レイダリオ 変化する世界秩序10 第4章 米国とドルのビッグサイクル パート2前編

レイダリオ 変化する世界秩序10 第4章 米国とドルのビッグサイクル パート2前編

レイダリオ 変化する世界秩序1 プロローグ

レイダリオ 変化する世界秩序2 第1章 大局観を簡潔に 前編

レイダリオ 変化する世界秩序3 第1章 大局観を簡潔に 後編

レイダリオ 変化する世界秩序4 第2章 お金・信用・債務と経済活動 前編

レイダリオ 変化する世界秩序5 第2章 お金・信用・債務と経済活動 中編

レイダリオ 変化する世界秩序6 第2章 お金・信用・債務と経済活動 後編

レイダリオ 変化する世界秩序7 変わりゆくお金の価値

レイダリオ 変化する世界秩序8 過去500年の大きなサイクル 前編

レイダリオ 変化する世界秩序8 過去500年の大きなサイクル 後編

レイダリオ 変化する世界秩序9 第4章 米国とドルのビッグサイクル パート1

 

 

 

1945年から現在までの新世界秩序

戦後の典型的な例として、第二次世界大戦の戦勝国、特にアメリカ、イギリス、ソビエト連邦(当時は「ビッグスリー」と呼ばれていた)は、新しい世界秩序を構築するために会議を開き、世界を地理的な支配地域に分割し、新しい貨幣・信用システムを確立した。 フランス、中国、その他の数カ国は、技術的にはこれらの勝利国と肩を並べていましたが、それらの国々はそれほどのプレイヤーではありませんでした。 そして、ドイツ、日本、イタリアは戦争で敗北し、壊れてしまったので、これらの国は主要国でも独立国でもなく、アメリカに従属し、アメリカと同盟を結んでいたのです。 実質的に破綻していたイギリスもまた、アメリカと同盟を結んでいた。 ソ連はアメリカに味方しない有力なライバル大国であったため、同盟国との間で独自の陣営を形成していた。 終戦直後は両陣営の間に比較的良好な協力関係があったが、世界が米国主導の資本主義・民主主義陣営とソ連主導の共産主義・独裁陣営に分かれ、それぞれが独自の通貨・経済システムを持つようになったのには時間がかからなかった。

 

下のグラフは、終戦後の米国、英国、ロシア、中国の総力指数を示したもので、このような大局観が伝わってくる。

 

この話をさらに詳しく掘り下げていきます。

 

戦後の地政学的・軍事的体制

三大国を中心に、ヤルタ会議、ポツダム会議、ブレトンウッズ会議などが注目され、アメリカが支配する資本主義・民主主義国とソビエトが支配する共産主義・独裁国がそれぞれ独自の通貨制度を持って世界を分割した。ドイツは分割され、米英仏が西ドイツを支配し、ロシアが東ドイツを支配していた。 日本はアメリカの支配下にあり、中国は共産主義者と資本家(国民党)の内戦状態に戻った。 第一次世界大戦後、米国が比較的孤立主義を選択したのとは異なり、第二次世界大戦後、米国は経済的、地政学的、軍事的にほとんどの力を持っていたため、世界の主要な指導的役割を担った。

地理的には、米国主導の西欧世界は、米国から西ヨーロッパを通ってドイツに東に伸びており、鉄のカーテンとして知られるようになった分断線に沿って、西ドイツ(米国とその同盟国によって支配されていた)と東ドイツに分割された。 その線の東側、東ヨーロッパとソビエト連邦を通って韓国に行くのは、ソビエトの支配下にあった。 韓国はドイツと同じように、北はソ連、南はアメリカに支配されて分裂していました。 中国は本質的に弱体化し、内戦状態にあったため、上海をはじめとする以前に本土で保持していた地域を取り戻しましたが、香港(ただし、1898年の協定で99年後にその大部分を取り戻すことになっています)と台湾(現在の台湾)を失うことになりました。 中国は当初、ソ連と協力関係にあったが、長くは続かなかった。 一方、アメリカの西から太平洋に行くと、アメリカの支配地域は韓国の南半分まで広がっていました。 大英帝国の支配地域や影響力のある地域は、いくつかの細かい追加を除いて、終戦直後もほとんど変わりませんでした。 地政学的な機関としては、1945年に国連が設立され、アメリカ(ニューヨーク)に置かれ、アメリカが世界の大国であることを反映していた。

思想的には、アメリカ主導の世界は資本主義的で民主的であったのに対し、ソ連主導の世界は共産主義的で独裁的であった。アメリカ主導の国の通貨システムは、ドルと金を連動させ、他のほとんどの国の通貨はドルに縛られていた。 このシステムは40カ国以上の国が踏襲していた。 当時アメリカは世界の金の約3分の2を持っていたことと、経済的にも軍事的にも他のどの国よりもはるかに力を持っていたため、この通貨制度が最もうまく機能し、現在まで続いています。 ソビエト連邦とソビエト連邦のブロックに入れられた国々は、はるかに豊かではなく、はるかに弱い基盤の上に築かれていました。

 

分裂は当初から明らかだった。トルーマン大統領は1947年3月の演説で、現在「トルーマン・ドクトリン」と呼ばれているものの概要を要約した。

 

"世界史の現在の時点では、ほぼすべての国は、生活の代替手段の間で選択しなければなりません。 その選択は、あまりにも多くの場合、自由なものではありません。 一つの生き方は、多数派の意志に基づいており、自由な制度、代表的な政府、自由な選挙、個人の自由の保障、言論と宗教の自由、政治的抑圧からの自由によって区別される。 第二の生き方は、多数派に強制的に押し付けられた少数派の意志に基づいています。 それは、テロと弾圧、統制された報道とラジオ、固定選挙、個人の自由の弾圧に依存しています。 私は、武装した少数派による、あるいは外部からの圧力によって服従させようとする試みに抵抗している自由な人々を支援することが、米国の政策でなければならないと信じている」。

 

国間のガバナンスは、国内のガバナンスとは大きく異なる。国内には統治する法律や行動基準があるのに対し、国間では“力”が最も重要であり、法律、規則、そして国際連盟、国連、世界貿易機関などの相互に合意された条約や仲裁のための組織でさえも、あまり重要ではないからである。 国際的に活動することは、ジャングルの中で活動するようなものであり、そこでは適者生存があり、何でもありの状態である。 それこそが、強い軍隊を持つことの重要性である。 

 

軍事同盟は、同じイデオロギーと地政学的なラインに沿って構築されました。 1949年には、米国陣営の12カ国(後にさらに多くの国が参加)による軍事同盟「北大西洋条約機構(NATO)」が結成され、1954年には、東南アジアにおける共産主義の拡大を防ぐために、米国、英国、オーストラリア、フランス、ニュージーランド、フィリピン、タイ、パキスタンの間で「東南アジア条約機構」が設立された。1955年には、ソ連陣営の7カ国による軍事同盟「ワルシャワ条約」が結成されました。

 

下の図にあるように、アメリカとソビエトは核兵器の開発に大規模な投資を行い、多くの国がそれに追随しました。 これらの核兵器は、相互確証破壊の抑止力のために使われることはありませんでした。 それでも、何度か危機に瀕したことはありました(例えば、1962年のキューバ・ミサイル危機)。 今日では、量や能力の程度の差こそあれ、11カ国が核兵器を保有しているか、あるいは保有する寸前まで来ている。 核兵器を持つことで、世界のパワーゲームにおいて大きな交渉の切り札が得られることは明らかである。 核戦争はなかったものの、共産主義やその他の地政学的な米国の敵対者に対抗するための戦争は数多くありました。 これらの戦争は、資金、人命、米国への国民の支持という点で多額の費用を要した。 それだけの価値があったのだろうか? それは他の人が決めることだ。 アメリカよりもはるかに小さく、経済的にも弱かったソ連にとって、軍事的にアメリカと競争し、帝国を維持するために十分な支出をすることは、破産することだった。

 

もちろん軍事力は核兵器よりもはるかに多くのもので構成されており、冷戦時代から多くのことが変わっています。 現在、状況はどうなっているのだろうか。 私は軍事の専門家ではないが、米国は全体的には最強の軍事大国であることに変わりはないが、世界のすべての地域ですべての面で支配的ではなく、軍事的な課題は増加していると私を信じさせてくれた人たちと話す機会がある。 私は、米国が地理的に強い地域で中国やロシアとの戦争に負ける可能性が高いと聞いていますが、少なくとも容認できないほどの被害を受けることになるでしょう。 これは、1945 年以降の世界秩序が始まって間もない頃の「古き良き時代」の話ではなく、米国が他国から脅威を受けることのできない唯一の 軍事大国であったことは明らかである。 リスクの高いシナリオはいくつかあるが、最も心配なのは、中国が台湾を支配下に置くために強引に動くことである。

 

次の軍事衝突はどのようなものになるのだろうか。 新しい戦争技術が導入されることは明らかなようであるから、将来の戦争は前回の戦争とは大きく異なるものになるだろう。 古典的には、戦争に勝利した国は、支出を増やし、投資を増やし、反対派を打ち負かす。 軍事費は社会プログラムへの支出から政府の資金を奪い、軍事技術は民間企業の技術と密接に結びついているため、先進国にとっての最大のリスクは、時間の経過とともに経済と技術の競争に敗北することである。 

 

戦後の貨幣経済システム 

国と国の間のお金や取引は、昔も今も、国の中のお金や取引とは大きく異なっています。 それは、国の中では政府がお金と取引の主要な側面(どのようなお金が使われるのか、どのくらいの量があるのか、どのくらいのコストがかかるのか、誰がどのように扱うのかなど)をコントロールできるのに対し、国と国の間の取引では、お金と取引の主要な側面は相互に合意されなければならないからです。 例えば、国内では政府が印刷した紙幣のみを許容することを義務付けることができますが、国同士の取引では、取引を行う人々が合意した紙幣のみが許容されます。 そのため、国と国の間の取引では金や基軸通貨が重要視されてきたが、国内の人々は国外ではあまり価値のない紙幣であることに気づかず、この紙幣を国内の他の人々と交換するのが一般的だった。

 

政府は人々の貨幣の供給と価値、そして人々の富の分配をコントロールできるようにしたかったため、国の中では個人が金を所有したり取引したりすることは許されていませんでした。 金は政府によって管理されていない代替貨幣であり、人々が政府の貨幣の代わりに使うことができるため、人々が金を所有する能力はシステムを脅かす可能性がありました。 つまり、(少し単純化すると)各国の人々や企業は政府が管理する紙幣を使い、他国から何かを買いたいと思った時には、通常、自国の紙幣を中央銀行の助けを借りて売り手の紙幣と交換し、中央銀行は他国の中央銀行と金で決済するのです。 あるいは、アメリカ人であれば、通常はドルで支払い、売り手はそのお金を自国の中央銀行に回して自国通貨と交換し、中央銀行は余ったドルを金と交換することになります。 その結果、中央銀行の金準備預金は、国が稼いだ金額よりも多く使った場合には減少し、国が稼いだ金額よりも多く使った場合には増加することになります。

戦後の新しい通貨・経済システムの具体的なものとしては、アメリカ主導の陣営とソビエト主導の陣営があったが、広く受け入れられていない独自の非同盟通貨を持っていた非同盟国もあった。 米国陣営(44 カ国で構成)の国々は、1944 年にニューハンプシャー州のブレトンウッズに集まり、ドルと金を中心とした通貨システムを作りました。 ソ連は自国通貨ルーブルを中心とした独自の通貨システムを構築した。 それは、はるかに重要性の低い貨幣制度でした。

ブレトンウッズ協定によって、ドルは世界を代表する基軸通貨の地位に置かれた。 これは当然のことで、2度の世界大戦により、アメリカは圧倒的に富国強兵となった。 アメリカは大規模な輸出によってこの金を稼ぎ、第二次世界大戦末期には史上最大の金/貨幣貯蓄を蓄積していた。 この貯金は、世界の政府保有金貨の約3分の2を占め、8年間の輸入品購入に相当する。 戦後も多くの輸出を続けることで多くの金を稼ぎ続けた。 つまり、アメリカはとても豊かだったのです。 

それに比べて、他の国は文無しだったので、アメリカや他の国から必要なものを買うのが大変でした。 お金がないだけでなく、ヨーロッパや日本は経済が破壊されたため、戦後は売るものがほとんどありませんでした。 解決策として、また共産主義の蔓延と戦うために、アメリカは西ヨーロッパと日本に大規模な援助を提供した(マーシャル計画とドッジ計画として知られている)が、これらの荒廃した国々にとっては良いことであり、b)これらの国々がアメリカの商品を買うためにお金を使うので、アメリカにとっては経済的に良いことであり、c)アメリカの海外における地政学的影響力にとっては良いことであり、d)ドルの使用量を増やしたので、世界の支配的な基軸通貨としてのドルの地位を強化するのに良いことであった。 歴史上のすべての主要な中央銀行は、このプロセスのバリエーションを踏襲してきた。 直近では、中国の「ベルト・アンド・ロード構想」が中国に同様のメリットをもたらした。    

金融政策については、1933年から1951年まで、貨幣の量、貨幣のコスト(金利)、貨幣がどこで使われるか、ということが重要であった。具体的には、連邦準備制度理事会は借金を買うために大量のお金を刷り、貸金業者が課すことができる金利に上限を設け、お金の行き先をコントロールしていた。

政府の戦争支出が減少したことによる戦後の短期間の不況の後、米国は長期的な平和と繁栄の時代に突入した。 何よりも重要なのは、新しい金融システムで新しい負債サイクルが始まり、富や価値観の格差が縮小したため、平和と繁栄を追求するためのより大きな団結力を持つ環境となり、誰も戦いたくない支配的な権力が存在するようになったことです。 また、株価も非常に安くなっていました。その結果、アメリカの経済や市場は、今後も長い間、非常に好調であった。 

1945 年半ばから 1947 年半ばまでの戦後の調整期には、2,000 万人以上の人々が軍と関連雇用から解放されたため、失業率は 1.9%からわずか 3.9%に上昇した[4]。 また、退役軍人のために安価な住宅ローンが組めるようになったことも、住宅ブームをもたらし、拡大に拍車をかけた。 営利活動への回帰もあり、労働力の需要が高まったため、雇用は非常に好調だった。 輸出が好調だったのは、米国政府が(マーシャル計画やドッジ計画を通じ)米国製品の海外市場を強固なものにするための支援をしたからである。 また、1945年から1970年代にかけて、アメリカの民間部門はグローバル化し、海外に投資しました。 このような環境は、戦後、アメリカ企業が非常に利益を上げ、同時に株式が債券に対して非常に安かった(例えば、株式の収益や配当利回りが債券の利回りよりもはるかに高かった)ため、ビジネスや利益、株式にとっては素晴らしいものであった。 株式が安かったのは、恐慌や戦争を経験した人たちが非常にリスクを避けていたためで、彼らはリスクの高いものよりも安全な収入源をかなり好んでいたからである。 この一連の条件は、世界の金融センターとしてのニューヨークの優位性を強化し、より多くの投資をもたらし、基軸通貨としてのドルのさらなる強化をもたらした数十年にわたる株式の繁栄と強気の市場を作った。

この平和と繁栄はまた、教育を改善し、素晴らしい技術を発明し(例:月に行く)、さらに多くのことを行うための資金を提供しました。 言い換えれば、戦後の米国は、相互に自己補強するような大きなビッグ・サイクルの上昇局面にあったのである。 1960年代半ばには、経済学は科学であるから経済的繁栄が期待でき、株式市場は常に上昇トレンドの周りをくねくねと上昇していたので、「ドルコスト平均」の買い、つまり、高値だけでなくディップにも買いを入れるように一貫した買いをするべきだと一般的に信じられていました。 1950年代に存在した保守的な心理とは正反対の自信に満ちた心理のおかげで、株式市場は1966年に最高値を更新し、1982年の株式市場の底を迎えるまでの16年間、好調な時代の終わりを告げることになりました。

私自身が出来事に直接触れるようになったのは1960年代のことでした。 私が投資を始めたのは1961年、12歳の時でした。 もちろん、当時の私は自分が何をしているのか知らなかったし、同時代人や私がどれほど幸運だったのか、全く理解していませんでした。 私は、適切な時期に(戦後、長期債務サイクルの早期上昇と、数十年に及ぶ平和、繁栄、強気相場を生み出した世界の支配力によってもたらされた戦後のビッグ・サイクルの上昇の始まりの時期に)、適切な場所(世界で最も繁栄し、力を持った国である米国)で生まれたのです。 また、機会均等のアメリカンドリームのおかげで、公立学校の良い教育を受け、理想主義と大きな夢が私を奮い立たせてくれた刺激的な時代に、平等で優れた機会を与えてくれる就職市場に出てくることができた時代に、私を愛し、大切にしてくれた両親に育てられたことは、とても幸運なことだったと思います。 ジョン・ケネディというカリスマ的なリーダーがいたことを鮮明に覚えています[5]。 人は大きな夢を持ち、一生懸命働き、その夢を実現することができ、成功した人たちは当時のロールモデルでした。 1960年代には、中産階級であることは素晴らしいことでした。 米国は製造業をリードする国だったので、労働力は貴重なものでした。 ほとんどの大人は良い仕事に就くことができ、子供たちは大学の教育を受けて制限なく出世することができました。 大多数の人が中産階級だったので、大多数の人が幸せだった。

繁栄していた1960年代を通じて、アメリカは世界がよりドル化するのを助ける古典的なことをした。 例えば、米国の銀行は、外国市場での業務と融資を急速に増やした。 1965 年には、海外に支店を持っている米国の銀行は 13 行だけでした。 1970 年までには 79 行が海外支店を保有し、1980 年までにはほぼすべての米系大手銀行に少なくとも 1 行が海外支店を保有し、支店の総数は 787 支店にまで拡大していた[6]。 しかし,典型的な傾向として,a) 繁栄した銀行は,財務的に軽率な経営を行って過剰な資金調達を行う一方で,b) ドイツや日本を中心とした国際的な競争が激化した。 その結果、アメリカの貿易黒字が消滅すると同時に、アメリカの貸し出しや財政は悪化し始めた。

 

1960 年代後半のブレトンウッズ金融システムの終焉をもたらしたファンダメンタルズの弱体化

第2章で説明したように、ハードマネーに対する債権が導入されると、最初は、銀行にあるハードマネーと同じ数の「ハードマネー」に対する債権が存在する。 しかし、紙の債権者と銀行は、すぐに信用と借金の不思議さに気づく。 彼らは、利息の支払いと引き換えに、これらの紙債権を銀行に貸すことができるので、彼らは利息を得ることができます。 彼らからそれを借りる銀行は、彼らがより高い金利を支払う他の人にお金を貸すので、銀行は利益を上げるので、それが好きなのです。 銀行からお金を借りる人たちは、銀行が持っていなかった購買力を与えてくれるので、それが好きなのです。 そして、資産価格と生産が上昇するので、社会全体がそれを好む。

1945 年以降、外国の中央銀行は、金利を支払う債券を保有するか、金利を伴わない金を保有するかの選択肢を持っていた。 ドル建て債券は、金と同等の価値があり、金に換金可能であり、利子がつく(金にはない)ため収益性が高いと考えられていたため、中央銀行は、1945 年から 1971 年までの間、ドル建て債券の保有額に対して金の保有額を縮小させた。 第2章の付録「金の価値の変化」で説明したように、投資家がこのような動きをするのは古典的な行動であり、a)リアルマネー(すなわち金)に対する債権が銀行のリアルマネーの量を大幅に上回り、b)銀行のリアルマネー(すなわち金の準備金)の量が減少していることがわかる場合に終わる。 これは、紙幣を金に換えるのではなく、借金(つまり、リアルマネーへの債権)を保有することに意味があるほどの高い金利が得られなくなったときである。 その時に銀行の暴走が起こり、債務不履行と債務整理をしなければならない。 それが、金に連動したブレトンウッズ金融システムの崩壊につながったのである。

以下の要約は、前の章で述べたことの一部を繰り返していますが、ここではそれを思い出すのが適切です。

この平和で繁栄したサイクルの典型的な部分であるように、1950-70 年代には、生産的な負債の成長と株式市場の発展がありましたが、それは初期の段階では革新と開発への資金調達に不可欠なものでしたが、後にはやりすぎたものになってしまいました。 1960 年代には、アメリカ人は消費に多くを費やし、戦争から大きく回復したドイツと日本は、自動車などの製造品を生産する上で、ますます有効な競争相手となっていたため、アメリカの貿易収支は悪化していた。 同時に、米国政府はベトナム戦争との戦いや国内の社会プログラム(「銃とバター」と呼ばれる)に多額の支出を行っていた。 これらの支出を賄うために、米国連邦準備制度理事会は、設定された35ドルの価格で実際に金に換金できる額よりも多くの金の請求権を作ることを許可しました。 紙幣がハードマネー(金)と交換されると、米国の中央銀行の金の量は減少し、同時に金の請求権は増加し続けました。 その結果、1971年8月15日、ニクソン大統領が1933年3月5日のフランクリン・ルーズベルト大統領と同様に、紙のドルの保有者が金に換金することを認めるというアメリカの公約を破ったことで、ブレトンウッズの金融システムは崩壊しました。 下のグラフに示すように、米国が収入を上回る支出をしていたため、紙幣の金の請求権が金と交換されたため、米国の金準備高は、米国政府が金がなくなることに気付き、交換を許可するのを止めるまで減少した。

第2章で述べたように、私はドルの切り下げをよく覚えています。 当時、私はニューヨーク証券取引所のフロアで事務員をしていました。 ニクソン大統領が世界に向けて「ドルはもう金に縛られない」と言っているのをテレビで見ていました。 私は、「何てことだ、私たちが知っているような金融システムは終わりを迎えようとしている」と思ったのですが、そうでした。 翌日は月曜日でした。 私が出勤した時には、株価が下落し、パンデモニウムが起こると思っていました。 確かにパンデモニウムはあったが、株は上昇していた。 私は今まで切り下げを見たことがなかったので、切り下げの仕組みがよくわかりませんでした。 その後、歴史を調べてみると、1933年3月5日の夜、日曜日でもある1933年3月5日に、フランクリン・ルーズベルト大統領が、実質的に同じ演説をし、実質的に同じことをして、その後の数ヶ月間、実質的に同じ結果(切り下げ、株式市場の大暴落、金価格の大上昇)をもたらしたことがわかりました。 さらに調べてみると、これまでにも同じ理由で、多くの国で同じようなことが何度も起きていたことがわかりました。 最近の例としては、2008年11月25日にFRBがQEを発表したこと、議会がハンク・ポールソン財務長官の要求を承認した後に連邦政府が7000億ドルの資産購入を行ったこと、2012年7月にマリオ・ドラギがECBが「必要なことは何でもする」と発言したこと、その後に大規模な資金の刷り込みと政府債務の買い入れが行われたことなどが挙げられるだろう。そして2020年3月15日、トランプ大統領と両院の首脳が2兆ドルを超える景気刺激策に合意し、パウエルFRB議長が大幅な利下げを発表して金利を0%に下げ、7,000億ドルのQE計画をはじめとする多くの支援策を発表し、両発表の後にはこれらの数字が大幅に増加しました。

 

インフレと問題を抱えた1970年代

1971年にドルをはじめとする通貨が金から切り離された後、世界は第三種不換通貨制度へと移行し、ドルの価値は金、他の通貨、株式、そしてあらゆるものに対して下落した。 新しい金融システムは、アメリカ、ドイツ、日本の経済政策の第一人者によって交渉されました。 古い金融システムから新しい不換紙幣システムへの移行のプロセスについての素晴らしい説明を読みたい方には、ポール・ボルカーと行天豊雄の『チェンジング・フォーチュン』をお勧めします。 ヴォルカーは、ブレトンウッズ後の新しい金融システムがどのように機能するかを決定したアメリカを代表する政策立案者でした。 彼は、1971年の金融崩壊前(ニクソンが金との結びつきを断ち切った時にはニクソンの下で国際通貨担当次官を務めていた)から、その崩壊に伴う1970年代のインフレまでの米ドルシステムの中心にいた人物であり、より金融システムに精通していた人物である。 彼は最終的に、1979年から1987年まで連邦準備制度理事会(FRB)の議長として、インフレの後退を打開するように求められた。 彼は、この数年間、ドルベースの金融システムを形成し、導くために、その前、中、そして後に、他の誰よりも多くのことをした。 私は幸運にも彼をよく知ることができたので、彼が偉大な人格、能力、影響力、謙虚さを持った人物であったという事実を個人的に証明することができます。 私は、彼と彼の考え方はもっと研究されるべきだと思っています。 

貨幣と信用の成長を制約していた金に縛られた金融システムから脱却した結果、貨幣と信用の大規模な加速、インフレ、原油と商品価格、債券やその他の負債資産のパニックが起こり、金利が上昇し、不動産、金、コレクターズアイテムなどのハード資産が1971年から1981年までの10年間のほとんどの間、暴落しました。

インフレ心理学をよく覚えています。アメリカ人は、お金を借りて、すぐに給料をもらって、"インフレを先取りする "ために、物を買うようになりました。ドルの借金がパニックになったことで金利が上昇し、金価格は1944年に固定されていた35ドルから1971年まで公式に維持されていたものが、1980年にはピークの850ドルにまで上昇しました。 インフレが最大の政治問題となり、ニクソン大統領が物価と賃金のコントロールを行うようになり、ベトナムやウォーターゲート事件と並んで、経済に大きな歪みをもたらしました。 フォード大統領は、"WIN "と書かれたボタンを配布しました。"Whip Inflation Now "の略で、"ウィン "と書かれていました。カーター大統領はインフレ問題に直面していましたが、ボルカーをFRBのトップに戻してインフレを打開しました。 ボルカーは効果的でしたが、それはカーター大統領の大統領職を犠牲にしました。 私は、1970 年代の緩い貨幣と信用政策が、銀行が世界中の借り手、特に急成長して商品を産出する新興国の借り手にドル建ての負債を自由に貸し出していたことを間近で見ましたし、1970 年代後半に世界が負債サイクルのバブル期にあったことを見ました。 私は、ドルとドルの借金資産からインフレヘッジ資産へのパニックとドルの急速な借り入れが、ドルとドルの借金を富の貯蔵庫として受け入れられなくなる危険性をどのようにもたらしていたかを見た。  

ほとんどの人々は、貨幣と信用のダイナミックな仕組みを理解していなかったが、その痛みを高インフレと高金利という形で感じていたため、慢性的な政治問題となっていた。 同時に、1970年代には、ベトナム戦争、石油禁輸によるガス価格の高騰やガスの配給、賃金や福利厚生をめぐる企業との労働組合の争い、ウォーターゲート事件やニクソンの弾劾など、多くの痛みや紛争、反発がありました。 また、当時は、労働組合が給料を上げろ、仕事を減らせという要求で手に負えなくなり、コントロールする必要があると広く信じられていたため、リベラル派が人気を失い、保守派が人気を集めていました。 これらの問題は1970年代後半にピークを迎え、インフレが急上昇し、イランのテヘランにあるアメリカ大使館で52人のアメリカ人が444日間も人質に取られた。 アメリカ人は、この国が崩壊し、強力なリーダーシップを欠いていると感じていました。 同時に共産主義国の経済状況はさらに悪化していた。

中国では、1976年に毛沢東が死去したことで、1978年に鄧小平が政権に就いたことで、企業の私有化、負債や株式市場の発展、起業家的な技術革新や商業革新、さらには億万長者の資本家の隆盛といった資本主義的な要素を含む経済政策への転換が行われた。このような中国の指導力とアプローチの変化は、当時は取るに足らないように見えたが、21世紀を形作る最大の単一の力へと発展していくことになる。 

 

1979-82年のタイトマネーと保守主義への移行

多くの政治指導者と同様に金融の仕組みをよく理解していなかったカーター大統領は、インフレを止めるためには何かをしなければならないと考え、1979年8月に強力な金融政策立案者であるポール・ボルカーを連邦準備制度理事会(FRB)の議長に任命した。 1979年10月、ボルカーは貨幣(M1)の成長率を5.5%に抑制すると発表した。 私は数字を計算してみたが、もし彼が言ったことを本当に実行したとしたら、資金が大幅に不足して金利が急上昇し、必要な信用を得られない債務者が破産し、負債サービスの費用が支払えないレベルにまで膨れ上がるだろうと考えた。 彼がそんなことをするとは想像もできないことでしたが、ボルカーは政治的な反発が大きかったにもかかわらず、その計画に固執し、ドイツのヘルムート・シュミット首相によれば、金利を「イエス・キリスト以来の最高水準」にまで引き上げることになりました。 

1980年の大統領選挙では、いい人だが弱いリベラルな民主党員だと思われていたジミー・カーターが落選し、アメリカ人はもっと強くて必要なところに規律を課すだろうと期待していたホームバディな保守党員だと思われていたロナルド・レーガンが当選しました。 当時の主要国(アメリカ、イギリス、ドイツ、日本、フランス、イタリア、カナダで構成されたG7に反映されているが、これは40年前と現在では世界のパワーバランスがどれほど異なっていたかを反映している)は、インフレによる混乱に規律をもたらすために保守派を選出するという類似の動きをした。 レーガンが大統領に就任した日と同じ1981年1月20日、イランは人質を解放した。 アメリカのレーガンとイギリスのマーガレット・サッチャーは、その任期の初期に労働組合との画期的な戦いを経験した。

経済と政治は、それぞれの行き過ぎが耐えられなくなり、他方の問題の記憶が薄れていく中で、左と右の間で様々な極端さの中で揺れ動いている。 それはファッションのようなもので、ネクタイの幅やスカートの長さもそうだ。 一方の極端なものが大流行すると、それに匹敵するような反対方向への動きが起こるのは、そう遠くないと予想すべきである。 

金融引き締めへの動きは、債務者の背中を折って借り入れを抑制し、世界経済を大恐慌以来の最悪の落ち込みに追い込んだ。 株式市場、経済、インフレヘッジ資産の価格が急落したのを見て、米連邦準備制度理事会(FRB)はゆっくりと利下げを始めたが、市場は下落を続けた。 そして、メキシコは1982年8月に債務不履行に陥りました。 興味深いことに、メキシコが債務不履行に陥った日(1982年8月23日)には、米国の株式市場が上昇していた。  

次に起こったことは、私にとって、もう一つの痛烈な学びの経験となりました。 私は債務危機を予想することができ、それは私にとって利益になりましたが、同時に、その資金を貸していた銀行が支払われないことに気付きました。 私の個人的な損失とクライアントの損失の結果、私は駆け出しのブリッジウォーター・アソシエイツの全員を手放さなければならず、家族の生活費のために父から4,000ドルを借りなければならないほど無一文になってしまった。 同時に、このつらい経験は、私の意思決定へのアプローチを変えてくれたので、これまでの私の身に起こった中で最高の出来事の一つであった。 間違っていることへの恐れと、自分の大胆さを殺すことなく、自分の大胆さとのバランスをとるために必要な謙虚さを与えてくれた。 それは、ブリッジウォーターを、私と議論するために、私が見つけた最も賢い独立した思想家を連れてきたアイデアの実力主義者として、ブリッジウォーターに導いた。 世界で最も偉大な思想家に私の考えに挑戦してもらい、ストレステストをしてもらいたいと思っています。 

1982年の私はなぜ間違っていたのか、そして将来の重要な原則となるであろう何を学んだのか。 私がこの経験から見逃していたこと、学んだことは、債務が中央銀行が印刷して再構築する能力を持つ通貨にある場合、債務危機はうまく管理できるので、システム的には脅威にならないということでした。 返済されない融資をした銀行に連邦準備制度理事会が資金を供給できるので、キャッシュフローの問題はなく、アメリカの会計制度では銀行が不良債権を損失として計上する必要がないので、解決できない大きな問題はありませんでした。 また、資産の価値はお金と信用の価値の逆数(つまり、お金と信用が安いほど資産価格は高くなる)であり、お金の価値はそれが存在する量の逆数であるということを学びました。"中央銀行がお金と信用を大量に生産して安くしているときは、積極的に資産を保有するのが賢い "ということです。

 

1980年代のディスインフレと好景気

1980 年代には、米国では株式市場と経済の好況があり、それに伴ってインフレ率が低下し、金利が低下したと同時に、債務を抱えた中央銀行のない新興国ではインフレ恐慌が発生した。1982 年から 1989 年まで、債務再編のプロセスはゆっくりと進行したが、当時米国財務長官を務めていたニコラス・ブレイディにちなんで「ブレイディ債協定」と呼ばれる協定が結ばれ、これらの国々の「失われた 10 年」に終止符を打つことになった(90 年代初頭まで各国との間で協定が結ばれていた)。 この1971年から91年にかけての債務の上下サイクルは、世界中のほぼすべての人に大きな影響を与えましたが、これは米国が金本位制から離脱し、それに伴うインフレを引き起こした結果であり、ドル高とインフレ率の劇的な低下をもたらした金融引き締め政策によって、その反動を打破しなければならなかったのです。 市場では、1970年代のインフレとインフレヘッジ資産の高騰と債券の弱気相場、1979-81年の骨抜き金融引き締めにより現金が最良の投資対象となり、米国以外の債務者による多くのデフレ債務のリストラを引き起こしたこと、そしてc)インフレ率の低下と1980年代の債券、株式、その他のデフレ資産の優れたパフォーマンスによって、この大きなサイクルが現れました。 下のグラフは、1945年から現在に至るまでのドル建てインフレ率と金利の上下の揺れを示しており、それをよく表している。 これらの動きとその背後にあるメカニズムを念頭に置いて、将来を考える必要がある。

 

その間、ドルは世界をリードする基軸通貨であり続けた。 全期間を通じて、世界の借金や貨幣のほとんどがドル建てである世界基軸通貨を持つことが、アメリカにとってメリットがあることを力強く示していた。

つづきます。

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Campaign

Related stories

Writer

関西在住、雑多なことをつらつら書いていきます。よろしくお願いします。

Share

Popular stories

レイダリオ 変化する世界秩序8 過去500年の大きなサイクル 前編

586

レイダリオ 変化する世界秩序7 変わりゆくお金の価値

580

レイダリオ 変化する世界秩序1 プロローグ

567