スマホで稼ぐ!
マクロを使ってフリービットコイン効率化!④
ちょっと人間らしく

スマホで稼ぐ! マクロを使ってフリービットコイン効率化!④ ちょっと人間らしく

Android端末のアプリ「マクロドロイド」を使って、フリービットコインの効率化を図るというシリーズの4回目です。 

今回は、「変数」を使ってみます。

何をするかというと、「マクロが便利なのはわかるけど、不正行為だと見なされてアカウント停止を食らわないか不安だ!」・・・という人のために(笑)、マクロをちょっと人間らしくしてみます。

 

 

まずはじめに、マクロが不正行為かどうかについて。 

それについては杞憂だと、私は思います。

少なくとも、私はいまのところ、なんのペナルティーも受けていません。

ただ、他の理由でフリービットコインのアカウントが停止された人はいます。

なので、不正かもしれないと感じることは避ける、というのも、賢明だと思います。

なにごとも自分の判断で!

 

 

さて、私の作ったマクロをあらためて見てみますと、「このフリーロールは人がやってないな」と疑わせる点が、たしかにあります。

それは、アクションの3行目と4行目です。

このマクロでは、アクションの3行目で「リキャプチャなし」をクリックし、4行目でロールボタンをクリックします。

実行してみるとわかりますが、この二つのアクションは、文字通り「間髪を容れず」行われます。

ここがどう見ても、人間業じゃないのです

人間の手ではなく、コンピュータによるものであることが、如実にあらわれてしまっています。

 

ではどうするか?

もっとも簡便な方法は、待機時間を挿入してしまうことです。

下の画像のマクロでは、「待機 1秒」を追加してみました。

これだけで、「リキャプチャなし」を押してからロールボタンを押すまでに若干の時間ができ、人間らしい振る舞いに見えることと思います。

 

 

え?

「毎回1秒きっかりだと、それもマクロくさいんじゃないか」ですって?

 

わかりました。

では、待機時間を1秒、2秒、3秒のいずれかにランダムで決まるようにしてみましょう。

 

この動きをするためには、まず「変数」を用意します。

変数というのは、データを格納するデータです。一種の「容器」のようなものですね。

  

下の画像をご参照ください。

アクションの4行目に「変数を設定」とあります。

ここに、「Roll前の待機秒数」という名前の変数(整数型)をつくりました。

変数の設定は、ホーム画面からでもできますし、アクション作成画面からも新規に作成できます。

さてこここで、1、2、3のいずれかの数字をランダムに発生させ、この変数に代入します。

これが「ランダム変数1->3」という言葉の意味です。

そして5行目の「待機」ですが、ここも変更してあることにご注目ください。

これまでは「待機○○秒」などとなっていたところに、「待機 値:〜」とあるのが読み取れると思います。コロン以下の「〜」のところには、変数の名前がありますね。

これがつまり、変数に代入されている値を、待機時間として引用するということです。

変数には1、2、3のいずれかの数字が入っているため、これを待機アクションに引用することによって、1秒、2秒、3秒のいずれかの待機時間になるのです。

 

いかがでしょう?

ちょっとはマクロくささが消えたのではないでしょうか?

 

 

・・・・しかし、私のような素人には、「変数」の説明は難しいですね。

伝わったかな?

わかる方、補足をお願いします!(^人^)

 

Remaining : 158 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Campaign

Related stories

Writer

妻や子供に言えない話をいろいろ書きます。

Share

Popular stories

スマホで稼ぐ! マクロを使ってフリービットコイン効率化!① 試行の概要

875

sMilesやってみた —> 初日の獲得額は? /運動して仮想通貨がもらえるアプリ

874

「さいたま市」がなぜ平仮名なのかは、子供には説明しにくかった。

483