脱Google&Facebookそしてプライバシーを個人が取り戻す

脱Google&Facebookそしてプライバシーを個人が取り戻す

Google Poly終了に加えてGoogleフォトやGmailなど、2年不使用でデータ強制削除 21年6月からとのこと。

障害もたまにあるようになってきたので、
そろそろGoogle依存から少しづつでも抜け出した方が良いかもしれません。

プライバシーは基本的人権です。

プライバシーを個人が取り戻す最低条件、

・エンドツーエンド暗号化
・オープンソース
そして分散型ですと尚良し。

エンドツーエンド暗号化とは、暗号化を使用する利用者のみが鍵を持つことで、サービスの管理者、インターネットサービスプロバイダ、その他第三者が勝手にデータを復号することを防ぐ技術である。

オープンソースとは、ソフトウェアのソースコード(プログラミング言語で記述された文字列)を無償で公開し、誰でも自由に改良・再配布ができるようにしたソフトウェアのことです。

監査を通すと尚良いが、ソースを公開することで透明性が高く信頼できる。

これからは、検閲耐性を付けプライバシーを守り個人個人で責任を持つ方向と思っていたが、たまたま見たYahoo!ニュースで、暗号化せず検閲されるべきって記事があって、検閲された方が犯罪など捕まえやすく抑制できるからという人もいるんだなと学びました。
フィッシング詐欺とかちゃんと捕まえてほしいですけどね。

エンドツーエンド暗号化と法規制

個人情報を売って楽しく生きられるならいいが、搾取されるだけなら守るべきところは守るべき。GAFAですら、エンドツーエンド暗号化を導入したがっているが、検閲できなくなるので政府に圧力掛けられてるのかな?一部対応してたりはするのだが…

アプリがオープンでなく何をされてるかわからず、個人情報を吸い取られるWeb2.0の未来は監視社会ではないだろうか?

▼Netflixで「監視資本主義: デジタル社会がもたらす光と影」が見れます。

プライバシーを個人が取り戻すWeb3.0とどちらが良いだろうか?

■メール

普通のメールのやりとりは、Gmailや会社ではGoogle Workspaceなどが使い勝手が良いだろうが、機密性の高いメールのやりとりがしたい場合は、下記を利用すると安心。
無料プランでは、容量が少なく制限があるがログインアカウント用など使い分けると良さそう。

Protonmail

Tutanota

■パスワードマネージャー

Bitwardenを利用しよう。
お金や個人情報を守る!最低限やるべきパスワード管理

■2段階認証アプリ

2段階認証は必ず設定しましょう❗️

Google Authenticator
※最近機種変更のデータ移行にやっと対応したらしい
Authy
SmartKey
のアプリが定番でした。

Twoblocks
https://twoblocks.leopradel.com/
※BlockStackでオープンソースのWebアプリ。

■メッセンジャー(通話・チャット)

LINEを使っている人が多いため他愛もない話は良いが、親しい身近な人などから下記を進めると安心かも。

▼telegram

※クリプト界隈で有名なため、コミュニティに参加し過ぎると詐欺を誘うDMが多いかも

▼Signal

※スノーデン氏やイーロンマスクも推奨。

▼Session

※SignalをフォークしたThe Loki Projectのアプリ。AppStoreのAppのプライバシーを見ると"データの収集なし"と表示されています。

▼Mixin Messenger

※電話番号,ユーザーID,クラッシュデータを収集される場合がありますが、ユーザー識別情報には関連付けられません。

▼Status

※データの収集なし。DAppsブラウザ付き。

■分散SNS

■ストレージ

●従来のクラウドストレージプロバイダー

Googleドライブ、Dropbox、Microsoft OneDriveなど
会社などでデータを共有して作業は便利ですが…
・ソースが公開されていない。(なので個人情報を盗られたり何をされてるかわからない)
・ファイルの暗号化もされていない。(一部や有料で対応など)

●従来のクラウドストレージにソフトで暗号化したファイルを保存する

boxcryptor、cryptomator
※すべてがオープンソースではないようです。

●エンドツーエンド暗号化されたクラウドストレージ

pCloud(Crypto folder)、SyncMEGAIceDrive
※ただしソースが公開されていない。

●分散型クラウドドライブ

internxt drive が各デバイス対応など一番進んでいる
その他 storj・tardigradeArDriveApp(ARトークン必須)

・オープンソース
・エンドツーエンド暗号化、ゼロ知識暗号化
・分散型
※無料プランは容量が少ないですが、Textの機密情報を保存するなどに重宝します。

●分散型ファイルストレージ

※機密情報はまだアップロードしないでくださいね。プライベートストレージはもうすぐです。

Filecoin IPFS

▼spacestorage(順番待ち)

Remaining : 329 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Campaign

Related stories

Writer

Founder of CipherWeb LLC. dWebXR:OSS,EtoEEであり、WebXRのようなオープンスタンダードと分散型インフラを組み合わせて、アプリや仮想オブジェクトをユーザーが所有できるようにする空間プラットフォームや関連プロトコルなどを好む思想家の戯言。

Share

Popular stories

Cryptovoxelsから見るメタバース

70

Spatial WebがNewノーマルなWeb3.0の近未来

69

危ない!?ブロックチェーンゲーム

55