ライトニングネットワークへのビットコイン流動性提供の備忘録

ライトニングネットワークへのビットコイン流動性提供の備忘録

ライトニングネットワークで調査や試したいことがあるんだけど、中々まとまった時間がとれない(・_・、)

ライトニングネットワークへのビットコイン流動性提供のニーズはあるはずで、各LSP(Lightning Service Provider)は結構利益が出ていると思う。LSPをカテゴリ毎に分けると

  • カストディアルウォレット
    • BluewalletやWalletofSatoshiは送金額の0.3%を手数料として得ている。一日に1BTCの送金と仮定すると(実際はもっと多いと思う)、0.003BTC(約1万円)の収益
  • ノンカストディアルウォレット
    • Eclair mobile, Breezなどは開発元が巨大なルーティングノードを運営しており、大元とのチャネル接続によってルーティング手数料を得ている。例えば、ACINQのルーティング手数料は0.05%なので、一日に1BTCのルーティングがあると仮定すると、0.0005BTC(約1600円)
  • Lapp
    • Y'allsなどのLappサービスを提供するノードも多くの流動性を提供している。Y'allsノードのルーティング手数料は0.5%で、一日に1BTCのルーティングがあると思われるので、0.005BTC(約1.6万円)
  • クジラノード
    • LNBIGやACINQなどのクジラノードはその潤沢な資金を使って多くのチャネル開設をしてきた。LNBIGは最近までルーティング手数料をほぼ0にしたり、リバランスを怠っていたみたいだが、運用を再開したら、一日に0.5BTCのルーティングがあるらしく、15,000sats(約500円)の収益

かなりラフだけど、上記のカテゴリ別にツイッターから情報収集すれば、現状のライトニングネットワーク上でのトランザクション量やルーティング手数料などが分かると思う。以下はLNBIGに関しての情報です。

以下は自分がノード運用をしていてチャネル流動性が飽和や枯渇した場合、どうやってリバランスするかのメモ

  • チャネル開設/閉鎖手数料とルーティング手数料の損益分岐点
    • 手数料10,000sats (= 2 * 10sats * 500vB)
    • ルーティング手数料が10,000越えるまでの期間は?
  • リバランス手数料とルーティング手数料の損益分岐点
    • 巡回ペイメントによるリバランス
    • サブマリンスワップによるリバランス

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

ちょビットコイナー

Share

Popular stories

LNノードの運用益はどれぐらい?パート1

1189

LNノードの運用益はどれぐらい?パート3

659

猫でも分かるLightning Network解説!

592