ヘッダー画像

ビットコイナー必読!?ロシア文学の最高峰である「罪と罰」

なまえ

ロシア文学最高峰ともうたわれるドフトエフスキーの代表作「罪と罰」を読んでみた。

元々この本を読もうと思ったきっかけは一人の大学教授、Jordan B Petersonの影響によるものであった。氏はトロント大学にて教鞭をとっているが、リベラル派が多い教育会とは真っ向から対立をしており、氏はオルタ右翼といわれる思想派に属している。

氏は、男女賃金格差問題について以下のようなことを述べて、大きな反響を生んだ。

文字 218字

100

コメント(0件)

コメントを投稿するには記事を購入してください。

関連記事