jimmyhomma

jimmyhomma

本物のBTCマキシマリストと数時間x4日の会議から、ハードコアマキシマリストに及ばずと気付く。 優先順位はBTCベースレイヤー, LN, Liquid, DCまで。RSKは駄目そう。ETH, Cosmos, Polkadotも多少興味あると言ったら、信用失うとの忠告を受けた。

読書力の向上

私がビットコインにハマったのが、2013年末からなので、約6年間のビットコイナーである。ビットコインにハマる人の共通体験として、最初の1週間あるいは1ヶ月間、興奮が続いて、眠れない、徹夜してしまう、調べ続けたら朝だった、ベッドに入っても眠れないので起きて調べた等があります。 また優良企業の取締役だったのに無断欠勤して約1ヶ月音信不通になって、復帰したら首になった、辞表を提出した等。新卒で入ったパナソニックより、調べてるビットコインが面白過ぎて、辞めたしまった某○ージ等、楽しいエピソードが豊富です。 そして、ビットコインにハマると、一般的に技術的な仕組み、アプリケーションを含むエコシステム、業規制、金融全般、そもそもお金って何だ、中銀って何やってるんだ、等々にハマります。 更に国家とは何だ、警察・軍隊・徴税の役割や、国境の意味等、考えて、調べたりする様になります。 なぜ、それを調べるのか?それは直接的・間接的に投資の根拠となるからです。あるいは単純に面白いから、好奇心を覚えるからという面があります。

コンテンツをLN支払いで読みたい

現在、ウェブ上の無償コンテンツは多くが広告収入で運営されている。つまり、いかにクリックして貰うか、検索の際に上位の記載されて、クリックを得るかがウェブマーケティングらしい。 一例としては、こんな記事。https://president.jp/articles/-/32320?page=4 ページを分割すると、読者は次ページをクリックするので、広告を多く表示出来るという設計だろうか?知らんけど。

別れと出会いに関して

日本のビットコイン業界は黎明期から有名人がいました。1人目はサトシナカモト。2人目はMtGoxを経営していたマルクカルプレス。3人目がビットコインジーザスと呼ばれていたロジャーヴァーです。   これに留まらず、日本語堪能で三重大学の講師だったライトニングネットワーク発明者のタッジドライジャ。世界最速でバイナンスをビリオンダラー企業に育てたCZ。ビットコインコア開発のニコラドリエ。そして最強助っ人と言われている木下ジョナサン。  

学校とカネ

こんにちは、和尚です。 おととい、京都にて私大(特に資源も研究も・・・な文系大学)を主とした、学生ベンチャーをどうして活用してけばいいか?的なセミナーで1席ぶたせて頂いたのですが、いやはや面白い。 某九州私大の准教授にお声がけいただいたのであるが、彼自身も、いや、大学どおしでコレほどおもろいことができるのか?と思い知った、とのご発言があった。 さて、これにかまけて(?)、これについての所感を〜。

学校とカネ

ブロックチェーンとDefiのキャッチアップ

■はじめに自身のブロックチェーン界隈のキャッチアップと整理を兼ねて、ホットな技術・サービス、特にDefi周りをまとめたいと思います。前半はブロックチェーンのおさらいで、後半はDefiの整理となってます。 ■ブロックチェーン(前半)ブロックチェーンを語る上で、まず最初に大事になるのが、それ自体の定義です。大きく分けて、(1)誰でも参加自由なパブリック型と(2)特定の参加者のみ参加可能なプライベート型に分けられます。今回はパブリック型ブロックチェーンについての課題についてみていきます。 パブリック型ブロックチェーンが抱えている問題として、処理性能の乏しさがあげられます。ビットコインを例にとると、ビットコインの1ブロック生成時間は約10分で、1ブロック(1MB)に格納される取引件数は平均2000件となっています。1秒間に3件ほどの処理性能しかないことが分かります。これでは多くの人がビットコイン取引をしようとしても処理が追いつかなくなり、決済手段として機能しないでしょう。この問題をスケーラビリティ問題といい、解決策としていくつかの改善案が提案・実装されており、これについては日銀がレポートとして公開しています。 ■スケーラビリティ問題の改善策日銀のレポートを参考に、スケーラビリティ問題の改善策について3つ紹介します。 1.オフチェーン 全ての取引をブロックに格納せず、最初と最後の取引残高のみをブロックに書き込む方法です。オフチェーン技術についてはこの記事に簡単に説明してあるので、よければ見てみてください。このオフチェーン技術を使ったプロダクトとしては、Lightning Networkが上げられます。Lightning Networkは開発も活発に行われており、今後の発展に期待がもたれています。この他に、イーサリアム上のオフチェーン技術としてRaiden Networkが存在しますが、ビットコインほど活発に使われてはいないのが現状です。 2.サイドチェーン メインのブロックチェーンからサブのブロックチェーンへ資産を移動する仕組みで、双方のチェーン上を資産が自由に移動することができます。ただし、チェーン間の資産移動をする場合のみ管理者による検証が必要となります。 ビットコインのブロックチェーンのサイドチェーンとしてLiquidといわれるものが稼動しており、これは取引所間によるビットコインの取引を目的として作られました。通常のBTC承認では10分かかるのが、Liquidのサイドチェーン上では2分で承認が済みま

人生は短し進めよ乙女-【固定概念】私は嫌いだ-

固定概念、私は嫌いだ。 だからと言って自分の人生は自分の思考次第だと思っているので基本的に人の思考は変えようとは思いません。人によってはこの言葉が冷たく聞こえるかもしれませんが私の中ではそれは"人を尊重している"という事なのです。 大事な事は美しいと思うものは人によって違う。そして自分の人生における考え方は自分で選択できるという事を理解する事です。 ある人は青色が好き。 ある人は青色が嫌い。 ある人は雨が好き。 ある人は雨が大嫌い。 私は固定概念が嫌い(違和感がある)。 ある人は固定概念に違和感はない。 そんなところです。 固定概念の中で生きようと思う人はそれでいいし、固定概念に縛られてる人を見て"当たり前"や"常識"って誰が決めたの?と共感できない事が多いなら我慢せずにその自分の感性に従うべきです。その方が自分が納得のいく人生、すなわち貴方にとって貴方らしい幸せな人生を送る事ができます。 私が嫌いな固定概念って実はたくさんあるんですが、今日はその中でも3つについてお話ししたいと思います。 30歳過ぎたらババア(特に日本)なんなんそれ 独身・子供いない←可哀想な目で見るなんなんそれ 女が女を好きだって、男が男をが好きだって幸せだったらいいやろそれ あ、ごめんなさい。ちょっと口が悪いですね <3 まずですね30歳過ぎたらババア扱い問題なんですが、明治時代ですか?と。明治時代・大正時代は男性の平均寿命は43才前後ですよね。それだと30歳はババアでもいいよ。でもさ、現在の平均寿命って84歳ですよと。 人生100年時代ですよと。 たまたま今日めっちゃ共感するTweet見つけました。 それな Twitterはこちら 石原さとみさんがNHK連続テレビ小説「てるてる家族」に出演されていた時、私も宝塚音楽学校の生徒(セリフのある役はもらえなかったけど)とし

人生は短し進めよ乙女-【固定概念】私は嫌いだ-

₿全ビットコイナー必読の書“21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト"

一人寒い部屋で迎えた2019年のクリスマス、ひとすじのぬくもりを求めてネットの海をさまよい歩いていたKatakotoさんは、とんでもないプレゼントに出会った。それはGigi氏という方が執筆した本。その名も “21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト” 執筆者のGigi氏は自分のサイト上でも自身のことを多く語っておらずその詳細は謎に包まれているが、書いてある文章や写真、そしてbitcoin-resources.comの運営などからも分かるように、バリバリのビットコインマキシマリストであるのが感じられる。名前にkatakoto.ethみたいなんがくっついてる奴が気安く近づいた日には、眼から出る₿eamで焼き払われてしまいそうな気迫を感じだいぶビビった。 しかし最近、書籍化されたこの“21lessons.com”は、一度落ちたら抜けられないとされるビットコインのうさぎ穴に落ちてGigi氏自身が自らの体験から学んだコトが、哲学的・経済的・技術的見地から、初心者にもわかりやすいようにエッセイ形式で21のレッスンとしてまとめられていて、ビットコイン初心者にとってもその革命性がよく分かる網羅的な内容になっているではないか! クリスマスの奇跡!この出会いは僥倖! 夢中で読み終えたあと、Katakotoさんはいてもたってもいられぬ衝動に突き動かされていた。 これは凄い本だ。翻訳して広く皆と共有せしめねばならぬ・・・ と言うわけでこの年末になって慌ただしく、ひとり勝手に翻訳プロジェクトに取り組んでいます。翻訳公開に関しては、なんとも太っ腹なことに元の記事が<a href="https://creativecommons.org/licenses/by/4.0/deed.ja

₿全ビットコイナー必読の書“21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト"

初心者がビットコインを買ったけど手数料バカ高くてつまづいた話

2017年のいまごろにビットコインを知って、すごい光景を目の当たりにしてから2年経過した。 職場の上司はBMWが買えるくらい儲かったと笑い、違う部署の先輩は仕事をやめた。   2019年になったいま、ありがたいことにSpotlightに関わらせてもらっている。 テクノロジーのことは全然理解できていないが、投げ銭が楽しすぎる。 とにかく楽しいので、投げ銭をひたすらしていたらポイントがなくなった。 最初のうちに持っていたポイントはすべてYuyaさんからもらったもので、自分では0.1円たりともお金を出していない。   ポイントがないということは、このままでは一生投げ銭できなくなってしまう、、、! 焦りと不安を抱えながら、仮想通貨取引所に登録してビットコインを購入することを決意した。   初心者の考えでいくと、以下の流れが最適だと思った。   LINEの仮想通貨取引所に登録する ビットコインを数百円分買う Bluewalletに移す Spotlightに入金する   が、しかし ぜんっぜん、こんなにスムーズにいかん!!!!!!!   まず仮想通貨取引所に登録したらめっちゃ登録まで時間かかる。 4日とか待つ。これでも早い方なんだろうけど、フツーに最初はびっくりした。 そのあととりあえず0.001BTC買ってみる。 すぐに出庫しようとする。   ここでまた罠に引っかかる。   出庫には顔写真付き身分証明書を持った自撮り写真を送ってくださいと言われる。 そしてまた審査に入る。長い。   やっと出庫できるようになる。 出庫するのは0.001BTCだな!と思って金額を入力したら、   出庫手数料が0.001BTC   買った分全部なくなるやん。     というわけで今はその

エクスコインは果たして成功するか

本日(2019年12月11日)、「エクスコイン」なる仮想通貨のプレスリリースがあったそうです。 日本初のステーブルコインということで、話題になりそうです。   しかしこれ、大丈夫なんでしょうか? 「あたらしい経済」での記事を読んで、不安になりました。 竹田恒泰氏のエクスコイン社らが発表した156種類のステーブルコイン「xcoin」について考察 この記事によると、エクスコインは、パブリックチェーンではなくプライベートチェーンだということですが、ノード数はいかほどなのでしょうか? また、セキュリティは担保されているのでしょうか?   もし安全性をアピールしたいのであれば、そのあたりの言及があって当然です。 しかし、それがなかったようです。   ユーザーから信頼を得るために、エクスコインの革新性や独自性を詳説するのではなく、「日本初のステーブルコイン!」というフレーズや、皇室の血を引くという竹田恒泰氏の知名度など、話題性で勝負するつもりなのであれば、なんだかすでに胡散臭さを感じてしまいます。 しかも、一部のメディアは、既にその話題性に乗せられてる感があるし。   人々の注目を集めたものの、ハッキングとかトラブルに見舞われて、仮想通貨全体への信頼を損なうことになりはしないかと、なんだか不安ばかり感じます。   私だけでしょうか?   エクスコイン発のトラブルで、来年か再来年あたり、また仮想通貨の暴落がありそうな気がします。          

エクスコインは果たして成功するか

わたしとビットコインとモーニングマウンテン氏

Spotlightの皆さま、はじめまして。こすもすと申します。ここでもご活躍のkatakotoさんに勧められて、やってまいりました。katakotoさんとyuyaさんにsatoshiを頂いて投稿することができました。ありがとうございます。 自分はブロックチェーンの技術者ではなく、ブロックチェーンやトークンエコノミーの未来を期待する者でしかないので、ビットコインlightning networkの先進的なSpotlightのユーザーの皆さまのご期待に添えるものではありませんが、どうぞよろしくお願いします。 と書いて、自分はどこでビットコインを知ったのだろう?とふと思い返しました。   ビットコイン、そしてマウンテン氏との出会い ビットコインを知ったのは、そうあれは2011年。東日本大震災の混乱がまだまだひどい状況のときでした。 当時、Google+(グーグルプラス)というSNSがリリースされました。Google肝いりのSNSだったのですが、あまり流行らなかったので知らない人も多いと思います。その頃から新しいSNSとかブログサービスとか好きだった自分は、早速登録してつぶやいたりしていました。 日本人ユーザーはとても少なかったのですが、その中で異彩を放つ人がいました。それがかの有名な、日本仮想通貨界の奇才モーニングマウンテン氏だったんですね。 そのころまだZaifなんてものはなく、マウンテンさんはアメリカにおられて、ビットコインが面白い、ブロックチェーンは革新的だ、アメリカの先進的な人達は熱狂していると、Google+でつぶやいておられました。 とても熱くつぶやいておられたので、興味を持ったGoogle+ユーザーでビットコインを買った人もいたと思います。ああ、その時に自分も買っておけば、今頃大金持ちだったかも知れないのにー!でも、マウントゴックスのゴタゴタもあったので、そんな時に買えないですよね。 一方自分は、なんか胡散臭いおっさんだよねー、という印象だったことを覚えています。まあ、胡散臭いおっさんという印象は当たって…、いやなんでもないです。 でも、マウンテンさんを通してビットコイン、ブロックチェーンの

わたしとビットコインとモーニングマウンテン氏

⚡⚡Bitfinexのライトニングネットワーク入金⇔出金を早速やってみた!⚡⚡

先日発表になったBitfinexのライトニングネットワーク対応。 @ogw_yuyaさんがすでにトライしてTweetしてらっしゃいましたが、新しいものはすぐに飛びついて試さずにはおられないKatakotoさんも早速試してきました! まずはBitfinexにアカウントを開く所からです!(持ってなかったんかい) サインアップ自体は数分で終わるので、その後「Deposit」から「Lightning Network BTC」を探しました。   1000USD相当より低い額の入金には、0.000001 LNX(BTCと等価)の少額デポジット費用がかかります。 金額を入力後、ウォレットを選択。[Generate Invoice]ボタンを押してLightning Network BTC用のインボイスを作成してください。デポジットは対応するウォレットに入金されます。   注意点としては、単位はsatoshiではなくBTCになります。 [Generate Invoice]を押すとすぐにQRコードが表示されます。

⚡⚡Bitfinexのライトニングネットワーク入金⇔出金を早速やってみた!⚡⚡
card_giftcard

tadashimさんから q6b8m601bが購入されました。

100
description

zfka68ba7を購入しました。

-100
card_giftcard

kopokopaさんから q6b8m601bが購入されました。

100
description

g5bqxtxfmを購入しました。

-19
description

g5bqxtxfmを購入しました。

-81
attach_money

出金しました。

-200
attach_money

出金しました。

-100
attach_money

出金しました。

-100
attach_money

出金しました。

-200
attach_money

出金しました。

-200
attach_money

出金しました。

-100
attach_money

出金しました。

-100
attach_money

出金しました。

-200
attach_money

出金しました。

-92
attach_money

出金しました。

-200
attach_money

出金しました。

-200
attach_money

出金しました。

-300
attach_money

出金しました。

-8
description

5rzt537jkを購入しました。

-100
card_giftcard

坂本 不惑(さかもと・ふわく)さんから 6oucq0u07が購入されました。

100