レイダリオ 変化する世界秩序3 第1章 大局観を簡潔に 後編

レイダリオ 変化する世界秩序3 第1章 大局観を簡潔に 後編

The changing world order Chapter 1: The Big Picture in a Tiny Nutshell 後半

 

今回も自分の勉強用に訳したものをアップします。お付き合いください。

今回はオランダ・イギリス・アメリカ・中国という四つの基軸通貨を有する覇権国家に関する興隆と衰退のアウトラインです。そして我々が今いる場所とは?この辺りから面白くなってきます。

 

The changing world order 1 プロローグ

Chapter 1: The Big Picture in a Tiny Nutshell 前半

 

 

では、過去500年間の主要国の富と権力の上昇と下降のサイクルを見てみましょう。

 

-国と国の間で起こった富と権力の変化

最初に紹介した生産性上昇のチャートは、全世界を対象にしたものでしたが、各国間で起こった富と権力の変化を示したものではありませんでした。下のグラフは過去500年間の11の主要な帝国の相対的な富と権力を示しています[1]。 これらの指標は、時代を通じたすべてのデータが完璧ではありませんが、全体像を描くのには優れた仕事をしています。 ご覧のように、これらの帝国のほぼすべては、上昇期に続いて衰退期を迎えています。 太い線は、オランダ、イギリス、アメリカ、中国の4つの最も重要な帝国を表しています。 これらの帝国は最後の3つの基軸通貨を保持していました-現在のアメリカ、それ以前のイギリス、そしてそれ以前のオランダです。 中国は、2番目に強力な帝国/国になったことと、1850年頃までのほとんどの年で一貫して強力であったことから、中国が含まれています。 チャートが示していることを非常に簡単に要約すると、中国は何世紀にもわたって支配していた。

 

・中国は何世紀にもわたって支配的であったが(貿易では一貫してヨーロッパを凌駕していた)、1800年代から急激に衰退していった。

・オランダは比較的小さな国でしたが、1600 年代には世界の大帝国の一つになりました。

・英国も同様の道を辿り、1800年代にピークを迎えました。

・最後に、米国は過去150年間、特に第二次世界大戦中と戦後に世界の大国になりましたが、現在は相対的に衰退し、中国が再び追いついています。

 

 

では、データを600年まで遡って同じチャートを見てみましょう。混乱を少なくするために、戦時中の濃淡を省いてみました。 このように、1500年以前の時代では、中東のカリフ、フランス、モンゴル、スペイン、オスマンなどが登場していますが、ほとんどの場合、中国が最も強大な勢力を誇っていました。

 

[1]これらの指標は多くの異なる統計で構成されており、その中には直接比較可能なものもあれば、大まかに類似しているものや、大まかに示しているものもあった。いくつかのケースでは、ある時点で停止したデータ系列を、時間をさかのぼって継続した系列とつなぎ合わせなければなりませんでした。さらに、チャート上に示されている線は、これらの指標の30年移動平均であり、ラグがないようにシフトされています。 私が平滑化シリーズを使用することにしたのは、非平滑化シリーズのボラティリティが大きすぎて、大きな動きを見ることができなかったからです。 今後は、非常に長期的に見るときには非常に平滑化されたものを使い、近くで見るときにはあまり平滑化されていないものを使うことにします。

 

 

-富と権力の尺度

先のチャートで、各国の富と権力の単一の尺度を示しましたが、8つの強さの尺度のほぼ均等な平均として構成されています。 それは以下の通りです。1)教育、2)競争力、3)技術、4)経済生産高、5)世界貿易シェア、6)軍事力、7)金融センター力、そして

8)基軸通貨。 権力への影響力の尺度は他にもあるので、後ほど説明するが、まずはこの 8 つの重要な指標に焦点を当ててみることにしよう。

下のグラフは、これらの強さの指標の平均値を示しており、直近の基軸国である米国、英国、オランダの 3 カ国にウェイトを置いている。

 

 

私が始める前に、それは強さのこれらの力の尺度のすべてが上昇し、弧の頂点で減少したことに注目する価値があります。 それは、これらの強みと弱みが相互に補強されているからです。つまり、教育、競争力、経済生産、世界貿易のシェアなどの強みと弱みは、論理的な理由から、他の強みや弱みに貢献します。 例えば、より良い教育を受けた人々が、より革新的で、競争力があり、生産性の高い社会を生み出すことは理にかなっています。 私は、このような相互に関連した周期的な上下動を "ビッグサイクル"と呼んでいます。 これらの項目がチャートの中で上下に移動する順序に注意してください。 例えば、これらの力の尺度では、教育の質が上昇・衰退の強さを長くリードしてきており、ゆっくり引っ張ってきたのは基軸通貨である。 それは、強い教育が、世界共通通貨の創設をはじめ、ほとんどの分野で強さにつながるからです。 その共通通貨は、世界共通語と同じように、その共通通貨を作った強さよりも、使う習慣が長く続くからこそ、定着する傾向があるのです。    

 

-大きなサイクル

大まかに言えば、これらの上昇と下降には3つのフェーズがあると見ることができる。1)競争上の優位性を獲得することを特徴とする上昇局面、2)強さを維持することを特徴とするが、最終的には上昇の背後にあった競争上の優位性を失うための種を蒔くことを特徴とする上昇局面、3)これらの強さのすべてが自己強化的に低下することを特徴とする低下局面である。

一言で言えば、上昇の段階は次のようなときにやってくる。

・成功のために必要不可欠な要素を提供する、十分に強く有能なリーダーシップ。

・強力な教育。 強い教育とは知識や技術を教えるという意味だけではありません。

・強い性格、礼節、そして強い労働倫理は、典型的には家族や学校で教えられています。これらは礼節の向上につながりますが、それは次のような要因に反映されています...

・腐敗が少なく、法の支配などのルールが尊重されていること。

・また、人々がどのように一緒にいるべきかという共通の見解と共通の目的の背後で団結し、一緒にうまく働くことができることも重要です。 人々が知識、スキル、良い性格、礼節を持って行動し、一緒にうまく働くことができ、そこには...

・資源配分の良いシステム。またそれは、以下によって大幅に改善されています。

・最高のグローバルな思考にオープンであること。国が成功するために最も重要な要素を持っていることを意味します。 それは彼らが以下を得ることにつながる...

・グローバル市場での競争力を高めること。これで費用よりも大きな収益をもたらし、以下へつながります...

・収入が増えて稼げること。

・そのため、インフラ、教育システム、研究開発への投資が増加しています。

・そして生産性の向上(労働時間当たりの価値ある生産量の増加)。 生産性の向上は富と生産的能力を高めるものです  より高い生産性を達成すると、生産性の高い発明家になることができます...

・新技術。 これらの新技術は商業にも軍事にも価値があります  これらの国々がこれらの方法で競争力を高めると、当然、彼らは...

・世界貿易の重要なシェアを占める。そのためには、世界的に見ても、そのような国が必要とされている...

・我が国の貿易ルートを守り、国境を越えて重要な人々に影響を与えるために、強力な軍事力を持つ国である。 経済的に優位に立つことで、彼らは世界有数の...

・資本を集めて流通させるための金融センター。(例えば、オランダ帝国が突出していた頃はアムステルダムが世界の金融センターだったし、大英帝国が頂点に立っていた頃はロンドンがそうだったし、アメリカが頂点に立っているから今はニューヨークがそうなっているが、中国は上海に独自の金融センターを開発し始めている)。世界的に貿易を拡大する中で、これらの成長している帝国は、彼らの...

・堅調な株式市場、通貨市場、信用市場を持つ企業は、その通貨を世界的な交換媒体として、また富の貯蔵庫として、より多く利用しています。 当然のことながら、貿易と資本の流れで支配的な国々は、自国の通貨を世界的な交換媒体として、また富の貯蔵庫として、より多く使用し、自国の通貨が基軸通貨になることになる。オランダ帝国が優位に立っていた時にはオランダのギルダーが世界の基軸通貨となり、大英帝国が優位に立っていた時にはイギリスのポンドが世界の基軸通貨となり、1944年にはアメリカが第二次世界大戦に勝利しようとしていた時には米ドルが世界の基軸通貨となり、経済的にも財政的にも軍事的にも明らかに優位に立っていました。自国の通貨が基軸通貨になれば、当然、その国の借入力や購買力は大きくなる。 最新のチャートにあるように、基軸通貨の地位の獲得と喪失は、他のファンダメンタルズに大きく遅れをとって起こる。

これらの要素が相互に強化され、揺るぎない改善がなされることで、国は台頭し、国力を維持することができるのである。 帝国を築く人たちは、経済的、政治的、軍事的な力を、収益性の高い経済・政治・軍事システムに調整することで、資源をうまく配分している。 例えば、オランダはオランダ東インド会社を作り、イギリスはイギリス東インド会社を作り、アメリカは軍産複合体を作り、中国は中国国家資本主義を持っている。 このような経済的、政治的、軍事的な連携は、すべての帝国が利益を得て拡大するために不可欠であることが証明されています。

一言で言えば、上昇の背後にある成功の中に衰退の種が潜んでいるために、トップの段階が典型的に発生するのである。具体的には、原則として。

・繁栄期は、人々がより多くの収入を得ることにつながり、それは自然に、人々がより少ないために働くことを喜んでいる国の人々との相対的な競争力を低下させ、より高価なものになることにつながります。   

・最も成功している国は、その成功の仕方を新興の競争相手にコピーされてしまうのが一般的であり、これもまた競争力の低下を助長している。 例えば、オランダの造船業者よりも労働者の賃金が低かったイギリスの造船業者は、オランダの造船技師を雇って、オランダの船よりも費用対効果の高い船を設計した。 発明するよりもコピーする方が時間もお金もかからないので、他のすべてが同じであれば、新興の帝国はコピーによって成熟した帝国の上に立つ傾向がある。

・豊かになった人々は、当然ながら、一生懸命働くことは少なくなり、よりゆったりとした、生産性の低い活動に従事し、極端な場合は退廃的で非生産的になる傾向があります。それは特に、成功を収めるためには強くなければならず、一生懸命働かなければならなかった人たちから、富を受け継いだ人たちへと世代が変わっていくときに当てはまります-このような若い世代の人たちは、強くない/戦場で鍛えられていない傾向があり、挑戦に対してより脆弱になります。豊かな社会の人々は、時間の経過とともに、より多くの贅沢や余暇を欲しがり、それを手に入れるために、より弱く、より多くの手を伸ばしすぎてしまう傾向があり、その結果、より脆弱になってしまいます。

・富国強兵の国の通貨が世界の基軸通貨になることで、より多くのお金を借りることができるという「法外な特権」が与えられ、それが借金を深くしていく。 これは、一流の帝国の短期的な支出力を高め、長期的には弱体化させる。言い換えれば、借り入れと支出が強いときには、一流の帝国は強いように見えるが、実際には財政は弱体化している。 この借り入れは、通常、国内の過剰消費と、帝国を維持するために必要な軍事費や戦争に資金を供給することで、ファンダメンタルズを超えてその力を維持しているのである。 このような過剰な借金は、かなりの期間続く可能性があり、また、基軸通貨を強化することで、基軸通貨で貸し出す外国の貸し手のリターンを高めることができるため、自己強化的になることさえある。 富裕層が最貧層から借金をして借金をした場合、それは相対的な富のシフトの非常に早い段階での兆候である。 例えば、1980年代、アメリカの一人当たりの所得が中国の40倍になっていた頃、ドルが世界の基軸通貨であったため、ドルで貯蓄をしたい中国人からの借り入れが始まった。 これは、そのダイナミックな始まりの兆しであった。 同様に、イギリスは、特に第二次世界大戦中に、そのはるかに貧しい植民地から多くのお金を借りていたし、オランダもその頂点に立つ前に同じことをしていたので、自国の通貨や借金を保有する意欲が急激に低下したときに、自国の通貨や経済が逆転する原因となったのです。 アメリカは確かに多くの借金をして債務のマネタイズをしてきたが、それがアメリカの通貨や債務の需要の低下を招いたわけではない。

・主導国は、帝国を維持・防衛するのに非経済的になったところまで帝国を拡張している。 帝国を維持するためのコストが、帝国がもたらす収入を上回るようになると、帝国の非採算性は、先進国の財政をさらに弱体化させる。それは確かにアメリカの場合である。

・経済的な成功は当然、富を多く生み出す者が不釣り合いに利益を得るため、より大きな富の格差につながる。 富と権力を持つ人々(例えば、商業的に利益を得ている人々や政府を運営している人々)は自然と、自分たちに利益をもたらす既存のシステムを維持するために相互扶助的な方法で働き、他の人々は遅れをとっているが、富の格差は耐え難いほど大きくなり、不公平だと認識されるようになる。 これはアメリカの問題である。

 

-衰退局面は、典型的には、トップ局面の過剰が相互に強化された一連の衰退の中で逆転し、競争力のある国が先に述べた分野で相対的な力を獲得することで起こる。

・借金が非常に大きくなると、中央銀行が借金と経済成長を刺激する能力を失い、景気が悪化すると、それが借金と経済の問題を引き起こし、貨幣をより多く刷ることにつながり、最終的には貨幣を切り下げることになります。

・富と価値の格差が大きくなり、経済的なストレスが(そのストレスがどこから来たものであれ)大きくなると、富裕層と貧困層の間で、最初は徐々に、そして次第に激しく対立する可能性が高くなります。このような状況の組み合わせは、典型的には、左派(社会主義者や共産主義者のように富の再分配を求める人々)と右派(資本家のように富を富裕層の手の中に維持しようとする人々)の両方のポピュリズム、すなわち政治的な過激さの増大につながる。 それは、民主的に運営されている国でも、独裁的に運営されている国でも起こります。 例えば、1930年代には、ますます極端な左派のポピュリストが共産主義者になり、右派のポピュリストがファシストになった。 ポピュリストは、より独裁的で、より戦いに傾き、法律よりも権力を尊重する傾向がある。

・金持ちは自分のお金が取り上げられたり、彼らが敵意を持って扱われることを恐れているとき、安全であると感じる場所、資産、および/または通貨に自分のお金と自分自身を移動するためにそれらをリードしています。このままだと、これらの動きが続くと、これらの紛争を経験している場所での税収や支出が減り、お金が去っていく場所での古典的な自己補強的な空洞化プロセスにつながる。それは、税金が減れば状況が悪化し、緊張と税金が上がり、さらに富裕層の移住が増え、さらに状況が悪化するからです。例えば、富裕層が財政的なストレスや大きな富の格差がある高税率の州を離れることで、その一部が起こっているのを今、私たちは見ています。悪化すると、政府はそれを許さなくなります。つまり、お金を失っている場所から、お金を得ている場所、資産、通貨へのお金の流れを禁止します。

・この種の破壊的な状況が存在するとき、生産性を損なう。それは経済のパイを縮小させ、縮小した資源をどのようにうまく分配するかについて、より多くの対立を引き起こし、さらに多くの内部対立を引き起こし、秩序をもたらすために支配権を握ろうとする両陣営のポピュリスト指導者の間の争いにますますつながる。 それは、民主主義が独裁主義によって最も挑戦されるときです。 これが1920年代と1930年代にドイツ、日本、イタリア、スペイン(およびいくつかのより小さい国)のすべてが民主主義から独裁的な指導者に転向し、主要な民主主義国(米国、英国、フランス)はより独裁的になった理由である。 混沌とした時代には、中央集権的で独裁的な意思決定をする方が、中央集権的ではなく民主的で議論に基づいた意思決定をするよりも好ましいと広く信じられているので、手に負えない暴力的な群衆の戦いがあった場合には、この動きはメリットがないわけではない。

・ある国が既存の支配国に対抗できるほどの経済力、地政学力、軍事力を獲得した場合、これらのライバルとなる世界の大国同士が衝突する可能性のある領域が多く存在します。 このような紛争を平和的に裁くシステムは存在しないため、このような紛争は通常、力の試練によって解決される。

・主要国が海外で帝国を維持するためのコストが、帝国がもたらす収入を上回るようになると、その国は経済的に弱体化する。 それと同時に他の国がライバル大国として台頭してくると、主導国は自国の利益を守らなければならないと感じます。 これは、経済的にも軍事的にも、帝国を維持するためには軍事費の増大が必要であり、国内の経済状況が悪化し、指導者が課税することがより困難になり、国内支援に支出することがより必要になったときに必要になるからである。このジレンマを見て、敵国は挑発に乗り出したくなる。 そうなると、主導国は、戦うか撤退するかという経済的・軍事的に難しい選択を迫られることになる。

・上記のような脆弱性の時期に、自然災害(例えば、疫病、干ばつ、洪水など)のような他の外因性ショックが発生すると、自己強化的な下降スパイラルのリスクが高まる。

・その国の指導者があまりにも弱く、その国がそのサイクルの段階で成功するために必要なものを提供することができない場合も問題である。 もちろん、各指導者はサイクルのごく一部の間だけ指導する責任があるので、彼らは自分が受け継いだ国の状態に対処しなければならず、変えることはできない。 つまり、リーダーよりも運命が支配しているということです。

 

主な因果関係を簡単に説明しようとした最後の数パラグラフで多くのことを速く投げたので、あなたはその順序があなたにとって意味のあるものかどうかを確認するために、それらをもう一度ゆっくりと読んだ方がいいかもしれません。 第2部では、いくつかの具体的なケースをより深く掘り下げて、正確な方法ではないにせよ、これらのサイクルのパターンが浮かび上がってくるのを見ることができるでしょう。 これらのサイクルが発生しているという事実とその理由は、その発生の正確なタイミングよりも議論の余地が少ない。

 

要約すると、富の増加と生活水準の向上をもたらす生産性向上の上昇トレンドの周辺には、1)繁栄した建設期間があり、その国は、a)負債のレベルが比較的低いこと、b)富や価値観、政治的格差が比較的小さいこと、c)繁栄を生み出すために人々が効果的に協力して働いていること、d)優れた教育とインフラ、e)強力で有能なリーダーシップ、f)1つ以上の支配的な世界大国によって導かれる平和的な世界秩序があることから、根本的に強い国であるというサイクルがある。これらは繁栄し、楽しい期間である。 それらがいつもそうであるように過剰に取られるとき、過剰は、2)国の根本的な弱点であるa)高レベルの負債、b)大きな富、価値観、政治的格差、c)人々の異なる派閥がうまく協力して働けない、破壊とリストラの憂鬱な期間につながる。d)貧しい教育と貧しいインフラ、およびe)新興の強力なライバルの挑戦の下で過度に拡張された帝国を維持するための闘争は、戦闘、破壊、そして新しい秩序を確立し、新しい時代の構築のための舞台を設定する再構築の痛みの期間につながる。

 

もっと簡単に言えば、以下の項目が国の上昇・下降を左右する主な力である。 どの国も、左の項目が多いほど上昇しやすく、右の項目が多いほど下降しやすい。 トップに立った国は左の特徴を獲得し(それによって上昇する)、時間の経過とともに右に移動して衰退しやすくなり、新しい競争力のある国は強くなるまで左の特徴を獲得し、その時にシフトが起こる。

 

一言で言えば、私の研究によると、帝国の台頭と衰退のサイクルが発生します。 さて、お楽しみのために、あなたが興味を持っているそれぞれの国で、これらの指標のそれぞれがどこにあるのかをチェックしてみましょう。 各属性について、1-10の尺度でそれぞれの国をランク付けし、左端の10と右端の1から始まります。 これらの順位をすべて足し合わせると、数字が大きいほど、相対的に上昇する確率が高くなります。 数字が低いほど、下落する可能性が高くなります。 アメリカはどこにあるのか、中国はどこにあるのか、イタリアはどこにあるのか、ブラジルはどこにあるのか、などを計算してみましょう。 このレポートでは後ほど、主要なパフォーマンス指標を使って、上位20カ国のそれぞれについて体系的に計算を行います。

これらの要因は、上昇するものも下降するものも、すべて相互に補強しあう傾向があるため、大きな富の格差、債務危機、革命、戦争、そして世界秩序の変化が、完璧な嵐としてやってくる傾向があるのは偶然ではありません。 帝国の栄枯盛衰の大きなサイクルは、下の図のようなものである。 不況、革命、戦争による破壊と再構築の悪い時期は、古いシステムを大きく破壊し、新しいシステムの出現のための舞台を設定しますが、一般的には約10年から20年かかります。 これらはチャートの網掛け部分で描かれています。 その後、平和と繁栄のより長い期間が続き、賢い人々が調和して働き、どの国も世界の大国が強すぎるために戦いたくないという状況になる。 範囲内の変動ははるかに大きくすることができますが、これらの平和的な期間は、約40〜80年のために持続する。 これらのサイクルの中には、約7〜10年続く短期債務/ビジネスサイクルのような小さなサイクルがあります。

 

-我々が今いる場所は

前に説明したように、破壊と再編の最後の大規模な時期は1930-45年に起こり、1945年には新しい世界通貨システム(1944年にニューハンプシャー州ブレトンウッズに建設された)とアメリカが支配する新しい世界統治システム(ニューヨークに国連、ワシントンDCに世界銀行と国際通貨基金を設置)が創設され、新しい世界秩序の構築と1945年に始まる新しい世界秩序につながった。 新しいアメリカの世界秩序は、アメリカが最も豊かな国(当時は世界の金の80%を保有しており、金は当時貨幣であった)であり、支配的な経済大国(当時は世界の生産量の約半分を占めていた)であり、最強の軍事大国(当時は核兵器の独占と最強の通常戦力を持っていた)であったことの自然な帰結であった。

 

それから75年経った今、私たちは古典的には、多額の借金があり、古典的な金融政策が世界の基軸通貨の中央銀行にとってうまく機能しない長期債務サイクルの終わりに近づいています。 これは、人々、企業、非営利団体、政府の所得とバランスシートの穴を生み出している深い経済と負債の収縮の中で同時に起こっていることですが、政治的に分断された中央政府は、自分たちが借りている多くのお金を出すことでこれらの穴を埋めようとしています。 中央銀行は、政府債務を貨幣化することで、それを支援しています。 このようなことが、同時に起こっているのです。大きな富と価値観の格差があり、貿易、技術開発、資本市場、地政学の分野で、世界の大国と競合する新興国が出現しています。 さらには、パンデミックの問題にも直面しています。

 

同時に、私たちには、これらの課題にどのように対処するのが最善かを見極め、避けられないリストラをうまく行うのに役立つ、優れた人的資本と思考技術があります。 私たちがお互いに上手に付き合えれば、この困難な時代を乗り越えて、今までとは全く異なる新たな繁栄の時代へと進むことができるでしょう。

 

第1部の次の章では、17のドライバーの中でも最も重要な17の歴史とメカニズムについて詳しく見ていき、最後に未来への目を細めてみたいと思います。

 

[1]これらの指標はいくつかの異なる統計から構成されており、その中には直接比較可能なものもあれば、大まかに類似したもの、あるいは大まかに示唆するものもありました。場合によっては、ある時点で停止しているデータ系列を、過去に遡って継続している系列とつなぎ合わせなければならないこともありました。さらに、チャート上に示されている線は、これらの指標の30年移動平均であり、ラグがないようにシフトされています。 私が平滑化シリーズを使用することにしたのは、非平滑化シリーズのボラティリティが大きすぎて、大きな動きを見ることができなかったからです。 今後は、非常に長期的に見るときには、これらの非常に平滑化されたバージョンを使い、これらの展開を近くで見るときには、平滑化または非平滑化されたバージョンをあまり使わないようにします。

[2]我々は、ケース全体で平均化することによって、主要な指標がその履歴に対する相対的な位置にあったことを示しています。チャートは、「1」の値が歴史に対するその指標のピークを表し、「0」がトラフを表すように表示されています。時系列は年単位で表示され、"0 "は国がピークを迎えた時(つまり、ゲージ全体の平均がピークを迎えた時)をおおよそ表している。 このセクションの残りの部分では、アーキタイプの各段階をより詳細に見ていきます。チャートは世界的な基軸通貨を生産した国を示していますが、我々はまた、基軸通貨を確立したことはありませんでしたが、何世紀にもわたって支配的な帝国であった中国を大いに参照します。

 

 

次回からはお金と信用サイクルに関してです。

 

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Campaign

Related stories

Writer

関西在住、雑多なことをつらつら書いていきます。よろしくお願いします。

Share

Popular stories

レイダリオ 変化する世界秩序7 変わりゆくお金の価値

477

レイダリオ 変化する世界秩序8 過去500年の大きなサイクル 前編

368

あつもりの住人の選別と小学校の席替え

346