目標金額約20000%達成のIFOに参加してみた

目標金額約20000%達成のIFOに参加してみた

はじめに

こんにちは、いきなりですが皆さん「IFO」というものをご存知でしょうか?

浅学非才の身にして自分にもわからないのですが、

ICO、IEO等を思い返せば、「I」「O」の間に何かアルファベット挟まっている場合、

それはおそらくコインの売り出しイベントであると、そう感じ取れるよう我々のゲノムには刻まれているのであります。

それにしても「F」、なんでしょうか・・・すぐにはF○CKしか思い当たりませんがおそらく正解です。

”Initial FU○K Offering” (金を)突っ込める場所があればなんでもいいんだろ!というバブルへのメッセージを感じます。

IFOと遭遇

なぜこんな話をするのかというと、先程pancakeswapを眺めていたところ

IFOによる新トークンの売り出しまであと7分という偶然に恵まれたからです

早速参加してみました。

参加方法はこんな感じで、cake買ってbnbとペアでpoolにいれると貰えるcake-bnb LPトークンを使って購入するようです。

ちょっと複雑ですが、とりあえず金があれば参加できるという理解で大丈夫そうです。

目標金額を超える資金が調達された場合は、合計出資額における自分の出資額のパーセンテージでトークンの割当量が決まるみたいです。

ここも少し複雑に感じますが、金を出せば出すだけ買えるという理解で大丈夫そう。

まとめると、金があれば参加でき、金を出せば出すだけ買えるということです。

シンプルですね。

手持ちのcake-bnb LPトークンはすべてfarmに預けて金利を得ていたので、

それを全額引き出して購入に充ててみました

IFO開始

開始から1分で目標金額の1000%到達、物凄い人気です、

開始から約40分、目標金額の10000%を軽々と達成、

1月に行われたIFOを確認するとその過熱感を感じとれます。

そしてざっくり20000%に達したところで1時間のIFOは終了。

結果

約1億円の目標金額に対して約190億円が集まる狂乱のIFOが終了し、我々のもとにはトークンが残されました。

購入に充てた金額は2万円程度だったのですが、果たしてどれだけの枚数を購入することができたのか、ドキドキしながらトークン請求画面を見ると・・・。

!?

なんと”無”を請求できるようになっていました。深い。

とりあえず請求してみるもののエラーが帰ってきてgas代だけ減る状態。

どうやら購入金額が少なすぎるとバグるらしく、直すから待っていろとのアナウンス。

20分後、直ったとのアナウンスがあり、さっそく請求してみたところ・・

0.000000000000000001BRYをGET。

SCAMか!?と身構えたものの、購入に充てたLPトークンも返還されていたので、

「貧乏人はこれやるから帰んな!!」

ということのようです。やはりDefiの世界では金こそが力IFOは私のようなものが手をだしてはいけない領域だったようです。

ちなみに"BRY"というトークンが何なのかは未だにわかりません

それではみなさんさようなら・・・。 

この続き : 0字 / 画像 0枚
100

会員登録 / ログインして続きを読む

参加しているキャンペーン

関連記事

記事を書いた人

SNSにシェア

このクリエイターの人気記事

年利約10000%のdefiにお金いれてみた。

299

DOGEを無限に買い続けるBOTを作ってみた

81