ビットコインの新境地!?Hodl Invoiceとは

ビットコインの新境地!?Hodl Invoiceとは

Hodl Invoice(Hold Invoiceの俗語)とは、ライトニングネットワーク(以下、LNと略す。ライトニングネットワーク入門はここを参照)決済に使うインボイスをカスタマイズしたものです。通常のLN決済では、アリスがボブへビットコイン(以下、BTCと略す)を送金する場合、ボブがインボイスを生成し、アリスがそのインボイスへ送金する流れとなります。アリスが送金すると、ボブは自動的に支払いを受け付け、確定することになっています。

しかし、Hodl Invoiceを使うと、アリスが送金しても、ボブはその支払いを受け付けるか拒否するかを選択することができるようになります。ボブがこの選択を決めるまでの間*1、アリスは支払いをキャンセルすることはできません。(*1 インボイスにはExpiryという有効期限があり、この有効期限内に限る)

Hodl Invoiceを活用したユースケース案

・在庫切れ時の返金

お客があるECサイトで商品を購入するために、LN支払いをします。ECサイトのオーナーは在庫を確認しますが、もし在庫切れの場合は、先ほどの支払いをキャンセルとすることで、お客へコインが返却されます。


・トラストレスな宅配ピザ(Hodl Invoiceの応用)

宅配ピザの問題点は、

100

コメント(6件)

コメントを投稿するには記事を購入してください。

SpotlightのHodl Invoiceを使ってノンカストディアル型サービス、期待していますー

うわぁ、Bottle Payで使われていた新技術だったんですねえ。例が分かりやすくて大変勉強になりました。これを利用したSpotlightの進化が楽しみです!