苦痛のトレーサビリティで組織を改善する 【目次】

苦痛のトレーサビリティで組織を改善する 【目次】

本稿では、組織内に所属する人々の苦痛をトレースし、それをもとに組織を改善するための「苦痛トークン」というアイデアを提示する。

「苦痛トークン」は現在の情報技術によってはじめて可能となるものだ。

また、「苦痛トークン」というアイデアの根拠となる「PS3」という考え方を併せて示している。

1 「良いの定義」を決めずに良くすることは可能か

2 組織に対する最小限の理想、PS3

3 PS3に内包される他者との共感・関心

4 苦痛トークンとはどんなものか

5 苦痛トークンによる組織の変化(DAO+苦痛トークン)

6 「主体 – 責任」から「苦痛トークン – 分散的変更」へ

冒頭画像
Sony PS3 controller

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

https://vection.medium.com/

Share

Popular stories

三権分立の脆弱性を修正する (Part Ⅰ):権力分立の条件と国民の位置

281

三権分立の脆弱性を修正する(Part II):三権分立は2レイヤー構造である

176

三権分立の脆弱性を修正する(Part III, 1/2):「世界」の入った3レイヤーサイクル

116