インドのスラムで見た大切なアイロンの話

インドのスラムで見た大切なアイロンの話

インドのスラムで色々調査していたことがありまして、その時に思い出に残っているアイロンの話をさせてください。

インドのスラムでどんなものが役立つのか市場調査するために、インドのムンバイのスラムに行きました。

インドのスラムと言えば、スラムドックミリオネアという映画の舞台になった巨大スラム「ダラヴィー」が有名なのですが、ここはダラヴィーではないスラムです。

ダラヴィーに行った話も今度書こうと思います。

スラムというと聞こえは悪いですが、普通の人が集まって普通に生活している場所です。写真を撮ると子供たちが寄ってきます。

みんな写真撮られるのが好きです。

ここで1件の家に家庭訪問をして調査をしました。調査の内容は、どんな生活をしているか、生活の中であったら便利なものは何かというものです。

その話をしていると、この家の大事なものとしてアイロンが出てきました。ちなみにこの家にある電化製品は、テレビ、冷蔵庫、そしてこのアイロンだけです。

なぜアイロンを買ったかというと、この家の息子が小学校に上がるから、この制服をきれいにして上げるためでした。

このスラムの家から出すにはレベルが高めの学校でした。1年生からパソコンの授業もあるような学校です。

月収が3万円程度なので、フィリップスのアイロンも安い買い物ではなかったはずです。そんな中、スラムから通う自分の子供に少しでもきれいな格好をさせようと、3番目に買った家電がアイロンでした。

スラムの子供には特に教育が重要です。スラムに居るだけだとここから出られないので、少しでも良い教育を受けさせよう、その中で気持ちよく過ごしてもらおうというアイロンに、とても大事な意味が込められていました。

というわけで、私が今まで見た中で一番大事なアイロンのお話でした。

インドもコロナウイルスに苦しんでるので、この記事もチャリティ枠で10円分の寄付をよろしくお願いします!

 

 

 

 

 

1,000

コメント(7件)

コメントを投稿するには記事を購入してください。

深いお話でした!価値観について改めて考えさせられますね。

寄付しておきました!w
それにしても何故アイロンって思ったらそういう事だったんですね。色々考えさせられるし、やはり文化は違えど子供って宝なんだなあと