オープンソースのCPUで8bitパソコン作った

オープンソースのCPUで8bitパソコン作った

CPUはオープンソースの8bit CPU WZetaです。乗算器がないにもかかわらず比較的高速に剰余演算が可能なので安価なハードウェアウォレットを作るのに向いています。

WZetaは設計図を公開されています。WZetaはトランジスタ数当たりの性能を追求し、トランジスタ数が非常に少ないためCPU製造時の検証も、短時間に行えるため、安心して使えるハードウェアウォレットを開発できます。

WZetaを搭載した8bitパソコンWZ-660の試作が進みシューティングゲームのデモが可能になりました。次のURLにFC2動画があります。

https://video.fc2.com/content/20221002LHEhqMqk/&tk=

廉価版のWZ-650の開発も進行中です。下記の画像が試作機です。

●8bit CPU WZeta

https://wzeta.idletime.tokyo/

●8bitパソコンWZ-660

https://subnote.icf3.net/wz660/

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

仮想通貨よりハードウェアに詳しいエンジニア

Share

Popular stories

ハードウェアから見た暗号資産(仮想通貨)

91

乗算器のない8bit CPUで高速にべき乗剰余演算するコード(改訂版)

56

RSAは終わらない - RSA 7680bitのICカードの実現可能性

24