ボージョレ・ヌーヴォー 2022 解禁!

ボージョレ・ヌーヴォー 2022 解禁!

みなさんこんにちは。ついに、今年もボージョレ・ヌーヴォーの解禁日がやってきました!以前ブログにも書きましたが、今年は燃料費の上昇や、ロシアのウクライナ侵攻に伴う空輸ルートの迂回の影響で、輸送コストが高騰。大手酒販メーカーさんでも販売価格が去年の倍近くになるなど、ヌーヴォーを取り巻く状況が一変しました。

私も、当初は取り扱いをどうするか悩みましたが、ありがたいことに今年も沢山のお客様からのご要望が!また、インポータ―さんの努力により、販売価格の上昇がかなり抑えられたこともあり、今年もボージョレ・ヌーヴォーを販売することになりました!

朝の光を浴びて神々しく輝いております(笑)。とりあえずは、無事に納品されて一安心です。

箱には「11月の第3木曜日より前に消費しないで下さい」との注意書きが。ヌーヴォーならではの光景です。

おそらく、こちらはフランス語表記の注意書きだと思われます。第二外国語にフランス語の授業を受けていましたが、さっぱりわかりません(笑)。

それはさておき、今年も取り扱うヌーヴォーは、ボージョレ地区のペレオン村を代表する自然派の造り手「ドメーヌ・ド・ラ・マドンヌ」の「ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー」です。

彼の造るヌーヴォーは、通常のヌーヴォーとは違い、長期熟成型のブルゴーニュワインとほぼ同様の醸造方法が使われています。そのため、非常にしっかりとした奥深い味わいが特徴です。

すぐに検品をし、配送用の段ボールに梱包したらひとまずは準備完了!あとは、みなさんと同じく解禁日をヌーヴォーで・・・

乾杯!・・・といきたいところですが、・・・みなさんはこの写真の違和感にお気付きですか?そうです、ヌーヴォーはヌーヴォーでもこれ、2019年のものなのです(笑)。と言うのも、今回はヌーヴォーの追加受注が相次ぎ、ほぼ完売状態。自分用に2本分は確保していますが、これは何かあった時の予備としての役割を果たすため、全ての配送が無事に終わるまでは手を付けられないのです(ワインショップあるある(笑))。

そこで、ちょうど2019年の熟成したヌーヴォーが手元にあったので、こちらを代わりに開けることにしました(笑)。先ほども書きましたが、マドンヌのヌーヴォーはしっかりとした造りをしているので、ヌーヴォーなのに熟成することが出来るのです!新酒の古酒ってなんだかよくわからない感じにはなっていますが(笑)、非常に柔らかくまろやかな口当たりで、落ち着きと深みのある味わいになっていて楽しめましたよ!

みなさんは、今年のヌーヴォーは飲まれますか?いろいろあった今年のボージョレ・ヌーヴォーでしたが、無事にこの日を迎えられてほっとしています。あとは、自分の分のヌーヴォーが無事に飲めますように(笑)!

Remaining : 349 characters / 3 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

ワイン、日本酒、音楽、サッカー、アウトドア好きです。お酒にまつわる面白い話を書いています。また、ネットでワインショップ「LIFE WITH SAKE & WINE」をオープンしました。10%オフクーポン「open2021」(お1人様1回有効期限無し)ご用意したのでぜひご覧下さい!

Share

Popular stories

シンポジウムの語源にワインあり?

921

サムライマックに合うお酒は?

548

芸能人格付けチェック、なぜ白ワインと赤ワインを間違えるのか?

505