【和訳】Dora Factory 1.0の詳細について

【和訳】Dora Factory 1.0の詳細について

こんにちは!久しぶりの更新!今回はDora Factoryについてです。Dora Factoryの事を理解する為に日本語翻訳を発注したのですが、せっかく和訳したなら1人で読むよりもみなさんにシェアしよー!と思い【Dora Factory 1.0: DAO-as-a-Service Infrastructure for On-Chain Governance and Open Source Ventures】の和訳を公開する事にしましたー。最初に言っておきますが、このブログは投資などを勧誘する目的ではありません。ブロックチェーンの応用のひとつとして注目されるDAO(自律分散型組織)の海外での動向をキャッチアップをするのにはとても役に立つと思い公開しています。

また日本語訳公開についてDora Factoryのメンバーには許諾を得てますが、翻訳はあくまでも私の理解の理解の為にしたものなのでその辺りご理解頂ければと。参照元を記載しておきますので英語が理解できる方はこちらも合わせてご確認くださいね。(文面の最初から突然、ドラえもんとか登場してくるので大丈夫かな・・と心配になりましたが、まぁそのまま翻訳載せておきます...!)

私自身がこのプロジェクトが気になったきっかけは、DoraHacksという中国ではよく知られている大規模なハッカソンの運営をしブロックチェーンエンジニア育成に大いに貢献している団体があるのですが、そこから派生したプロジェクトで、オープンソースでコミュニティ主導で分散型のベンチャー企業が成長するためのツールを開発する!との事で、オモロイ人が集まってきそうだな!と思い気になった感じです。

3月10日は、ありがたい事にPolkaLabs. JPさんと CRYPTO TIMESさんでAMAも行なってくださるそうなのですが、そのAMAのベースになる知識をこのブログで補助したもらえたら幸いです。(ロゴも気になるんだけど、これ猫と脳みそだよね、すごい強キャラだよね・・)

では、以下からが翻訳です、どうぞ!

Dora Factory 1.0:オンチェーン・ガバナンスとOpen Source VenturesのためのDAO-as-a-Serviceインフラストラクチャー

松芝工場の支配人が退職して以来、工場は混沌とした無政府状態となり、生産が行き詰っていた。ある日、Dora宛に親友のドラえもんから、22世紀に生産を再開してほしいという手紙が届く。未来の人類を思いやるDoraは、松芝工場をロボット作りからベンチャー作りへ再構築し、「Dora Factory」に改名することを決意した。

21世紀の偉大なハッカーコミュニティのキュレーターであるDoraは、22世紀の松芝工場をどのように管理していくのか?彼はプーケットの預言者に謙虚に尋ねたところ、ベンチャー企業はDAO(Decentralized Autonomous Organization)の形で組織化されるため、それに適したインフラストラクチャーを構築する必要があると言われた。

Doraはすでに、二次資金グラント、オンチェーン・バウンティ、ボンディングカーブ・ファンドレイズ、グローバル・ハッカソンなど、開発者コミュニティや問題解決型のベンチャー企業を育成するための素晴らしい数々のツールを構築してきた。現在、Doraは一貫性のあるインフラストラクチャーを構築し、自分だけでなくみんなにDAOのプラグ・アンド・プレイ可能なツールキットを構築させることを決意した。これは、開発者コミュニティ全体のヒューマンパワーを動員して初めて、いざという時に松芝工場を再構築することができるからである。

堅牢なインフラストラクチャーとDAppsを構築する開発者コミュニティは、すべてのブロックチェーンエコシステムにおける重要な構成要素である。しかし、現在のブロックチェーン・プロジェクトでは、オープンソースの開発者コミュニティを管理し、インセンティブを与えるための永続的なメカニズムや効果的なツールキットが不足していることが多い。この問題は、開発者のコミュニティ管理、キュレーション、インセンティブに特化したプログラム可能なDAO-as-a-Serviceインフラストラクチャーである暗号資産に根ざしたソリューションによって解決できると信じている。Dora Factoryは、ブロックチェーンベンチャー企業がハッカーコミュニティの可能性を100%実現するための機能を備えたインフラストラクチャーを提供する。PolkadotおよびEthereum上のレイヤー2インフラストラクチャーとして設計されたDora Factoryは、すべてのPolkadotやEthereumプロジェクトなどのプロジェクトにソリューションを提供する。

🌲 ビジョン・ステートメント

Dora Factoryは、オープンソースでコミュニティ主導のベンチャービルダーとして、分散型のベンチャー企業が成長するためのツールを開発し、ハッカーに力を与えることをミッションとしている。

オープンソース・ムーブメントの誕生以来、オープンソースの開発者やプロジェクトは指数関数的なスピードで成長してきた。現在、GitHubだけでも1億9,000万件以上のオープンソース・リポジトリと4,000万人のオープンソース開発者が存在している。ブロックチェーン・エコシステムの発展は、ムーブメントとして「インセンティブを付与する」という別の課題が顕在化している。GitHubではオープンソースコードを管理しているが、インセンティブ制度を促進するための健全なインフラストラクチャーが存在しない。Dora Factoryは、その手助けをするために存在している。

私たちは、すべてのオープンソース・プロジェクトがベンチャー企業になることを想定しており、また資金調達、グラント、様々なガバナンスルール、バウンティなどのスキームを構築し、管理することを想定している。オンチェーン・インセンティブは、分散型の資金管理とインセンティブ管理プロトコルによって達成することができる。

これまでのところ、すべてのオープンソース・プロトコル/ブロックチェーン・プロジェクトは、開発者コミュニティを必要としている。しかし、オープンソース・ムーブメントとオープンソースDAOが一緒になると、今後数年でオープンソース型のベンチャー企業が爆発的に増加することが予想される。

Dora Factoryのビジョンは、すべてのDAOに適切なツールキットを提供し、オープンソースの開発者やハッカーが次のベンチャー企業を構築する際に、より良い関係構築とインセンティブを与えるDAO-as-a-Serviceのインフラストラクチャー構築することである。

✨Highlights

DAO-as-a-Service

Dora Factoryは、キュレーターが自由にDAOをローンチし、それぞれのニーズに合わせて、その場でパレットを追加することができる。

プログラム可能なインフラストラクチャー

新しい機能を実装するために、開発者が便利なパレットを作成し、ガバナンスを介してDora Factory parachain runtimeやDora Factory Ethereum layer-2に追加することができる。DAOは、ニーズに合わせてパレットを追加することで機能性を追加することができる。

Powered by 開発者コミュニティ

DoraHacksグローバル・ハッカソンシリーズとハッカーリンク・グラントによって支援されたDora Factoryは、グローバルハッカー、サイファーパンク、オープンソース開発者を魅了している。

オンチェーン・ガバナンスのためのインフラストラクチャー

コミュニティ・ガバナンスに特化したDora Factoryは、二次投票、グラント、バウンティ、資金管理、資金調達スキームなど、DAO管理における重要なプロセスを最適化する機能を優先している。

⚓️ インフラストラクチャー

Dora Factoryは、Polkadot factory、Ethereum factory、バーチャルブリッジの3つから構成されている。各DAOには資産が管理されているヴォールトが存在する。DAOの利害関係者は、DAO資産の入金、出金、管理をすることができる。

Polkadot上では、DAOの機能をパレット経由で追加することができる。Ethereum上では、DAOはDora Factoryコントラクトを介して個別のガバナンス・スマートコントラクトをデプロイすることができる。Dora Factoryでは、開発者がカスタム開発をしたパレットやFactoryとのコントラクトを提出することができる。

Polkadot Factory

Polkadotがそのような使命を果たすと、資産はPolkadotのパラチェーン間を簡単に移動できるようになる。Dora FactoryのDAOは、Polkadotのパラチェーン上のすべてのトークンを管理することができる。つまり、すべてのPolkadot上に構築されたベンチャー企業は、Dora Factoryを使用してDAOを管理できることを意味する。

Dora Factoryは複数の理由からPolkadotのパラチェーンとして開発される予定:

  • クロスチェーンDAOの資産運用
  • Polkadotとセキュリティを共有
  • コアサービス機能(パレット)のモジュール開発能力

Dora Factoryのデフォルトで提供されている、複数の低レベル機能とコンポーネント:

  • DAOの作成
  • リリースDAO
  • クロスチェーン・アセット・ヴォールト
  • ステーキング、税金と報酬
  • 決済方法
  • プロトコルレベルのガバナンス

基本レベルでは、アプリケーション・レベルのパレットを複数開発することができる。また、これらのパレットは誰でも、どのようなグループでも開発することができる。インフラストラクチャーの基盤であるDora Factoryパラチェーンは、トークンのトランザクションを検証し、パレットにパワーを供給するためのPoAコンセンサスアルゴリズムを提供している。しかし、Kusamaネットワークでの正式ローンチ前には、NPoSコンセンサスアルゴリズムへの変更を予定している。それまでに、パラチェーンのトークン保有者は、ネットワークのメンテナンス(ネットワークからの報酬獲得)に参加することができる。

クライアント・フロントエンド

クライアント・フロントエンドは、オンチェーン上のDAO-as-a-Serviceにアクセスするためのインターフェースです。これにより、DAOキュレーターは、1) DAOを構築、2) DAOをリリース、3) クロスチェーン・ヴォールトに資産を入金、4) クロスチェーン・ヴォールトから資金を出金、5) パレットを追加して、DAOガバナンスとDAOを実行することができる。

EthereumとBSC Factory

Dora Factoryは、EthereumとBinanceスマートチェーン上にSub Factoryをデプロイする。Sub Factoryは、各DAOのスマートコントラクトを生産するFactoryコントラクトのセットになる。Polkadotが機能する前に、スマートコントラクトの開発者には、概念実証のためにEthereumとBinanceスマートチェーン上にDAOパレットを構築することを奨励している。クライアント・フロントエンドでは、EthereumとBSC上でDAOを構築できるようになる。

Dora Factoryバーチャルブリッジ

Dora Factoryの第一段階では、DAOはパブリックチェーンとの関連性に応じて、どのインフラストラクチャー(Polkadot、Ethereum、BSC等)上で構築するのかを選択する必要がある。

Polkadotの論文によると、最終的にはPolkadotのリレーチェーンとEthereumやBitcoinのような主要なパブリックチェーンをつなぐブリッジを構築する予定となっている。そのため、クロスチェーンに関する課題は自動的に解決される。しかし、私たちの便宜のために、Dora FactoryはPolkadotのエコシステム外にあるトークンをDora Factoryのパラチェーンに持ち込むためのシンプルな仮想ブリッジを構築して、DAOがクロスチェーンのヴォールトでトークン管理ができるようになる予定である。

🔧 ユースケース

特定の機能(ユースケース)は、パレットとしてブロックチェーン・ランタイムに追加したり、Factoryコントラクトによって追加することができる。DAOは必要に応じてパレットを適用することができる。

開発できるパレットには無限の可能性がある。そのため、他の一般的なDAOインフラストラクチャーとは異なり、Dora Factoryでは、開発者がネットワーク用のパレットを構築し、報酬を得ることができる。そもそも、DAOが選択できるパレットは以下のようなものが考えられる:

投票用パレット

  • 単純な多数決
  • 直接民主主義
  • 間接民主主義
  • 流動性民主主義
  • クアドラティック投票
  • フュターキー

ファンドレイズ・パレット

  • 二次資金
  • ボンディングカーブ・ファンドレイズ
  • ダッチオークション(逆オークション)
  • ダイレクト・ドネーション

インセンティブ・プロトコル・パレット

  • バウンティ
  • オープンソース・キュレーション市場
  • ティピング

紛争解決用のパレット

  • 仲裁
  • 裁判所

管理ツールパレット

  • メンバー管理
  • プロフィール管理
  • 資産の可視化ツール

📚 DAOの例

オンチェーン・ガバナンスを必要とする組織またはグループは、このネットワークを使用することができる。

  • オープンソースの量子計算ライブラリ開発をサポートするための基金
  • パブリックチェーンの開発者コミュニティ
  • DeFiプロジェクトのガバナンス機関
  • 任意のオープンソース・プロジェクトのコントリビューターDAO
  • 複数のブロックチェーン・プロジェクトに投資するDAO資金
  • DAOを採用してチームの一部を管理する多国籍企業
  • 新しいアイデアを模索する趣味の開発者グループ
  • 資金管理のためのハッカソンとイベント主催者
  • クリプト・アーティストの団体
  • 視聴者が直接出資する分散型メディア

💰 トークン・エコノミクス:DORA

Dora FactoryはDORA保有者によって管理されている。DORAは、ネットワークを束ねるユーティリティ・トークンである。ユーザーとDORAの保有者は、DORAトークンをステーキング、マイニング、決済に使用することができる。開発者にはDORAトークンが与えられ、DORAの初期総供給量は10,000,000枚である。

DAOステーキング

すべてのDAOは、100枚のDORAトークンをチェーン上にステーキングすることで生成される。DAOの終了後、ステークされたDORAトークンがリリース(解放)される。その後、DAOの数が増加してDORAの価値が変化した場合、DAO作成時には一定のステーキングが必要になる可能性がある。これは、オフ・チェーン・ワーカーと共に価格オラクルを実装するか、他のパラチェーンによって提供される既存のオラクル・サービスを使用することで実現することができる。

バリデーター・ステーキング、マイニング&インフレーション

Dora Factoryは、はじめにPoAコンセンサスアルゴリズムを採用するが、Kusama上にデプロイされたあとはNPoSに移行する。バリデーターとノミネーターは、トランザクションの検証やブロック生成を行うことでパラチェーンをメンテナンスする。その結果、バリデーターとノミネーターはインフレーションによるトークンで報酬を獲得することができる。インフレーションに加えて、トランザクション手数料はバリデーターとノミネーターに分配され、ユーザとDAOから徴収したネットワーク手数料(税金)は、DORAをステークした全アドレスに比例して配分される。

インフレは、コミュニティの圧倒的多数が反対票を投じるまで、年間100万DORAと決定している。したがって、Polkadotとは異なり、初年度は10%の線形インフレーションである。インフレ率は年々低下していく。毎年インフレーションで生成されるトークンのうち、2%はDora Factoryトレジャリーに分配され、インフレで生成された残りのDORAはノミネーターとバリデーターに分配される。

ネットワーク手数料(税)

パレットは手数料を徴収することができる。DAOでパレットを使用するために、DORAトークンを「焼却」する(または手数料を支払う)必要がある(無料のパレットも存在する!)。DAOによって支払われたネットワーク手数料は、Dora Factoryに徴収される。この徴収された手数料は、すべてのステーキングアドレスに比例して分配される。

ネットワーク報酬

このネットワークは、バリデーター、パレット開発者、ベンチャービルダーに報酬を与える。バリデーターは、DAOから徴収された税金だけでなく、インフレーションによる報酬を獲得することができる。バリデーター以外のDORAステーカーは、ネットワーク手数料によって報酬を獲得する。開発者はパレットインカムによって報酬を獲得する。

トランザクション手数料

パラチェーン上のすべての取引に少額のトランザクション手数料が課せられる。徴収されたトランザクション手数料は、ノミネーターとバリデーターに分配される。

🏡 Governance

インターネットSaaSプラットフォームとは異なり、Dora Factoryは企業ではなく、DORA保有者のコミュニティによって管理されている。

ガバナンス機関はガバナンスDAOと評議会の2つが存在する。ガバナンスDAOは、すべてのDORA保有者のDAOである。同評議会は、sudoが削除されるまでのプロジェクト・ロードマップを担当するコア開発チームである。

ガバナンスDAOは、Dora Factoryによって構築されたDAOである。Dora Factoryのメインネットローンチ後、ガバナンスDAOはDora Factoryのクライアント・フロントエンドで提示される。すべてのDORA保有者はDAOのメンバーとして、すべてのステーキング・アドレスは、問題について投票することができる(私たちはこれを「DORA投票者」と呼ぶ)。ガバナンスが適用される状況はいくつかある。

メジャー・パラチェーン・メインネットのアップグレードを承認

パラチェーン・メインネットの(パラチェーン・コンセンサス、ガバナンス・ルール、マイニング&ステーキング・ルール)大幅なアップグレードには、DORA投票者による⅔ の多数決が必要となる。

コミュニティ・グラントの承認

Dora Factoryでは、インフラストラクチャーを改善し、新しいパレットを作成するためのアイデアをサポートするために、継続的な二次資金グラントのラウンドが行われる。コミュニティは、DORAで重要と思われるプロジェクトに寄付することができ、マッチング・ファンドは、二次資金調達スキームに基づいてプロジェクトに分配される。コミュニティ・グラントはハッカーリンク上で提供される。

すべてのコミュニティの二次資金グラントは、DORA投票者による多数決で承認される必要がある。Dora Factoryには、ガバナンスDAOに加えて、ロードマップの実施と主要業務の実行を担う評議会が設置されている。また、評議会にはインフラストラクチャーのマイナーチェンジやアップグレード、パレットの追加手続きに基づいたパレットの追加などの権限がある。

パレットの追加

パレットは、Dora Factoryの開発者、あるいはコミュニティ開発者(グループ)が、どこからでも開発することができる。開発者コミュニティを動員してDAOパレットを開発することは、Dora Factoryにとって非常に重要である。Polkadot上では、パレットを開発し、ローカル基板ノードで自由にテストすることができる。パレットがパラチェーンに追加された場合、そのセキュリティが確保されている必要がある。

パレット(Dora Factoryのコア開発チームまたはコミュニティ開発者によって開発されたもの)は、Dora Factoryのテストネットへの提出前に、徹底したテストとセキュリティ監査を受ける必要がある。パレットは、Dora FactoryのPolkadot上のパラチェーンにコンパイルされる前に、一定期間テストネット上に置かれる。このプロセスは、評議会によって促進される。

オープングラント

評議会はまた、オンチェーン・ガバナンスの新しいアイデア、スキーム、アルゴリズム、必須となるDAOパレット、重要なツールキットをサポートするオープングラントをコントロールする。オープングラントの発行を決定するためには、評議員の多数決が必要となる。

バウンティ

ユーザーやコア開発者から提案された機能や改善点もある。オープン・バウンティ・プログラムがハッカーリンク上でホストされる。コアDORAとコミュニティ・プロジェクトの両方でバウンティを発行することができる。すべてのバウンティはGitHub上でワークフローを管理できるようにGitHub上の課題にリンクされている。バウンティの発行には、多くの種類の暗号資産を使用することができる。

オープン・グラントの範囲外となる小さな機能や改善は、バウンティとして掲載される可能性がある。

SudoとElection

Sudoが削除されるまでの間、松芝財団が評議員を選任する。Sudoが削除されると、評議員はDORA投票者によって選出される。その後、選挙のルールはガバナンスパレットにハードコードされ、ガバナンスDAOに追加される。その時点でDora FactoryはガバナンスDAOに追加される。

以上になります!参考になれば幸いです、では!

参照先:https://dorafactory.medium.com/dora-factory-1-0-dao-as-a-service-infrastructure-for-on-chain-governance-and-open-source-ventures-6ad53688758f

この続き : 0字 / 画像 0枚
100

会員登録 / ログインして続きを読む

参加しているキャンペーン

関連記事

記事を書いた人

More popularly known in the world as “Miss Bitcoin”, Mai has been involved in Crypto since 2011

SNSにシェア

このクリエイターの人気記事

卵子凍結〜私が約1BTCを日本円に変えてまでやりたかった事〜

2645

誓い

1431

カルロス・ゴーン氏が行った、Bitcoin送金と銀行送金について。

759