ブロックチェーン(暗号資産)の普及イメージ

ブロックチェーン(暗号資産)の普及イメージ

日進月歩のブロックチェーン界隈。

「一年一昔」爺さんに残された役目は今昔の比較くらいである。

爺が抱く、一年前と今のイメージはこんな感じなのだ。

【昨年抱いてたざっくりとしたイメージ】昨年三月nemlog投稿内容より

① IOTでの利用

世の中を変えるほどの発展はAI/IOTの発展にかかっている!

1:稼働記録

エッジAIのエッジ側での動作記録に利用

2:通貨

エッジAIによるエッジノード間の支払いに利用

AI・ロボットの仕事のご褒美は暗号資産でお支払い

②証券としての利用

株、債券などの所有者認定の自動管理記録・自動優待・配当として利用

③公証的利用

書類や権利認定に利用

④趣味娯楽トークンとしての利用

1:デジタル骨董品の価値保存に利用

rarepepe、メモチェン、アートモザイク、イベントモザイクなど

2:流行ファッション的利用

タレント、アイドルのトークン発行と営業ツール

3:デジタルおもちゃ・ゲームツールトークンなどに利用

道具としての交換、売買、CODEの知育玩具(デジタルLegoやデジタル粘土的イメージ)

⑤投資・投機資産としての利用

株や債券の代わりくらいのイメージ

⑥決済通貨としての利用

IOTの機械間決済と人間への自動フィアット決済

 

 

結果!~『今現在、老害爺さんがもつブロックチェーンのイメージ〜』❗️

*Soooooooon〜(何も進んでいない)

① IOTでの利用

ただただ残念。IOTAさんどないなのって感じ

*Soooon〜(ちょっとだけ進んでる)

②証券としての利用

③公証的利用

④趣味娯楽トークンとしての利用

②③④NFTトークンという言葉はできたが、正直counterparty以上の斬新的なものは無い

*Soon〜(頑張ってる)

⑤投資・投機資産としての利用

⑥決済通貨としての利用

⑤⑥はステーブルコインの発行が本格化した。Defiがちょっとしたお祭りになってるので頑張ってると思う。コスモスやポルカドットなどインターオペラビリティが今後注目です。

 

ビットコインはデジタルゴールド。2ndレイヤーに注目ですが、やはり、Soonですなあ。

 

 

 

100

記事を書いた人