ビットコインの価値がゼロになるシナリオ

ビットコインの価値がゼロになるシナリオ

ビットコインを支える技術やアルゴリズムをある程度理解したら,ビットコインが価値を持つ理由もわかってしまうような気がします.

でも,これはよく見かける意見なのですが,ビットコインはその価値の裏付けを説明しづらいというものがあると思います.株券だったらPERやPBRなどの指標で他の株券と比較することができますが,ビットコインでは広く周知されている指標がありません(勉強不足だったらすみません)

それでもビットコインは今や30000~40000ドル前後で取引されるようになりました.それを裏付けるものはないのに,価格がついている.なんか不思議ですね.
※逆に考えると,株や債権といった従来の金融資産に対する指標への信頼こそ「サピエンス全史」でいう「共同幻想」に過ぎないのではという見方もできますが...

さて今回は,このビットコインの価値がゼロになってしまうケースとしてどんなシナリオがあるかを考えてみたいと思います.

価値がゼロになる裏付けとしてどんなものがあるかを考えてみて,それが実際起こりうるのかを考えてみたらその裏返しでビットコインの価値を考えられるんじゃないかなと思い.

これはクリプト界隈で既に議論されているとは思いますが,改めてこの場で私が思いつくものを挙げさせていただくとともに,それを叩き台にみんなでディスカッションできたら面白いなーと思います.

それではいきましょう.

---

1.あらゆる国家がビットコインの所持や使用を著しく規制してしまう.

まず考えられるのが,外部組織による人工的な規制です.アメリカや中国で施行されているような個々人がビットコインを所持したりこれを使用することを厳しく制限する法律が施行されてしまった場合,ビットコインにとってはネガティブなニュースではあります.

ただ,これにより価値がゼロになることは無さそうです.ビットコインの性質上,匿名化されたブラックマーケットでの価値の交換媒体として機能しますし.そしてそれを完全に取り締まる仕組みを国家が整備することは大変に困難じゃないかと思います.(ここではそういうマーケットで使われることが倫理的に良いかは議論の対象としません)

2.ビットコインの採掘力が悪意のある個人,組織に占拠される(いわゆる51%攻撃)

ビットコインが抱える脆弱性として広く認知されている51%攻撃が実際に起きてしまった場合,正当な支払いを拒否されたり,不当な支払いが承認されるということが起きます.通貨として全く使い物にならなくなってしまいますのでビットコインに対する信頼が大きく毀損するのは間違いないです.

但し,51%攻撃が現実起こりうるものか,ということは考えてみると,やはり現実的ではないなと想像できます.

・51%攻撃でビットコインの価値を毀損した場合,その攻撃をしかけているマイナーも大損する.
・51%攻撃が可能であれば,正規のマイナーとして参入した方が儲かるのでそちらの方がインセンティブが強い.
・51%攻撃を仕掛けたら,それを永続的に続けていかないといけない.攻撃者にそのモチベーションはあるのか.

これをやろうと思う人は「途方もない資金を持ち,それを投げ打ってでもビットコインの信頼を貶めたい人・組織」だと思います.では,はたしてそんな人・組織は現れるのでしょうか?

3.ビットコインの仕組みが持つ未知の脆弱性が突かれ,仕組みの維持が困難になる.

ビットコインの仕組みはプログラミング言語で定義されています.プログラムされたもの全般に言える話ですが,ビットコインも既知の脆弱性(51%攻撃)ではない,未知の脆弱性が実は存在している可能性があります.

この可能性が排除できない以上,誰かがこの脆弱性を突いてビットコインのシステムや信頼を揺るがすサイバー攻撃をするというシナリオが考えられます.(イーサリアムの分裂騒動の発端となったのが良い例です)

ただ,ビットコインはオープンソースで開発されており,私のような一個人を含む誰もがそのソースコードにアクセスすることができます.つまり,開発が止まっていない限り,脆弱性がないかどうかは常に世界中で監視されていて,見つけ次第修正されているといえます.従ってこの可能性もあまり高くないと個人的には考えています.

しかし,ビットコインの開発が日々が行われている限り,常にこのリスクは発生します.プログラミング/システム開発の世界では新たに実装したもの自身が脆弱性を有していることも往々にしてあるからです.

私個人的には3のリスクが顕在化する可能性は1,2よりも高く,それが発生した時のインパクトも大きいと思います.そういう意味で,ビットコイナーであれば,ビットコインに関する技術的な動向もウォッチする,もっと欲を言えば自分自身がソースコードを見て中身を判断できるくらいになれると理想かなと思います.

こう考えているということはビットコインの価値の源泉はその仕組み,アルゴリズムにあり,その仕組みを揺るがすイベントが起きると影響も大きい(=つまりそれが守るべき価値)といえるかもしれないですね.

---

ひとまず,思いつくシナリオとそれに対する見解をまとめてみました.これを読んでくださった皆様はどう感じましたでしょうか?ここにはあげてないシナリオやシナリオに対する別の見解があれば是非コメントをいただけると嬉しいです!

ビットコインの発展を阻止するのはインターネットの発展を阻止するのと同じように思えます.分散化された仕組みをもつため,どこかが規制をしても抜け穴を見つけて成長していく.それを繰り返すと気づいたらとんでもなく巨大な空間がそこにできてて.国も企業もその流れには乗らざるを得ず,またそれを否定するのではなくうまく活用した者が何らかの成果を収め勝利しているという意味で.

とはいえ,これから何が起こるかを予測できる人はいません.もしかしたら明日,高層ビルに飛行機が突っ込むかもしれませんが,それを予測して「明日は飛行機禁止デーにしよう」なんてできる人がいないのと同じです.

そういう意味で,ビットコインの未来は楽しみですが過信もいけないと思います.常に物事を批判的にみる姿勢を維持し,今後も勉強と考察を重ねビットコインに関する理解をさらに深めていきたいなと思います.

この続き : 0字 / 画像 0枚
100

会員登録 / ログインして続きを読む

参加しているキャンペーン

関連記事

記事を書いた人

何もしなくても良い時間が欲しいしがない勤め人。fxxk in moneyの形成に勤しんでいます。黒い白鳥を夢見るがよく鴨になる。 2021は創作(商品,楽曲,料理)と勤め人稼業とは関係ない興味の追求をしたいぞ. 読書と投資の呟きが多め.

SNSにシェア

このクリエイターの人気記事

2021年参加組の暗号通貨の勉強方法が変わってきたので紹介する

63

2021年,今更ながら暗号通貨に魅了されたので,その経緯と素人も再現できる勉強法を書く(1/2)

57

祝BTC5万ドル! 2021年参加組が考える今後の見通しと中長期の投資戦略

54