関東 VS 関西 フィナンシェ対決

関東 VS 関西 フィナンシェ対決

みなさんこんにちは。少し前の事ですが、東京の友人からある手土産を頂きました。それがこちらの・・・

バターバトラーと言うお菓子。パッケージのデザインがオシャレで、田舎者の私からすると、さすがは東京のお菓子だな~って感じがするのですが(笑)、中身はと言うと・・・

焼き菓子のフィナンシェ!しかも・・・

名前にもあるようにバターが主役のフィナンシェで、厳選したヨーロッパ産発酵バターとフランス産ゲランドの塩、さらにはメープルシロップを中に染み込ませた贅沢な作りとなっております。さっそく袋を開けてみると・・・

濃厚なバターの香ばしくてリッチな香りが辺りに漂います!バターが主役と言うだけあって、香りからもバターの存在感が凄く感じられ、一瞬で幸せな気持ちになります(笑)。そして味わいにも、濃厚なバターの香りと甘みがあり、噛むとまずはメープルシロップの風味が感じられるしっとりとした食感が広がり、その後すぐにザクザクとした食感が続きます。余韻にもバターの風味が長く感じられ、非常に贅沢なフィナンシェで美味しい!

こんなに濃厚なフィナンシェは、もうお茶菓子と言うよりも・・・

立派なお酒のアテでしょう(笑)!と言う事で、まずは以前もブログに登場した奈良の大倉本家さんが醸した山廃仕込みの純米生酒「Pompelmo」をペアリング!これだけ濃厚でリッチなバターの風味と味わいには、同じく山廃仕込みによるバターのような風味と濃厚な味わいを持った日本酒が良く合います!

続いては、甘口のデザートワイン・・・とも思ったのですが、ここは少し趣向を変えて・・・

レモンハイボールとペアリング!ウイスキーには甘く香ばしい樽の風味や奥深いコクがあるので、濃厚でしっかりとしたバターの風味や味わいがあるフィナンシェとは相性が良いのです。今回はレモンを使ったハイボールと言う事で、フィナンシェの甘みとレモンの甘みやウイスキーの風味が同調し、またレモンの酸味が余韻を爽やかな印象にしてくれて合いました。

ただ、ハイボール+レモンなので、重さのあるフィナンシェと比べるとややボディが軽く感じられ、また先ほどの日本酒はリッチなバターの風味をより膨らませる方向だったのに対して、こちらは膨らみを爽やかに切る方向のペアリングだったので、濃い目のハイボールかロックなどにしてお互いのボディの重さを揃えると、より贅沢な余韻を楽しめるのではないかと思いました。

さて、それからしばらくして、今度は別の友人から・・・

謎の小包が届きました!右上をよく見てみると・・・

アンリ・シャルパンティエの文字が。これって確か洋菓子屋さんの名前だったような・・・。昔、Jリーグの試合を見に行った時に、前を歩くヴィッセル神戸のサポーターが着てたユニフォームに、この名前が書かれていたのを思い出しました(アンリ・シャルパンティエはヴィッセル神戸のスポンサー)。さっそく中身を出してみると・・・・・

やっぱり!フィナンシェを発見!調べてみると、アンリ・シャルパンティエは兵庫県の芦屋にある老舗の洋菓子店で、このフィナンシェが代表商品との事。芦屋と言えば、関西を代表する高級住宅地でセレブの街、そんなオシャレな街で長年愛され続けてきたフィナンシェともなれば・・・

必然的に関東 VS 関西のフィナンシェ対決が勃発するわけです(笑)。では、さっそくアンリ・シャルパンティエのフィナンシェも実食!

こちらは、ふわっとしつつもしっとりとした食感で、上品な甘さと共にバターの濃厚な風味が上がってきて、まろやかな余韻が長く続きます。バターバトラーほどの凄いバター感はありませんが、全体のバランスが取れた上品な味わいでこれも美味しい!と言う事で、同じように・・・

「Pompelmo」とペアリング!こちらも、日本酒が持つバター系の風味と甘みがフィナンシェと同調し、酸味がより味わいを広げてくれて良く合いました!

続いては・・・

レモンハイボールとペアリング!バターバトラーよりも軽めのボディなので、レモンハイボールのボディの重さとも近く、上品な味わいがより爽やかになる印象でこれも良く合いました!

・・・と言う事で、そろそろフィナンシェ対決の結論を出さなければいけないのですが、気になる判定はと言うと・・・まさかの両者引き分け(笑)!完全に両者に忖度した結果のようにも見えますが(笑)、正直どちらも甲乙付け難い!リッチで贅沢な味わいで言えば間違いなくバターバトラーですが、上品さとバランスの良さで気軽に楽しみたい時には間違いなくアンリ・シャルパンティエの方がぴったりだと思いました。

いかがでしたか?こうやってフィナンシェを食べ比べる事なんて今までなかったので、とても楽しいひと時でした(笑)。ぜひみなさんも、いろいろなフィナンシェを食べ比べて、自分のお気に入りを見つけてみてはいかがですか?そして、コーヒーや紅茶だけではなく、日本酒やウイスキーなどのお酒ともぜひ一緒に楽しんでみて下さい!きっと、これまでとは違った至福の時間を過ごせますよ~。

Remaining : 555 characters / 7 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

ワイン、日本酒、音楽、サッカー、アウトドア好きです。お酒にまつわる面白い話を書いています。また、ネットでワインショップ「LIFE WITH SAKE & WINE」をオープンしました。10%オフクーポン「open2021」(お1人様1回有効期限無し)ご用意したのでぜひご覧下さい!

Share

Popular stories

シンポジウムの語源にワインあり?

919

サムライマックに合うお酒は?

527

芸能人格付けチェック、なぜ白ワインと赤ワインを間違えるのか?

483