Cloudflare RegistrarがccTLDに対応してたのでドメイン移管した

料金は上乗せなしの卸売価格で提供と謳い、実際に他サイト比で安価なCloudflare Registrarが一部ccTLD(.ukなどの国ドメイン)のサポートを開始していたのでGoogleDomainからCloudflare Registrarへ移管してみた。

現時点で対応するccTLD

ccTLDのサポートが始まったものの対象となるccTLDは一部のみ。詳細はCloudflareのリストを見てもらうとして、代表的なccTLDをいくつか。

  • .us 米国ccTLD
  • .io テック系の企業でよく見る。一応イギリス領インド洋地域のccTLD
  • .me 人気のこれもモンテネグロのccTLD

日本のccTLDである".jp"などはまだ未対応

Cloudflare registrarから新規でドメインの取得もできるが今回は ".me" ドメインを移管させる

実際に移管してみる

ドメインがCloudflareアカウントに追加されるとドメインの移管が可能になる。

ドメインによって違うものの".me"の場合、Google Domainでは更新料が2,300円のところ11.88米ドル(記事公開時1,596円)と安く利用できる。

画面の手順に沿って移管に必要となるコードをGoogleDomainから取得して貼り付けただけであっさりと移管手続きは完了してしまった。(実際には移管承認のためのメールが届くのでそれの認証も必要)

移管を承認するとすぐにCloudflare Registrar上で操作が可能になった。手順終わり!

今回はccTLDに対応したということでそれの移管をしたという話だったが、おそらく最も有名な .comや.netなどの一般のTLDにも対応しており ".com"は$ 8.57/年で利用できる。 

whois隠しも無料で行ってくれて、今回紹介してないドメインも安く利用できるCloudflare Registrarイイよ!

追記: .usドメインも移管してみた。 1,400円 → 6.5米ドル (やっぱり安い)

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

Share

Popular stories

NicehHashは出金手数料が安いヨ

153

ノードがオフラインになったときにTelegramで通知を受け取る

78

NiceHashで過去数ヶ月の間、Lightningを使った引き出しで問題が発生しているっぽい

40