お宅のAntminer S9をアップグレードしてビットコインマイニング(Braiins OS+)

お宅のAntminer S9をアップグレードしてビットコインマイニング(Braiins OS+)

皆さんのお宅には古くなったAntminer S9が眠っていませんか?
ネットフリマ、オークションで売り払うのも良い手ですが、冬の間はsatoshi(お金)を生む暖房として活用されてはいかがでしょうか?

この記事は、ビットコインのマイニングマシン(マイナー)Antminer S9を動かしているソフトウェア(ファームウェア)をBitmain社の正規のファームウェアから入れ替える方法を紹介します。

ご注意:ファームウェア入れ替えはご自身の責任でお願いします(特に製造元の保証が受けられなくなるおそれがあります)。

Braiins OS+の紹介

Braiins OS+とは、マイニングプールslushpool.comを運営するBraiins Systems s.r.o.(チェコ共和国)が提供するファームウェアです。
Braiins社が主張する主な特徴は、下の通りです。

  • 正規ファームウェアに比べて、同じ電力でハッシュレートが高い(電力効率が高い)
  • slushpool.comを利用した場合にプール手数料0%(定期的にBTCが返金される)
  • マイニングプログラムBOSminerをRustでフルスクラッチ開発
  • OSS版を元に開発
  • 対応マイナー:Antminer s17, s17pro, S9, S9i, S9j

実際にAntminer S9でBraiins OS+を使ってみた感想です。

  • 電力効率は、正規の最新ファームウェアとあまり変わらない(下のグラフ)
  • slushpool.com以外のプールを使うと、ハッシュレートの2%程度をslushpool.comに使われる(ファームウェア利用料に相当)
  • 管理用のUIが使いやすい、ASICの周波数などの細かい設定も可能
  • OSS版は開発が止まっている(Github参照

slushpool.comを利用している方には、手数料の条件が良いファームウェアです。
ドキュメントも一通り揃っていて公式テレグラムでの情報交換も活発なので参考になります。

ファームウェアのインストール方法

ここからの説明はLinuxを使った方法になります。Windows版のツールを使えばコマンドプロンプトでインストール可能です。

Antminer S9に固定IPアドレスを設定

今回は"192.168.0.149"を設定しました

インストール・ツール(bos-toolbox)のダウンロード
$ wget https://feeds.braiins-os.com/toolbox/latest/bos-toolbox
$ chmod u+x ./bos-toolbox
インストール
$ ./bos-toolbox install 192.168.0.149

sshポートのエラーが出る場合はunlockオプションに続いてinstallします

$ ./bos-toolbox unlock 192.168.0.149
$ ./bos-toolbox install 192.168.0.149

インストールには2, 3分かかります。インストールが完了すると"INFO:Upgrade was successful!", "Rebooting..."と表示され、マイナーが再起動されます。

アンインストール(正規ファームウェアに戻す)

Bitmainのファームウェアに戻したい時もbos-toolboxコマンドで戻せます。

$ ./bos-toolbox uninstall 192.168.0.149

アンインストールも2, 3分かかります。古いバージョンのファームウェアに戻されてしまい、IPアドレス以外の設定は初期状態に戻ってしまいます(ファームウェア:Antminer-S9-all-201812051512-autofreq-user-Update2UBI-NF.tar.gz)。

出荷状態に戻す

設定の誤り等でAntminerの管理UIにアクセスできなくなってしまった場合は、マイクロSDカードを使ってファームウェアをリセットできます。

Bitmain Support

設定方法・便利な使い方

設定したIPアドレスにブラウザでアクセスすると各種の設定ができます。動作させるハッシュボードの枚数や冷却ファンの強さ(回転数)など、細かい設定が色々できます。

その他の便利な使い方です。

コマンドでマイナーの状態を取得
echo '{"command":"lcd"}' | nc 192.168.0.149 4028
マイナーの設定ファイルを編集・反映
$ ssh root@192.168.0.149
$ vi /etc/bosminer.toml
$ /etc/init.d/bosminer reload

(マイナーにsshでアクセス、設定ファイルbosminer.toml編集、マイナー再起動)

おわりに

Antminer S9のBitmain正規ファームウェアは開発が終了しているようですが、Braiins OS+は活発にアップデートされています。
使い勝手等にメリットがあるので、引き続きBraiins OS+に注目して活用するつもりです。

この続き : 0字 / 画像 0枚
100

会員登録 / ログインして続きを読む

参加しているキャンペーン

関連記事

記事を書いた人

ビットコイン₿とSushi swap🍣のファンです。有用なご指摘コメントには投げ銭をお返します

SNSにシェア

このクリエイターの人気記事

裁定取引botの実験(2020年2月~7月)

277

太陽電池でビットコイン・マイニング

115

太陽電池マイニングその2(自動化)

69