Monacard2.0の画像データをpinする方法

Monacard2.0の画像データをpinする方法

寝る前にメモ書き

そもそもpinとかIPFSとかって何って人は

環境はubuntu(AMD64)

wget https://dist.ipfs.io/go-ipfs/v0.9.1/go-ipfs_v0.9.1_linux-amd64.tar.gz

(最新バージョンはhttps://dist.ipfs.io/#go-ipfsで確認。ラズパイならARMの32か64か)

tar xzvf go-ipfs_v0.9.1_linux-amd64.tar.gz

cd go-ipfs/

sudo ./install.sh

ipfs init

ここで

ERROR provider.queue Failed to enqueue cid: leveldb: closed

というエラーが出ても特に支障はないらしいのでそのまま続けて大丈夫。

もしその他のエラーが出て再試行するとき、.ipfs/configを削除してからでないと実行できない。

ipfs daemon

curl -s https://card.mona.jp/api/cid_list | jq '.list[] | .cid' | xargs -i ipfs pin add {}

(こっちならMacでも動く)
[curl -s https://card.mona.jp/api/cid_list | jq '.list[] | .cid' | xargs -I {} ipfs pin add {}
この部分はohac氏のトゥートから引用(それを見て自分でもやろうと思った)

jq: command not foundみたいなエラーが出たら

sudo apt install jq

ポートはtcpの4001を開いておけば良いらしい

どうやってポート開放すれば良いのかって言うのは、多分ufwを使うことになると思うのでこのあたりで。

後はcronとかでcidの取得とpinを定期的にできるようにすれば完璧だと思う。

これは自分にしか役立たないメモだが、Time4vpsのStorage VPSではbitcoind+lndとipfsを同時に実行させるのはCPUリソースが足りないっぽい。

日本語ドキュメント

https://docs.ipfs.io/

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

Share

Popular stories

Time4VPSでBitcoinのフルノード構築

59

Time4VPSでMonacoinのフルノード構築

24