分散化ソクラテス:(8)問答法への批判:バイアス解除の不可能性

分散化ソクラテス:(8)問答法への批判:バイアス解除の不可能性

前回はこちら
英語版はこちら

筆者は「ひとり政治制度」としてのソクラテス的問答法の持続可能性に課題を感じる。

第五回で触れたソクラテスの問答法は二段階に分かれている :

- 第一段階:対話相手が含意する矛盾の指摘によるバイアスの解除
- 第二段階:バイアス解除された対話相手の自由な新方針決定

ソクラテスの意図は、対話相手を「正しい意見=自分のバイアス」に説得することではない。それはディベート術の目的だ。彼の意図は、対話相手がバイアスから自由な態度(=「普遍的立場」と呼んでおこう)を維持することにある。まさに「自分が無知であることを知る」ということ自体が目的である。

このような意図に対し政治哲学でよくある批判は、そもそも「バイアスから完全に自由な普遍的立場」は、人間の実存の条件としてありえないというものだ。言葉の内部に埋め込まれたバイアス、生理学的バイアス、あるいは「普遍的立場が良い」というバイアスなどなど、ひとは無限のバイアスを持って生きざるを得ない。無知のベールをかぶることができるのは思考実験上だけなのだ。

しかし、ソクラテスの問答法の意図は、「バイアスから自由な態度がある」という主張ではなく「バイアスから自由になり続ける」活動そのものの継続だ。ゆえに、「無意識のバイアスが無数にあり完全に解除できない」ことで、それを批判することはできない。

筆者が、問答法の持続可能性に疑問を感じる理由は、このタイプの批判とは別だ。問答法が持続不能にみえる理由は、それがあまりにも「強い個人」を要求しすぎることにある。

次回はその点にふれる。

冒頭画像
Pictures of Prejudice, June 4, 1800, Thomas Rowlandson

次回

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

Share

Popular stories

分散化ソクラテス:(1) 自律分散組織の必要性と政治哲学

139

分散化ソクラテス:(2) 自律分散組織のフィーリング

132

分散化ソクラテス:(3) 世界史、労働者経営企業、DAO

86