RarePepe再び[5:OpenSea購入編]

RarePepe再び[5:OpenSea購入編]

おかげさまで、前回出品したブツが売れました🙌

NFT購入資金として使えるwethがゲットできたところで、色々実験してみたいと思います。

まずは、offerしてみましょう。

現在の出品価格は「ちょっと高いなぁ。」、「この価格なら買えるんだけどなぁ」というときに使う機能かと思います。

では、早速

このNFTにオファー出してみます。

まず、購入する場合、ほんとに説明通りのトークンが入ってるかを確認します。

このWATERSCOURTというのは、SpellsOfGenesisというゲームトークンでカウンターパーティ上で発行されています。

ということでDescriptionに記載されているView this NFT on Emblem.Financeのリンクをクリックします。
するとEVの画面が出ますので、そこでBTCアドレスを確認します。

BTC/XCP/OMNIボタンを押してアドレス確認します。
アドレスをビットコイン系エクスプローラで確認しトークン入ってるか確認します。(BTC AdressesのURLが代表的なエクスプローラのURLになっていますので、こちらをクリックしてもらうと良いです)

ちなみに View this NFT on Emblem.Financeより下の情報は、EmblemVaultを作成する時に自動的に追記されます。
これより上に記載してある内容は、NFT発行者が自由に記載できます。
中には虚偽記載で騙そうとする発行者もいるかもしれません。
例えば違うアドレスを記載してあたかもトークンがちゃんと入っているように見せかけるとか...
したがって、デスクリプションはちゃんと確認することが重要になってきます。

逆に説明と違ってお宝が入っているNFTもあるかもですね。そういうお遊びする発行者も出てくるかも。

アドレスは公開されてるので、第三者が勝手にトークンを送り込むこともできますね😅

さてこのNFTですがurlは以下のようになっています。

https://xchain.io/address/1LveKVwFUW7R4jdc3LFq1u6SbDmxCYHVGL

大丈夫ですね。WATERSCOURTが1個入っています。

では、オファー出してみます。

「申し出をする」ボタン押します。

0.003ethでどうだ!
「申し出をする」ボタンを押します。

signを押します。

署名を押します。(署名なので手数料は発生しないと思われます)

約一週間有効なオファーが追加されました。

次にキャンセル方法を確認しておきましょう。

オファーのcancelボタンを押します。

confirm押します。

sign押します。

署名押します。

オファー消えました。

最後に取引履歴を確認しましょう。

購入に必要なwethがない場合は、事前にquickswap等を使って準備しておく必要があります。
なお、オファー出すときに表示されてた「Add Funs」ボタンを押すことで、取引所等からwalletに送金できるようです。詳しく調べてません。申し訳ないです。

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

Share

Popular stories

RarePepe再び[1]

442

RarePepe再び[3:EmblemVault編]

358

RarePepe再び[4:OpenSea出品編]

300