太陽電池でビットコイン・マイニング(その3、RaspberryPiの採用)

太陽電池でビットコイン・マイニング(その3、RaspberryPiの採用)

はじめに

 太陽電池の電力だけを使った、ビットコインのマイニングの続きです。
これまで経緯の振り返りです。

  • 太陽電池の組み立てや、ASICマイナーの改造をはじめる(2019年4月~) 
  • ASICマイナーを手動でON/OFFする方法でマイニングをはじめる。しかし利回りを計算してみると、元がとれるまで700年以上かかってしまうのでした

  • 手動でON/OFFの代わりに光センサーでの自動化を考え始める(2019年11月~)
  • マイコン制御 (Arduino, アルドゥイーノ)によって自動化に成功。
    マイニング報酬は一時的に倍増したが、ビットコインの半減期で報酬が元に戻ってしまうのでした(2020年5月)

困り事と解決方法

ASICマイナーを自動でコントロールできて満足していたのですが、運用を続けていると困り事が出てきました。

  • ASICマイナーのハッシュレートが固定なので、太陽光が少し弱いとマイニングできない →電力がもったいない
  • 発電量がリアルタイムで取得できないので、電力不足にならないように大容量のバッテリーを使っている →バッテリーの価格が高い、大きい、重い

(自粛で暇が増えた事もあって)半年ほど悩んだあげく解決にめどがつきました。

  • ハッシュレートが固定 → マイナーのファームウェアをハッシュレートがコントロールしやすいものに変更する(Braiins OS
  • バッテリーが大容量 → チャージコントローラーから発電された電力を読み取り、電力を過不足なくマイナーで消費する(小さいバッテリーで済む)

Raspberry Piをコントローラーに採用

従来のシステムはコントローラーにArduinoを使っていました。しかし標準で付属しているI/Fの豊富さやプログラム開発の容易さから、今回はRaspberry Piを採用しました。

今回の改善点の多くは過去の記事に掲載されているので、ご興味があればご覧ください。

EthernetケーブルでASICマイナーと接続、Wifiでルーターに接続できるようにした

Ethernetケーブル経由でマイナーのハッシュレートを制御

USB-ModBusケーブルでチャージコントローラーのデータを読み取り

光センサーのデータ取り込み用にADコンバーターを追加(記事は無いです)

組立、試運転

改善によってシステム全体がコンパクトになったので、システム一式をボード上に組み上げました。

ボードは太陽電池の裏側に設置した、塩ビパイプに納めます。

電気配線を行い、ふたを閉めたら完成です。

写真だけではつまらないので、試運転の動画もあげてみました。
かすかにASICマイナーの排気音が聞こえます。

試運転の結果を従来のシステムと比較してみました。ほぼ同じ日射条件でハッシュレートが約35%向上しています。

おわりに

まだまだ課題がありますが一応完成しました。何か進展があればまた記事にします。
読んでいただきありがとうございました。

リアクション、コメントいただける方へのおまけとして、約2年のマイニング報酬を有料部分で公開します。

Remaining : 137 characters / 1 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

The Shiba inu (柴犬) is a most popular dog in japan.

Share

Popular stories

裁定取引bot R2の実験(2020年2月~7月)

733

RaspberryPiでダッシュボードを作る(Grafana InfluxDB)備忘録

327

お宅のAntminer S9をアップグレードしてビットコインマイニング(Braiins OS+)

231