ヘッダー画像

ビットコイン VS 草コイン

なまえ

みなさ〜ん!

ビットコインの総発行枚数はご存知ですか?

私は知っています。

2100000枚です。

2100万枚です。

ではLighitningで使われているSatoshiは何枚か知っていますか?

私は知っています。

2100000000000000枚です。

2100兆枚です。

文字 215字

100

会員登録 / ログインして続きを読む

コメント(6件)

コメントを投稿するには記事を購入してください。

なまえ

草コインって、踏みにじられたり風が吹いて飛ばされたりととっても弱い存在なので、あんまりいじめないでくだせぇ、ジャイアン様ーw

それにしても、いらすとやって草コインのイラストまであるんだ、すごいなー

関連記事

名前

仮想通貨の投資期待値とストラテジー

BTCの基本シナリオの期待リターンの把握。 仮想通貨投資でどのくらいの利回りを期待すべきでしょうか。  

名前
サムネイル

₿全ビットコイナー必読の書“21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト"

一人寒い部屋で迎えた2019年のクリスマス、ひとすじのぬくもりを求めてネットの海をさまよい歩いていたKatakotoさんは、とんでもないプレゼントに出会った。それはGigi氏という方が執筆した本。その名も “21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト” 執筆者のGigi氏は自分のサイト上でも自身のことを多く語っておらずその詳細は謎に包まれているが、書いてある文章や写真、そしてbitcoin-resources.comの運営などからも分かるように、バリバリのビットコインマキシマリストであるのが感じられる。名前にkatakoto.ethみたいなんがくっついてる奴が気安く近づいた日には、眼から出る₿eamで焼き払われてしまいそうな気迫を感じだいぶビビった。 しかし最近、書籍化されたこの“21lessons.com”は、一度落ちたら抜けられないとされるビットコインのうさぎ穴に落ちてGigi氏自身が自らの体験から学んだコトが、哲学的・経済的・技術的見地から、初心者にもわかりやすいようにエッセイ形式で21のレッスンとしてまとめられていて、ビットコイン初心者にとってもその革命性がよく分かる網羅的な内容になっているではないか! クリスマスの奇跡!この出会いは僥倖! 夢中で読み終えたあと、Katakotoさんはいてもたってもいられぬ衝動に突き動かされていた。 これは凄い本だ。翻訳して広く皆と共有せしめねばならぬ・・・ と言うわけでこの年末になって慌ただしく、ひとり勝手に翻訳プロジェクトに取り組んでいます。翻訳公開に関しては、なんとも太っ腹なことに元の記事が<a href="https://creativecommons.org/licenses/by/4.0/deed.ja

名前
サムネイル

[Podcast]Rabbit Hole Recap: Week of 2019.02.25