ヘッダー画像

猫でも分かるLightning Network解説!

なまえ

ライトニングネットワークは、ビットコインを拡張した技術です。ビットコインが有名になったことで、ビットコインを使うユーザが多くなりました。それによって、送金手数料が高くなったり、送金時間が遅くなってしまいました。これを「スケーリング問題」というのですが、この問題を解決するために「ライトニングネットワーク」という技術が開発されました。

 

現在、ライトニングネットワークはメインネットで稼動し、多くのユーザーに使われています。ライトニングは、モバイルアプリやデスクトップアプリとして使うことができます。モバイルアプリの紹介はここを参照してみてください。

 

さて、今回のブログでは、ライトニングネットワークの仕組みを簡単に説明します。ライトニングネットワークでは、主に以下の2つの仕組みで構成されています。

 

・ペイメントチャネル

・マルチホップペイメント

 

今回は「ペイメントチャネル」について説明します。

 

ペイメントチャネルとは?

まず始めに、もし通常のビットコインを使ってコーヒーを3杯買った場合、どうなるかを見てみましょう。支払い毎に手数料を払う必要があるのが分かります。

 

では、なぜ支払い毎に手数料が発生するのか?ビットコインにおける手数料とは何か?ですが、それは「ブロックチェーンへのデータ書き込み」をする時に発生する費用のことなんです。

 

なので、このブロックチェーンへの書き込み回数を少なくしてあげれば手数料が減ることになります。

では、どのようにすれば書き込み回数を減らすことができるのかについて見ていきましょう。



まず始めに、お客さんとお店との間で「バランスシート」を作成します。この時に、お客さんはいくらデポジットするかを決めます。今回の例では3ビットコインをデポジットしています。

そして、コーヒーを買うときに、このバランスシートを更新します。

二杯目を買うときも、再度バランスシートを更新します。

三杯目を買うときも、再度バランスシートを更新します

このような流れで、

 

文字 3380字

200

コメント(1件)

コメントを投稿するには記事を購入してください。

関連記事

名前
サムネイル

ビットコインの誕生から将来

幼少期 ビットコインは2009年1月3日にサトシ・ナカモトという匿名の人物(または団体)により 金融機関を介さない個人間のオンライン決済手段となる電子マネー を目的として発明されました(Bitcoinのホワイトペーパー冒頭より抜粋・意訳)。2007年のサブプライムローン問題からリーマン・ブラザーズの破綻、世界金融危機の発生後、翌年にビットコインが世に送り出されたのは偶然とは言い難いでしょう。ビットコインが開発された当初はサトシとその開発者達のみでビットコインの発掘や送金が行

名前
サムネイル

お金ないのにどうして振込できるの?〜信用創造の罠その2

やあやあやあ、和尚です。 さて何日更新できるか、ここからが正念場ですね。 前回は、同じ銀行内での話でA社の普通預金口座から、あなたの普通預金口座へ給与振込があった時でも、お金(紙幣とか硬貨ね)をわざわざ銀行内で動かさないよー!というお話でした。 で今日は、 「では、他の銀行にお金を送る(=振込)する場合にはどうなんですか?」 というお話。 最近振込詐欺とか流行ってますが、あれですよ、あれ。ただ最近は振込されると「アシ」がつくので、最近はATMで現金を出して来てね!というて、それから「〇君のために現金を代理で取りに来ました」とかしてますよね?この匿名性、ということも現金の特徴なんですが、これはまた後日の話で。 では、後半戦読みたい人、お願いしますね!

名前

初めてBitcoinを知ったのはいつだった?

これはテスト投稿の無価値な日記です。 ふと気になって、初めてBitcoinを知ったのはいつだったかな、と調べてみました。