年の瀬におもうこと

なまえ

こすもすさんの寄付についておもうことで、書きたくなった。

こうした、ブログチックなサイトのいいところは、誰かの文章に触発されて、誰かが書きたくなる、そういうところであると思う。

てなわけで、以下本題。

文字 409字

100

会員登録 / ログインして続きを読む

コメント(2件)

コメントを投稿するには記事を購入してください。

なまえ

自分の記事を読んでの記事、ありがとうございます。

自業自得の人をどこまで救うのかというのは、難しい判断かと思います。それぞれ事情は違うでしょうでし。

でも、お書きのように敗者復活のチャンスはもっとあっても良いように思います。自業自得の人で敗者復活できる人は少ないかも知れないのですが。

関連記事

名前

Fastbitcoins

今をときめく某世界最大級の取引所の創業者CEOと出会った2013年末、彼はロボコインというビットコインATMの東アジアオペレーション責任者でした。

名前
サムネイル

ご挨拶

みなさんこんにちは。 はじめましてyukiです。 普段は、結婚指輪・婚約指輪を中心に オリジナルジュエリーとオーダーメイドジュエリーをつくっています。 ビットコインを知ってから、 雷に打たれて頭の中がビットコインでいっぱいになってしまったお蔭で こんなジュエリーまで作ってしまうようになりました。 このspotlightでは ジュエリーの歴史、 つくっているもの、 オススメのもの、 など紹介できたらと思っています。   まずは今日のところはご挨拶まで。 yuki

名前
サムネイル

閉じ込められた。

金曜の午後から翌土曜の昼頃まで家に閉じ込められていた。 パキスタンでは部屋やトイレのドアが壊れるということがわりとよくあり、友人を呼んで外からドアを蹴破ってもらったりしていた。また、パキスタンのドアは下に1センチほど隙間があるのでそこから鍵、新聞、少量の飯を入れた皿などを渡すことができた。 しかし先進国ドイツでまさかパキスタンと同じことが起きるとは。 金曜の午後、大学から帰宅し、夕方にスーパーに行こうとしたら玄関のドアが開かない。ドアノブあたりがガタガタになっていてノブがうまく回らないのである。そして金曜日ということでドイツ人のフラットメイトはビール宴会であり帰宅するのは翌日ということであった。 しかたがないので家の窓から下の階に住むクルド人に助けを求めることにした。 「家のドアが、あかへんのんやけど、たすけてくれへんか??!!!」 クルド人、英語が全く分からないので、こっちを指さしながら、 「ギャハハハハハハハハッハッハハハ!!!!(ナニイッテンダテメー!!!)」 と馬鹿笑いして喜ぶので、仕方がないのでドイツ語の辞書を見ながら、