インドの19歳がつくった、DeFiのいろんな機能が遊べるInstadappsであそぼう!

インドの19歳がつくった、DeFiのいろんな機能が遊べるInstadappsであそぼう!

みなさんDeFiやってますか?パンケーキ焼いてますか?

私はなにもかもめんどくさくなって何もしてません。息をするのもめんどくさいです。

そんな中、InstadappというDeFiが実際の仮想通貨を使わずとも遊べるテストモードを出しました。

これはおもしろいので、重い腰をあげて解説します!

1.Instadappって?

Instadappがそもそも何かってところから説明しますね。というのもこのストーリー好きなんです。

Instadappはインドの19才と21才の大学生がつくったDeFiのアプリです。見てくださいよこの写真。すごい草食系ですよね。飲み会に行ったら部屋のすみっこで仲よくなれそうなタイプです。

でもこのアプリ、1.1兆円もお金が入ってるんです。1.1兆円ですよ?

人生でかせげるお金が2億円とすると、5000回強くてニューゲームしないとだめです。

そんな彼らがお遊びモードを作ったからには、やらないわけにはいきません。

続きが気になる人はこのCoinDeskの記事見てね。

https://www.coindesk.com/instadapp-defi-site-raises-2-4-million-from-prominent-crypto-investors

2.お遊びモードの使い方

まずInstadappにアクセスしましょう。

https://defi.instadapp.io/

するとこんな画面になるので、右上のConnectボタンを押します。

そのあとMetaMaskを押します。

右のSimulate transaction modeをクリックしましょう。

するとお遊びモードの注意がでます。わかりやすく日本語にしてます。

ハイハイって感じでボタンを押しておきます。

するとお遊びモードに入るので、右のDepositを押します。これでお金を入れます。

すると100ETHも持ってるのでまたDepositをおします。

100と入力してまたDeposit

これで1800万円分のETHをゲットです。私のイナカの佐賀県ではよゆうで家がたちます。

1家ゲットです。

3.Compoundであそんでみよう

石油王になったところで遊んでみましょう。左側のCompoundをクリックして、ETHのところのSupplyを押します。

右に100を入力してSupply(お金を入れるよ!)を押します。

すると100ETHが入ったことがわかります。次に右下のBorrowを押します。

入れたETHでDAIを借りてみましょう。

100,000DAI借りてみます。Borrowをおします。

すると$100,000分のDAIが借りれました。

これは、$180,000分のETHを貸しとくから、その間に$100,000分のDAIを借りるからな、よろしくな!という意味です。

ちなみにさっきの画面を見ると、54%って書いてあります。

これは預けたお金の54%分のお金を借りてるよ。って意味です。

ちなみにETHの価格が54%になると、預けたお金が借りてるお金より少なくなるから、ETHが自動的に戻ってきます。

図にするとこういうことです。

くぅ~、疲れました。これにて完結です!

他にもMakerやAaveの機能などが遊べるので、いろいろやってみてね!

特にhoryさんのこのツイートのやり方は、Instadappのいいとこなんで、ぜひトライしてみてね。(記事に載せる気力は尽きました)

https://twitter.com/taisuke_hory/status/1361533218692861958

この続き : 0字 / 画像 0枚
100

会員登録 / ログインして続きを読む

参加しているキャンペーン

関連記事

記事を書いた人

■仮想通貨で大損こいて、悔しい・・・っでも面白いっビクンビクンってしてる人。 ■USAと南米に良く行くので現地の様子をレポート ■Token-labライターさせて頂いています。

SNSにシェア

このクリエイターの人気記事

6歳児でも分かるガチでやさしいDeFi ~3歳児には無理でした~

6845

イーサリアムとBSC(Binance Smart Chain)ってどう違うの?

3715

やさしくなくなってきたDeFi ~安全にTestnetでやってみよう!~

1481