2020年8月の仮想通貨ニュースまとめ【仮想通貨の定点観測】

2020年8月の仮想通貨ニュースまとめ【仮想通貨の定点観測】

500

こんにちは。ジャノメ羊ノブナガです。

今日は2020年8月に起きた暗号通貨関連の出来事をニュース形式で紹介していきたいと思います。

今月はニュース盛り沢山でしたが、独断と偏見で5つ取り上げてみました。では行ってみましょう。

前月のニュースはこちらからどうぞ。
(参考記事)2020年7月の仮想通貨ニュース【2020年7月定点観測2】

 

今月のニュース

個人的に心が動いたニュースを何本か取り上げたいと思います。

仮想通貨イーサリアムのテストネットがクラッシュ

 

ETH2.0に移行中のETHですが、最終テストの段階で致命的なバグが見つかったようです。記事を読んだ限り、端末の時刻を動かすことで不正ができてしまうようですね。

ヴィタリクをはじめETH開発者は優秀なので大丈夫だと思いますが、スケジュールがさらに後ろ倒しになるかもしれませんね。

個人的にはETHのガス代高騰で困っているので早くETH2.0に移行してほしいです!

 

市場価格で初めてビットコイン超え!アルト銘柄「YFI」取引開始から32,000%上昇

 

DeFI銘柄のyearn.finance(YFI)の1枚あたりの価格がBTC価格を超えたというニュースです。

ちなみに8/29現在のYFIの価格は200万円を超えています。

(8/30に一時300万超えましたねw)

YFIは総発行枚数がたった30000枚なので全体に占める1枚の割合が高く、価格が高くなっています。時価総額全体ではもちろんBTCのほうが圧倒的に高いです。

せっかくなのでYearn.finance自体も覗いてみましたが、
感想としては、貸出金利(APR)が高く結構稼げそうな反面、ベータ版でサービスしていて結構リスキーな印象を持ちました。

僕は怖いのでサービスが正式にリリースしてから触ってみることにしますw
(とか言って来週あたり触ってそうです笑)

 

ビットコインのCMが米国で放映

ビットコイン投資信託などを手掛ける米国企業、Grayscaleがビットコイン投資のCMを放映したようです。

Youtubeはこちら↓↓。

時間がない方のためにCMの内容を一言で説明すると、

お金の歴史を紹介したうえで仮想通貨投資を選択肢のひとつとして啓蒙しています。

ぶっちゃけCM自体はアメリカンな感じで個人的には微妙に感じました←

とはいえ、暗号通貨の認知度が上がることは市場全体にとってポジティブです。裾野が少しずつ広がっていることを実感できますね。

 

仮想通貨取引所FTX、Blockfolioを買収

ここ最近勢いに乗っている仮想通貨取引所のFTXが仮想通貨ポートフォリオアプリで有名なBlockfolioを買収しました。

Blockfolioは僕も利用していますが、複数walletで資産管理するときに便利で意外と重宝しています。報道によると、今後はBlockfolioを拡張してトークンの取引機能などを拡張していくみたいですね。

仮想通貨関連の買収だと今年BinanceがCoinMarketCapを4億ドルで買収しています。

それにしても買収額1.5億ドルは夢がありますね。

1人のユーザーとして今後の動向を楽しみにしています。

ポルカドット上場、そして一気に上昇。時価総額7位へ。

 

今月、Binanceなどに上場したPolkadot(DOT)ですが、価格が急上昇し時価総額7位にランクインしました。

polcadotはブロックチェーン間の相互通信機能(インターオペラビリティ)を担うプロジェクトです。ライバルはCOSMOS(ATOM)ですが、最終的には両者共存し寡占状態になる予感がします。

Polkadotはブロックチェーン業界にとって重要なインフラ部分を担うプロジェクトです。頑張ってほしいです。

 

おわりに

以上、仮想通貨ニュースでした。

月並みですが仮想通貨業界は本当に変化が激しいですね。

有料部分はおまけです。
個人的に気になっているニュースを1本取り上げましたが、ほとんどの方にとってはあまり関係のないニュースだと思います。

投げ銭を投げる感覚で購入いただけると嬉しいです。

500