくった図書館に展示してみ

『百鬼夜行絵巻』〔伝土佐光重筆本の模写〕〔全体〕 (出典)   『百鬼夜行絵巻』〔伝土佐光重筆本の模写〕〔全体〕 (出典)   先日、Cryptovoxels(クリプトボクセルズ)というメタバース(仮想世界)のなかにある、仮想都市オリジンシティのなかに、ごちゃまぜ図書館 (Mingle Mangle Library) という図書館をつくりました。 その図書館のなかに、『百鬼夜行絵巻』(ひゃっきやこうえまき)という絵巻物の、動画や、絵図の画像や、絵図の画像をNFT(ノンファンジブルトークン)にしたものを展示してみました。 この上の動画と画像で見ることができる絵巻物が、『百鬼夜行絵巻』です。 この下の写真の右側に写っているのは、<a href="https://www.cryptovoxels.com/play?coords

仮想都市Decentralandをめぐる、わくわくドキドキな、メタバース探検ツアー☆

仮想都市Decentralandをめぐる、わくわくドキドキな、メタバース探検ツアー☆

【倍速ダイジェスト版】Decentraland探検ツアーの映像 【フルバージョン】Decentraland探検ツアーの映像 今回は、Decentraland(ディセントラランド)という名前の、ブロックチェーントークン(NFT)を活用した仮想空間(メタバース)を提供しているウェブアプリケーションを、紹介したいとおもいます。   (※このページに書かれている内容は、こちらのワードプレスブログの記事の内容の一部分です。そちらの記事の内容を、一度にすべて掲載することができませんので、何回かに分けておつたえしています。)   大もくじ(このページを含む一連の記事の全体のもくじ)のページhttps://spotlight.soy/detail?article_id=rp8vqi5ir 小もくじ(このページ内のもくじ) ● Decentraland: たくさんの芸術作品がある美術館地区や、ショッピングモールや、寺社仏閣がある仮想都市(メタバース)  ・ 参考: Decentralandの始め方&操作方法の説明  ・ 仮想都市Decentralandをめぐる、わくわくドキドキな、メタバース探検ツアー☆     いろいろな芸術作品が展示されている美術館地区: ミュージアム・ディストリクト(Museum District)<br /

メタバースに図書館建ててみた 仮想都市Cryptovoxelsではじめる異世界トークンエコノミー

メタバースに図書館建ててみた 仮想都市Cryptovoxelsではじめる異世界トークンエコノミー

新大陸メタバースに図書館建ててみた☆: 仮想都市Cryptovoxelsではじめる異世界トークンエコノミー パンクス地区(Punks)仮想都市オリジンシティ(Origin City)Cryptovoxels(クリプトボクセルズ) Cryptovoxelsの仮想都市オリジンシティ探索ツアーの映像(倍速ダイジェスト版) 今回は、Cryptovoxels(クリプトボクセルズ)を紹介したいとおもいます。 Cryptovoxelsというのは、ブロックチェーントークン(NFT)を活用した仮想空間を提供しているウェブアプリケーションです。 Cryptovoxelsの仮想都市オリジンシティのなかにある、土地・建物や、そこにかざられている絵画や芸術作品などは、NFT(ノン・ファンジブル・トークン)になっています。それらの、土地・建物や、絵画などのトークン(NFT)は、売買することができます。 ですので、自分の土地を買って、そこに自分の好きなように建物をつくってそのなかに、自分の好きな絵画や芸術作品をかざる、ということもできます。 また、Cryptovoxelsの仕組みをうまくつかえば、この仮想都市のなかで、人を集めてイベントを開催することもできるかもしれません。 CryptovoxelsのウェブサイトCryptovoxels - Ethereum Virtual Worldhttps://www.cryptovoxels.com   (参考記事)The Enchanting World of Crypto Art and How to Be a Part of it<a href="https://blog.lumiwallet.com/the-enchanting-

仮想商店Conataの、3Dバーチャルコレクションルームで、自作のNFTをながめてニンマリする

仮想商店Conataの、3Dバーチャルコレクションルームで、自作のNFTをながめてニンマリする

仮想商店Conataの、VRの3D空間のようなバーチャルコレクションルームで、所有しているNFTをながめてニンマリする Conata(こなた)のなかにある、筆者の「マイルーム」 Conata(こなた)のなかにある、筆者の「マイルーム」・・・から、外へダイブ!(o≧ω≦)O 仮想商店Conata(こなた)(此方(こなた))のウェブサイト あなただけの、バーチャルコレクションルームバーチャルに生きる人のための仮想商店「Conata」。Conataで購入したグッズは世界で唯一無二のあなたのデータ。さぁ、「異なる世界線」を旅してあなただけのグッズを集めよう。(出典: 「Conata World」) Conataってなに?Conataとは難しく言うとデジタル証明書発行売買所です簡単に言うと仮想商店。Conataではあらゆるデジタルデータを権利保護されたバーチャルグッズとして販売、配布が可能です。後に書きますがConataで発行したアイテムは特殊な機能を持っています。(出典: 「<a href="https://note.com/conata_world/n/n8bf66b569104" ta

世界経済フォーラム2020「トークン資産からトークンエコノミーへ」: 大人も子供も、おねーさんも

世界経済フォーラム2020「トークン資産からトークンエコノミーへ」: 大人も子供も、おねーさんも

「だれでも参加できる、みんなのためのキャピタルマーケット(資本市場)」(出典) 大人も子供も、おねーさんも。   (出典: 『MOTHER 2』のキャッチコピー) the long tail of capital and the long tail of things that are investable with capital is quite large. And it's hard for us to imagine what an efficient global marketplace for that would be. But I think that's where we're trying to point this.〔意訳: 資本市場や、モノの所有権の市場における、「トークン化された資産」のロングテール販売(多品種少量販売)の市場規模と、そこに投資される資金は、とてつもなく巨大なものになるでしょう。現時点では、そのような、誰でも手軽に「トークン化された資産」を売買することができる、世界規模のマーケットプレイス(デジタル市場)が登場するなんて、想像できないかもしれません。ですが、そのような、誰でも参加できる「トークン化された資産」の市場が実現する可能性がある、ということこそが、私たちがお伝えしたいことなのです。〕(出典: ジェレミー・アレール(Jeremy Allaire)の言葉 「トークン資産からトークンエコノミーへ」("<a href="https://www.weforum.org/events/world-economic-forum-annual-meeting-2020/sessions/from-token-a

「海賊王の剣になる前に、勇者ロトが持っていた伝説の剣」: NFTに付加されるストーリーの価値

「海賊王の剣になる前に、勇者ロトが持っていた伝説の剣」: NFTに付加されるストーリーの価値

「海賊王の剣になる前に、勇者ロトが持っていた伝説の剣(つるぎ)」: NFTのブロックチェーンに刻まれたストーリーの価値(感情的価値)が、パラメーターの価値(機能的価値)を超える   「心躍(こころおど)る物語」(出典) 「すべては物語の問題である。 私たちが悩みを抱えているのは良い物語がないからだ。 私たちは一つの物語の終わりと新しい物語の始まりの間にいる。 昔話はもはや機能しない。 しかし私たちはまだ新しい物語を読んでいない。」    (出典: Thomas Berry "The New Story" (日本語訳の出典).)   よい物語とはもちろんすべて絵と思想からなる。それらがよく混ざりあうほど、問題はうまく解決する。   ヘンリー・ジェイムズ「ギ・ド・モーパッサン」(出典: アルベルト・マングェル「物語と絵: ありふれた鑑賞者」の<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%

NFT(ノンファンジブルトークン)ってなに?どういう意味?NFTの資産価値ってなに?

NFT(ノンファンジブルトークン)ってなに?どういう意味?NFTの資産価値ってなに?

自作したNFT(ノン・ファンジブル・トークン)の実例(Mingle Mangle Studio (ごちゃまぜ工房) on OpenSea)   (※このページに書かれている内容は、こちらのワードプレスブログの記事の内容の一部分です。そちらの記事の内容を、一度にすべて掲載することができませんので、何回かに分けておつたえしています。)   大もくじ(このページを含む一連の記事の全体のもくじ)のページhttps://spotlight.soy/detail?article_id=rp8vqi5ir 小もくじ(このページ内のもくじ) ● NFT(ノン・ファンジブル・トークン)ってなに?    ノン・ファンジブル・トークン(Non-Fungible Token)って、どういう意味?        「token」(トークン)って、どういう意味?        「fungible」(ファンジブル)って、どういう意味?        「non-fungible」(ノン・ファンジブル)って、どういう意味?    NFTの「資産価値」って、なに?    自分なりに、NFTを一言で表現すると・・・    NFT(ノン・ファンジブル・トークン)ってなに?  

NFT(ノンファンジブルトークン): ブロックチェーンによるトークンエコノミーとみんなの資本市場

NFT(ノンファンジブルトークン): ブロックチェーンによるトークンエコノミーとみんなの資本市場

NFT(ノンファンジブルトークン)をつくって「値打ちのあるもので、ファンと、たのしく!」: ブロックチェーンによるトークンエコノミーと、みんなのためのキャピタルマーケット(資本市場) 「だれでも参加できる、みんなのためのキャピタルマーケット(資本市場)」 (出典) 自作したNFT(ノン・ファンジブル・トークン)の実例(Mingle Mangle Studio (ごちゃまぜ工房) on OpenSea) (<a href="https://opensea.io/assets/0x

「分かちあえば、ほかの人もまた、いいことを教えてくれるだろう。そうすれば、みんながよくなる!」

「分かちあえば、ほかの人もまた、いいことを教えてくれるだろう。そうすれば、みんながよくなる!」

『大日本仏教全書』や、『群書類従』、『近江輿地志略』、『大正新修大蔵経』などなどの、たくさんの人たちの、たくさんの叡智を積み上げることでつくられた、すばらしい本の数々に触れていると、「この社会って、めちゃくちゃすばらしいところだな!!!」とかんじます。(o≧ω≦)O これらの本は、その内容が電子データとして公開されていて、インターネットで誰でも自由に閲覧することができるようになっています。 そうした、「みんなの力をあわせてつくったものを、みんなでわかちあう」という現象にふれていると、こころの奥底から熱いものがわきあがってきて、胸のBPMが高鳴りまくってしょうがない、やる気MAXファイヤーな状態になります。 そんなこんなで、興奮冷めやらないかんじなので、そのいきおいで、これらの本の紹介をしたいとおもいます。 また、「みんなの力をあわせてつくったものを、みんなでわかちあう」という現象にふれているときに、胸をよぎる言葉も紹介したいとおもいます。 ■『大日本仏教全書』 『大日本佛教全書』は(…)本文150巻、巻子本10巻、目録1巻として(&helli

おねだり中のユーザー

Reckless広告

掲載方法はこちら