秘密鍵の保存だけで👌 ElectrumのRecoverable channelsとは

以前の記事で、LNノードを運用する上でのバックアップについて紹介しました。そこでは、オンチェーン資金のバックアップは秘密鍵の保管を、オフチェーン資金のバックアップでは、UmbrelやmyNodeなどLNDを使ってる場合はStatic Channel Backupと呼ばれるファイルをチャネルの開設ごとにバックアップする必要がありました。オンチェーン資金のバックアップは一度限りで良いですが、LNのチャネル上にあるオフチェーン資金は秘密鍵とは別にチャネル開設ごとに取得する必要があるので、結構手間がかかります。できれば秘密鍵に集約したいですよね。そんな悩みを解消してくれるのがElectrumのRecoverable channelsです。

Electrumはビットコインウォレットの老舗ですが、去年ごろからライトニングネットワークをサポートしました。そのElectrumが実装したRecoverable channelsとは、チャネルバックアップをチャネル開設時のトランザクションに書き込むというものです。こうすることで、ユーザーはチャネルバックアップをする必要はなく、秘密鍵さえ保管しておけばいいのです。もしLNノードやウォレットが壊れたりしたら、秘密鍵からオンチェーン資金を復旧し、また、オフチェーン資金の復旧に必要なチャネルバックアップは、ブロックチェーンから読み取り、その情報を使って復旧することができます。

Recoverable channelsの欠点は、チャネル開設時のデータサイズが大きくなるので手数料が通常以上にかかるります。また、ブロックチェーンに書き込んでいるのでチャネル開設時の相手にチャネルバックアップをしていることが知られてしまいます(バックアップデータ自体は暗号化されているので内容は分からない)。以前の記事でも触れましたが、このStatic Channel Backupはある一定の信頼があるので、もし相手にSCBから復旧しようしていることが知られると不正をされる場合があります。とは言え、実践的にはこのような不正はほぼありえないと思いますし、ユーザーは秘密鍵の保管だけで良いので、よりLNが使いやすくなりそうです。

ElectrumのRecoverable channelsについては以下のリリースノートおよびコードベースを参照してみください。

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

ちょビットコイナー

Share

Popular stories

LNノードの運用益はどれぐらい?パート1

1379

LNノードの運用益はどれぐらい?パート3

835

猫でも分かるLightning Network解説!

693