Cryptovoxelsから見るメタバース

Cryptovoxelsから見るメタバース

100

クリプトボクセルはMinecraftのようなゲームに見えますが、それだけではありません。Crytpovoxelsは、Ethereumブロックチェーンを使用して構築されたゲーム、クリエイティブスペース、ソーシャルプラットフォーム、eコマースプラットフォームの仮想世界です。

そしてクリプトボクセルは、現在唯一のマルチプラットフォームのアクセシビリティを備えています。Webブラウザー、バーチャルリアリティデバイス、さらにはスマートフォンからもアクセスできます。この使いやすさは、立ち上げたばかりのプラットフォームにとって非常に有利です。特にWebおよびスマートフォンへのアクセスは、世界の人口の大部分への扉を開きます。   

ユーザーはパーセル(一区画の土地)を購入し、編集ツールによりバーチャルストア、アートギャラリー、ミュージックの再生など、構築できます。

自分のパーセルのURLを友達に教えてブラウザからアクセスしてもらうだけで見に来てもらえます。
また、マルチユーザーボイスチャットで友達と街を散歩できます。

最初のアプローチ
 

クリプトボクセルの創設者であるベン・ノーランは、このプロジェクトに取り組むために最善のアプローチをとりました。オープンなEthereumベースの仮想世界を構築することは、非常に難解なプロジェクトです。Crytpovoxelsがローンチされる前、存在していた唯一の類似プロジェクトのデセントラランドが、Crytpovoxelsの創造に影響を与えました。ベン・ノーランはしばらくの間、ディセントラランドで働いていました。Desentralandプロジェクトを直接見て、それらの教訓をCrytpovoxelsの立ち上げに適用したのでしょう。

 

ベンがCrytpovoxelsの立ち上げ時に、日常の仕事を辞めずにパートタイムで働きつつプロジェクトを進めたそうです。このような新しくてリスクのあるプロジェクトでは、創造の自由を維持するため巨額のオーバーヘッドコストを獲得しないことが必要であることを認識したためです。

 

彼の資金調達モデルは、プラットフォームが成長するにつれて成長しました。Cryptovoxels内には制限された数のパーセル(一区画の土地)があり(Origin Cityには合計3,026個のパーセルがあります)、数週間ごとに彼はいくつかを販売しました。これらの販売は安価で始まりました。新しくリリースされたパーセルは売り切れないこともしばしばでしたが、プラットフォームに参加するユーザーが増えるにつれて、市場に出されるたびに売り切れになり始めました。ユーザーの人口が増加し、パーセルの需要が増加するにつれて、ベンはパーセルの基本価格を引き上げ、それにより彼は調達額を増やしました。

 

Cryptovoxelsを立ち上げてから約1年後、ベンは日常業務を辞めてCryptovoxelsに専念しました。2019年の後半に、ベンはニュージーランドのオークランドにある自宅にオフィスを構えました。


従業員に関しては、他の人が時々ベンを手伝っていたが、ベンが最初の正社員であるマーカスを雇ったのは2020年1月になってからだった。

 

多くの場合、人々はアイデアだけで資金を調達し、次にオフィスを確保して従業員を雇うことを選択します。 

 

しかし、ベンは外部資本を調達することではありませんでした。個人からベンチャーキャピタル会社まで、投資について話し合うための多くの提案がありましたが、ベンは創造の自由を維持し、成長して収益を上げる能力を失わないように自己資金で賄うことを約束しました。幸いにも、彼はゆっくりと着実なアプローチに固執しましたが、それでもまだ非常に早い段階で、成果が上がっているようです。 

こういう風にビジネスを立ち上げてみたい!

ゲーム

クリプトボクセルは直接的な目的のないゲームです。

探索、構築、友達との交流など、いろいろできます。Minecraftのようなゲームをプレイしたことがあるユーザーなら、ユーザーインターフェースが直感的にわかるでしょう。ユーザーが所有する土地にあるときに編集ツールのBuildを選択すると、ビルディングブロック、2Dおよび3Dテキスト、画像、オーディオ、スクリプトボタン、3Dモデリングのインポートなどのメニューが開きます。構築は、使用するブロックをクリック選択してから、配置する場所をクリックするだけの簡単なものです。

※写真の場所

ゲーム内のゲーム

ミニゲームも作成可能なようです。ユーザーがワールド内で多数のゲームをプレイできるようになると、クリプトボクセルの魅力が増加するでしょう。これらのゲームは最初は非常にシンプルですが、ビルドされるにつれて、時間の経過とともに複雑なゲームが増えていくでしょう。

ちなみにアーケードゲーム機でブロック崩しのミニゲームがありました。

 

クリエイティブスペース

クリプトボクセルはアーティストの人口が著しく多いです。画家、グラフィックデザイナー、3Dモデリングの専門家、デジタルアーティスト、ボクセル職人、およびあらゆるタイプのクリエイターが、この仮想世界を利用しています。彼らの創作は平凡なものから素晴らしいものまでありますが、ユーザーがURLのWebリンク、画像リンク、オーディオクリップ、NFTリンク(ファンジブルでないトークン)などの機能を追加して魅力的な空間を構築しています。

 

ソーシャルプラットフォーム

オープンワールドですのでグローバルにいろんな人々と交流できます。他のユーザーと話すことは非常に簡単で、テキストとボイスチャットを介して行うことができます。ソーシャルインタラクションは、他のユーザーとの会話に限定されません。その他にダンスパーティーなどあるようです。

ユーザーが3次元空間で作成する自由を持っているため、クリプトボクセルはソーシャルメディアを向上させます。FacebookやInstagramなどの人気のソーシャルメディアプラットフォームでは、画像やテキスト、動画などのビジュアルコンテンツの使用が許可されていますが、2Dの制限があります。Cryptovoxelsのようなプラットフォームは、ソーシャルメディアの領域で大きな可能性を秘めています。なぜなら、所有する土地の区画は、ソーシャルメディアプロフィールとして家やボクセル作品、絵や写真・動画、URLリンクなど掲載できるからです。

 

NFTコマースプラットフォーム

Eコマースは旧式で、NFTコマースはデジタルコマースの未来です。NFTはユーザーが所有する独自のデジタルアセットです。NFTを使用すると、ユーザーは他者の外部制御なしに、完全に独立してデジタルアイテムを購入、販売、および取引することができます。Cryptovoxelsで構築に使用できる土地区画は、NFTで売買できます。また服や靴などの衣装の作成、販売もできます。

将来、NFTトークンは、仮想遊園地への入場券として機能したり、オンライン教育クラスへのアクセストークンとして機能したりするようになるでしょう。NFT対応のコマースの影響は大きく、無限大です。

クリプトボクセルで掲載されているNFT

NFTをクリックするとOpenSeaでの詳細ページを表示します。販売している場合は購入可能です。

真の所有権

Minecraftを使用すると、アイテムを作成、および取得できますが、アイテムを本当に所有しているわけではありません。Minecraftがシャットダウンすると、ゲームに投入した価値と時間が失われます。

NFTおよびCryptovoxelsは、Ethereumブロックチェーン上にある独自のデジタル資産を所有できる代替手段を具体的に提供します。イーサリアムブロックチェーンを使用すると、Cryptovoxelsがシャットダウンしても、資産はそのまま残ります。もちろん、Cryptovoxelsがシャットダウンした場合、資産の価値が大幅に低下する可能性が高く、ホスティングコストを考慮する必要がありますが、重要なのは、懸命に入手したアイテムをまだ所有しているということです。

NFTはDecentralandなど他のメタバースでも掲載したり、ボクセルデータはThe Sandboxにて利用できるものもあるでしょう。

 

ブロックチェーンを使用する他の仮想世界

Decentralandはユーザーが所有する仮想世界でもあり、ブロックチェーンに仮想世界を配置するという考えを持った最初のプロジェクトでした。しかし、クリプトボクセルとは対照的に、デセントラランドは今はやっとPCでのみログインできます。2017年8月、DecentralandはICOを通じて2,400万ドルを調達しました。CryptovoxelsはICOを行ったことはありませんが、開発者がさらに資金を必要とするときはいつでも、デジタル土地の区画を販売することで資金を調達しています。

土地区画トークンに機能を追加できますし、トークンホルダーがプロパティを貸し出すことを許可したり、追加のトークンホルダーメリットを作成することで、土地区画トークンの価値を高めることができるでしょう。

個人的にはWebベースが非中央集権的に思いますし、Decentralandは当初から土地を購入しておりいろいろ置いて試しています。

My LAND

アプリベースでも高クオリティで使いやすいものに人気が出る可能性は否めません。

Somnium Spaceは、アプリベースですがクオリティの高い建物を簡単に作れるようで土地を買って試したいところですが、好きな場所にすぐアクセスできない仕様で、自分の家を建てたとしても見に来てもらえるのは、そこそこのスペックのPCを持っている人が来てくれるのも待つしかないと思うと土地購入を躊躇してしまっています。

The Sandboxは、アタリやスクエニがパートナーになっており期待できるのではないでしょうか。

100