初心者によるUmbrelインストール時のトラブル

初心者によるUmbrelインストール時のトラブル

TwitterでDiamond Hands(DH)のライトニングネットワーク(LN)の参加呼びかけを見つけGUI環境でやれるumbrelでやってみようと思いました。

これはumbrelインストールができなかったトラブルが解決した1つの例です。私のようにインストールが完了が出来ずに困った人の参考になれたら幸いです。

本内容を要約すると、

  • 原因と疑わしいハードはフォーマットし直す
  • How to installのstep1からやり直す。順序を守る

もう少し詳細にいうと、

  • SDカードをFAT32でフォーマットし直してからumbrelのOSを入れ直す
  • SSDをext4形式でフォーマットし直す
  • How to installのstep通りに作業を進める
  • http://umbrel.localでラズベリーパイに接続するMacを再起動してから接続

この4つでした。他にも気をつける点を何点か載せておきます。

先ずUmbrel公式サイトに従いラズベリーPi4(8GB)とSSD(1TB)を購入。ラズベリーPi4(モデルBのメモリ8GB版)はスイッチサイエンスのサイトから購入し、SSDはAmazonでサンディスク製の外付け1TB版を購入。

SDカードはトランセンドの16GBを買い、この辺は手順通りにUmbrelを書き込めていたと思います(公式のHow to installのstepでいう2、3、4、5)

しかしここから間違えまくりました。ラズベリーパイにumbrelを入れたSDカードを刺さずにいきなり電源ケーブルを挿し、SSDもLANケーブルも適当に挿してどこかのタイミングでSDカード挿し。外部モニターにはそれらしい表示が出たのでインストールできたと勘違いしてしまってました。How to installをちゃんと見てなかった訳で

LOADING地獄

そして5分後にHow to install のstep10のhttp://umbrel.localをクリックすると、

このLOADINGという画面が出ました。このLOADINGボタンはゆっくり点滅していて、クリックできそうでできません。待ってればSTARTボタンになると思ってもいつまで経ってもLOADINGのままでした。

「http://umbrel.localをクリックせずにIPアドレスを直接入れることもできます」と書いてあったのを見てモニターに表示されてあった192.168.1.103(この時の値で今は違うアドレスに変わっています)を入れてもまたLOADINGの画面が出ました。

一からやり直しをしようと(実際はstepでいう6からやり直し)SDカードを挿してSSD挿してLANケーブル挿して電源コードのUSB-C挿して、結果はまたLOADING画面。(ここからLANケーブルを変えたり、電源コードを変えたりを繰り返す)

何をしたらいいか分からなくなりgetumbrelサイトのコミュニティを見ながらも、申し訳ない気持ちでtelegramでDHのみなさんに助けて連絡を出したらどんどんアドバイスが。。それで試したのが最初に書いた4つでした。

SDカードをフォーマットし直してumbrelを入れ直す。

SSDのフォーマットはWindowsの無料アプリケーションのMiniTool Wizard 12でext4形式でフォーマット。

http://umbrel.localで接接続するMac(普段使ってるのがMacなので)を再起動し他のデバイス(WinやらiPhone)で接続することも検討しておきました。

そしてHow to installのstep順に繋ぎ5分してから接続すると、

できました!ついに、というかいきなりできました!何をやってもLOADINGから抜け出せなかったのにあっさりとSTARTが出たので驚きました。

これでumbrelを使うことができた訳ですがインストールが完了しなかった対策をまとめて4つやったので原因はつきとめられませんでした。インストールの手順通りにやり直していたつもりでもSDカードやSSDは既に手アカがついた状態ですから、本当に一からやり直すならフォーマットしてからやり直すのが良いです。

このumbrelのインストールで気がついたことがあったので載せておきます。

電源コードは安物だと必要な電力を供給できないらしく、これはいろんな人たちが既に知らせてあります。それで私もスイッチサイエンスからラズベリーPi4に合わせたACアダプターを買いました。

SDカードは電源コードを抜いて電源を落とすと壊れる場合があるとアドバイスを受けダッシュで予備用も買いました。それとumbrelのデータ量はたしか5GBほどなので16GBもあれば十分です

SSDは外付け型にしておくと手間と接続トラブルを節約できると思います

ケースに付属してくるヒートシンクが適当な場合がありCPUに載せるヒートシンクが嵩高かったせいでCPUファンと干渉し、ファンが回らずにどんどん熱くなっていきました。ヒートシンクは別個で買い直し

ケース内部の取り回しなどは商品によって違うためにCPUファンのピンを挿す位置を考えないといけない物がありました。このせいでラズベリーPi4のケースを余計に買うハメに

完成するまで余計なものも色々買いました

最後にインストール出来ずにヘルプを出したらDHの先をいってる方たちがサッと意見やアドバイスを出してくれました。初心者にも手厚いチームなのでこれから始めてみたい方も気兼ねなく参加することをお勧めします!

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

BTCで手一杯

Share

Popular stories

日本円でLN上のBTCを買う

7