キッチンカーでビットコインのLightning決済。そしてすれ違うDiamond Hands

キッチンカーでビットコインのLightning決済。そしてすれ違うDiamond Hands

Diamond HandsメンバーのちょめじさんのキッチンカーでBTCのLightningNetwork(LN)決済をして弁当を買ってきました。BTCは主にネットワーク上で扱うことがほとんどなので実生活の支払いに使ってみたかったことと、自分のUmbrelのノードのルーティングの結果を見たかったというのもあります。

そのちょめじさんのキッチンカーを軽く紹介。曜日ごとに出店する場所が違っていて、仮想通貨決済に対応しているのは水曜と木曜のちょめじさんが乗ってるキッチンカーのようです。BTCのLN決済だけでなくモナコインやNEMなどにも対応し店側に仮想通貨への理解があり素晴らしいです。実際当日にNEM決済をした先客がいたようでNEMだと全商品39NEM固定。モナコインも受け付けているそうです。

リアルワールドでルーティング

BTCのL2であるLNのルーティングの正確さはマジで凄いです。人間がはっきりしてない手がかりを元にルーティングすると、、、

キッチンカーのブログのゴールデンフェニックスでだいたいの位置を確かめ、現地に行けば普通に見つけられるだろうとかなり余裕こいていたんですが、なんとブログで紹介されていたあの「白いキッチンカー」が見つからない!周辺をぐるぐる歩き回り、

本日はUSENビルで営業していますというツイートを元に「白いキッチンカー」を手がかりに探しても見当たらず、それならアジアンなキッチンカーが正解か?と周辺を歩くと裏手に似たようなのがいたり。全く分からずちょめじさんにDMを送るも、営業中なので当然返信は来ず

ちょめじさん実は目の前にいたんですね。それに気づかず

同業の人に聞くのは良くない気がしながら緑色のキッチンカーを訪ね、「すみませんゴールデンフェニックスのキッチンカーはどこにいるか知っていますか?」
「‥‥。ここを真っ直ぐ行って、突き当たりを右に曲がり真っ直ぐ行くと左手に見えてくるよ」と



その通りに行くと確かにありました。あの「白いキッチンカー」です。

やっと見つけ、「すみません、ちょめじさんですか。Diamond Handsの赤かぶとです」(一気に言い切りました)

店員「はい?すみません、それって何ですか?」

「え、あのビットコインのLightning決済の、、、(Diamond Handsが通じてない?😳)もしかして車内で調理してる人がちょめじさんですか?」

店員「すみません、よく分からないのですが」

そこで仮想通貨決済の話を出しTwitterをチラッと見せたら、それはUSENビルの方でやってる緑色のキッチンカーの人ですと。え!?

ちなみにこっちでキッチンカーをやっていた2人組も対応はとても良く、弁当を買いたくなる気分になりました。最後まで俺の意味不明な質問に対応していましたから(Twitterネームの「赤かぶと」ですだなんて言い切ったので頭おかしい奴だと思われても仕方ない)



そして元の場所に戻りついにキッチンカーに到着!既に何回も見たヤツ!

左サイドミラーにモナコインのステッカーが貼ってあったのを最初に見ていれば本来ならば秒殺で到着したはずです。
この白いキッチンカーを目指したルーティングはなかなか重要な意味があり、後でまた登場します。

弁当とLN決済

キッチンカーでのBTC決済はBTC pay serverを使用していてBTC払いの場合全商品3900Sats(たぶんサンキューをかけているのだろうと思います、店側のユーモアですね)

スイートチリソースは子供でも食べられる辛さ(注文)
サルサソースはスパイシーで辛さを求める人向け(注文)
ソイカレー豚丼はカレーの作り込みがきちんとしていた(注文)
ヨーグルトのは既に売り切れていた
ご飯の香りがとても良くタイ米料理のレベルは昔とは比較にならないと思うほどにおいしかったです。

支払い時に客が自らBTC pay serverを操作し、送金額を入力してinvoiceをQRコードで発行します。この送金額の単位がBTCでLNで慣れているsat表記を現状では出せないようです。これはなかなかにキツく将来BTCの価格が今以上に上がればsatにせざるえないでしょう。


そこで弁当を4つ注文し、3900Sats×4=15,600Satsとなり一回で払うよりWalletを変えて二回に分けて払ってみようと。

ここで気づくと思いますが、Umbrelを直接使うとなるとBTCをLightningで送金してもらう時に作ったinvoiceのQRコードを読み取れません。
UmbrelのUIではinvoiceで発行した文字列をペーストして送金処理をする方法しかないので、自ノードのBTCを便利に活用するには他のwalletと連携する必要があります。連携しましょうとビットコイナーのみなさんから教えてもらいました。

とりあえずiPhoneアプリのBlue WalletのLightning Walletで支払いました。決済の処理時間はだいたい5秒ほどで回線の状況など要因はいろいろあるのかもしれません。でももうちょっと速い方がいい。

次にMuun WalletでLN決済しようとしたらBTC pay serverで作成したinvoiceを読み込めず失敗。そのうちお客さんがどんどんやってきて仕方なくBlue Walletをもう一度使用。自分のUmbrelの出番が無い結果に終わりました。

7800satsの送金に26satsの手数料0.33%。これの真上の78,251satsの送金はBTC pay serverでinvoiceを作成する際に0.00078BTCと入れたために10倍多く送金。差額を返金してもらった跡があるがsatの方が絶対良いと思う

その後UmbrelをzapやBlue Walletで連携すればQRコードを読み取れるようになるよというアドバイスをもらい色々練習中です。弁当がとてもおいしかったのでまた挑戦しようと思っています。

テレグラムの通知が鳴る

渋谷は人が多くて品川に移動するかなと思っていた矢先、

なんとDiamond Handsのsutadonmanさんも来ていました!お互い日にちを合わせたわけでも何でもなく偶然同じ日にです(写真撮影が上手)

sutadonmanさんとの話を聞くと全く同じようにちょめじさんを目指して「白いキッチンカー」を探していたようです。以下抜粋

つまり今回は仮想通貨決済ができる緑色のキッチンカーにたどり着くためには一度白いキッチンカーを経由する必要があり、次回以降はそれをスキップしてホップ数を減らせるようになるのだと思います。(個人的にはあの白いキッチンカーはgate wayみたいな立ち位置でどうしても通らないといけない存在に思えた)

フルノードにおいてあるBTCを自分で管理して支払いに使えるようになると、自分の資産を自分で管理して好きな時に好きなだけ使用できる日が来ると思います。銀行に預金する必要がなく、ATMもいらない世界がやってくるイメージですかね。
そう、それと首都圏以外の関西などでLN決済している店でもあれば行ってみたい。

最後にリアルワールドでのルーティングも楽しいですが、ルーティングに興味があるのであればDiamond Handsに参加してネット上で家で楽しむこともお勧めします。

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

LNにハマりました

Share

Popular stories

初心者によるUmbrelインストール時のトラブル

346

日本円でLN上のBTCを買う

177