ビットコインをもっと楽しめる映画とドラマ(Amazonプライム)

年間4,900円、月々500円以下で加入できるAmazonプライム。 通称アマプラ。 皆さんご存知の通り、コスパ最強。 何ができるって ・アマゾンで購入したものの配送料金が無料 ・200万局聞き放題のAmazonPrime Musicが無料 ・漫画・小説・専門書の一部が無料読み放題のAmazon Prime Readingが無料 ・・・etc そんなAmazonプライムには動画配信サービス(Amazon Prime Video)もついています。 まだ登録されていない方はこれを気に是非登録してみてください! Amazon Prime Videoにはビットコイン関連の映画やドラマがあります。 今回はビットコインをもっと楽しむことができる映画・ドラマを3つご紹介します。 *2021年3月5日現在Amazon Prime Videoにて無料の動画です。 マジックマネー まずはビットコインをドストレートで説明してくれるドキュメンタリー。 2016年に公開されたドキュメンタリーで少し古いですが、世界中の人々がなぜそれほどまでにビットコインに夢中になるのかを知ることができます。ビットコインは法定通貨を稼ぐための投機対象ではありません。自分たちを守るための手段なのです。またSpotlight一周年記念のプレゼント対象である悟コインも紹介されています。 ちなみにAmazon Prime Videoに書かれているこの動画の紹介文は意味不明です。 Amazon Prime Video紹介文 ヘッドラインに世界的な金融不安が日常的に増えているため、銀行から金銭を奪う人が増えています。 Bitcoinは唯一の方法ですか? マジック・マネーは、私たちのお金の支配がグローバルな機関から取り除かれ、私たちに返還される未来を描きます。 アイ開口! スタートアップ 天才プログラマーが作る仮想通貨から始まるベンチャー企業のドラマです。 主人公が作るGenCoinは、銀行口座を作ることができない人々がスマホだけで決済できる仮想通貨として紹介されます。このコンセプトを元に資金調達に奔走する主人公ですが、残念ながらアメリカのベンチャーキャピタルからは中々受け入れられません。一方、GenCoinが爆発的

フリースタイル・モナカード

つぶやき。ぽえむ。 SNS で「属性的には他のコインかな」と思っていた絵師さんがモナパーティに興味を持っていただいているのを見るたびに、眼福が過ぎて、ちょっと明日も頑張って生きてみようかな、とか思います。具体的な絵がなくても、眼福。モナカードが伴ったなら、圧倒的な眼福。 モナカードの審査に無職業者BOTは関与していないので、本稿は、つぶやき放言だから許される無責任な雑感だと前置きした上で。 モナコイン以外の推しチェーン(推しコイン)を題材にしたモナカードが、もっとフリースタイルに登場しても良いのではないかなぁとか思ったりもします。 現状、モナコインちゃんはテッパンのコンテンツですが。ダム擬人化とか、これまたニッチすぎるジャンルが成立し始めているのも観測されています。 BitZeny 系や NEM 系のカードは既に割と存在しますし、無職業者BOTが見落としているだけで他のチェーンのもあるかもしれません。 無職業者BOTとしては、モナコイン以外のチェーンを推すための道具としてモナパーティ(モナカード)を使っていただいても経済合理を満たすのですよ。仮に推しチェーンの露出を増やすための道具でしかなかったとしても、モナコインやらモナパーティ・アセットやらを手にしていただく方々が増えるのですから。たとえ刹那的ですぐに手放したとしても、その方々には体験が残ります。もちろん軸足を残して頂けたなら、もう至高。 推しチェーンで対立する幼稚な時代は、2020 年末までにオワコンになったと思っています。

唯一性と希少性と、デジタル・アセット

つぶやき。 Ⓜ わかり易い例。判りやすい…はず。 無職業者BOTのメンテナンスで出た廃油一缶、電子署名付き。 または 即日売却可能な 100MONA 相当のモナコイン。 欲しいのはどちら? 前者だと即答した読者は、精神科でカウンセリングを受けましょう。あなた酷く疲れているようです。 non-fungible よりも fungible のほうが価格が高くなるなんてのは珍しくありません。 Ⓜ 実際のところ。価格形成の要因を関数として表したとき、確かに希少性はパラメタになりえます。しかし希少性の極限である「唯一性」が価格の根源になるなんてのは、実のところレアケースです。 もちろん、唯一性が価格を高める例は、無くはないです。「一万円札 ゾロ目」みたいなキーワードでweb検索すれば、一万円分の価格が期待された大量発行済みの紙切れでさえ、数万円の高値が付いているのを確認できます。 しかし殆どの場合で、唯一性があってもゴミはゴミです。 価格を高めたければ、無闇に唯一性を持たせるよりも、希少性を高めたほうが戦略として正しい場合もあります。流動性の低い"一品物"は、誰かがガチホしてしまえば、他の人は入手できません。所有者以外には無いも同然です。一方、数が少ないけど入手できなくもない、となれば、所有欲が喚起されるかもしれません。 誰がどんなアセット(トークン)を生成するのか関与する立場にはありませんが、モナカード的なデジタルアートで価格を高めたい場合には、高額少数のアセット生成が、経済合理性から見てバランスの良い感じではないかなと思ったりしています。モナカードの先輩格である Rarepepe は、そんな感じでしたし。 経済史を遡ると、バブルはだいたい rare fungible に対して起こります。チューリップからビットコインまで。 Ⓜ 唯一性を推しつつ高い価格形成をしたければ。 NFT という仕組みだけでは足りず、万人の所有欲を喚起し、流動性を高める仕組みが必要でしょう。典型的には、オークションですかね。古典的なアートビジネスの世界は、長きに渡り生き残ってきただけあって、よくできています。 モナパーティ以外のスマートコントラクト・プラットフォームでは、おそらく NFT のオークションを実現するコントラクトが、そろそろ流行るでしょう。(そしてカモられる情弱が続出するでしょう) ちなみに、モナパーティの標準規格となる(あまりメンテナンスされていないけど)XMPIP には XMPIP-17 としてオークション用途の組込みコントラクトが想定

バッジャー君

Spotlightとは

ビットコインを活用したデジタルコンテンツを配信できるプラットフォームです。
各コンテンツは約1円~からビットコイン決済で販売・購入できるようになっており、読者もクリエーターも楽しく始めることができます。

アカウントを作成
気になる話題を検索

Reckless広告

掲載方法はこちら

人気の記事

おねだり

saeko
saeko

ビットコインがまだ上がると思う人は777ポイントください。そうすれば上がります。そもそもなぜ上がらないのか?それは投げ銭しないからです。金は天下のまわりものですから、投げ銭すれば上がるのです。そう思わなければやっていけません。そういうことです。よろしくどうぞ。

もっとみる