RarePepe再び[4:OpenSea出品編]

RarePepe再び[4:OpenSea出品編]

いつもの通りネット検索してみました。

こちらを参考に前回作成したNFT(EmblemVault)出品作業を進めていきます。

どういう仕組みかわかりませんが、EmblemVault側でNFT作った時点で、その情報がOpenSeaに反映されるみたいですね。
もしかしてビットコインアドレスに該当トークン送金しない状態でも売りに出せちゃったりします?

OpenSeaに接続

参考サイトのステップ2を実行:MetaMaskを選択

はい、これが出てきました。使用するアカウントを選んでください。事前にネットワークはmatic mainnetを選んでおきましょう。

「次へ」を押すと

「接続」押します。これでOpenSeaに接続できました。

接続解除は、ログアウトでたぶんOK

再度接続する場合は、メニュー右のwalletアイコン押す。

Metamaskを選ぶ。2回目以降の接続は、煩わしい作業なく一発で繋がるようです。

NFT出品

次に、メニューのMy Profileを押すと、前回EmblemVaultで作ったNFTが出てきます。

NFTを選択し詳細画面を表示します。右上の「売る」ボタンを押します。

どうもmaticの場合、openseaの機能に違いがあるような気がします。
参考サイトにはオークション形式も選べるみたいなこと書いてありましたが、固定価格一択でした。

価格(画面には0.5と表示されてますが実際は0.2としました)を入力してComplete listingボタンを押します。

Unlock押します。

確認ボタン押します。

しばらく待ちます。成功しました。

Unlock押します。

署名ボタン押します。(Wrapped Ether なんだろう?)
しばらく待ちます。
成功しました。

sign押します。

署名押します。(0.199225ETHと出てますね。え、ETH? ビビります。おそらくETHじゃなくてMATICなんでしょう。)
しばらく待ちます。

出品成功!

MyProfileで確認してみましょう。

SANPOPEPEちゃんと0.2ETHで出品されてます。

出品したSANPOPEPEを押してみる。詳細画面に移ります。

Cancel Listingボタンで出品取り消しできそうですね。

他の直近出品物より安く出品したつもりですが、よく考えると0.2ETHはお高い😇
興味ある方は、オファー(価格交渉?)してみてください。

Polygon、Coval、EmblemVault、メタマスク、OpenSeaやら初めてなものばかりでちと疲れました。
次回からはスローペースになります😅

次回もOPENSEAの予定

<2021/08/14>
価格改定について、有料記事に追加記載しました。

Remaining : 656 characters / 14 images
300

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

Share

Popular stories

RarePepe再び[1]

425

RarePepe再び[3:EmblemVault編]

343

RarePepe再び[5:OpenSea購入編]

199