ERC20 Token Generatorで暗号資産をつくる

ERC20 Token Generatorで暗号資産をつくる

ERC20トークンは、プログラミングをしなくても作る事ができます。今回はそのことについて紹介します。ここでは、ウォレットはMETAMASKを使います。

また、この記事においてはテストネットを使っていますので、テストネットでトークンの発行を試したい方はテスト用イーサを以下のサイトから手に入れておいてください。https://faucet.metamask.io/

 

【1】 以下のサイトにいってください。

https://vittominacori.github.io/erc20-generator/

 

【2】 使うネットワークを選んでください。

Content image

ここでは、Ropstenテストネットをつかうことにします。

Content image

 

【3】 トークンの名前とティッカーシンボル、総供給量、初期供給量を入力してください。

token Name
トークンの名前自分の好きなトークンの名前を英語で書くこと

token Symbol
トークンのティッカーシンボル自分でつけたトークンの短縮表記を書きます。(例. YTN)

 Total Supply
トークンの総発行量(例. 2000)自分の発行したい枚数を半角数字で書くこと

 Initial Supply
トークンの初期発行量(例. 2000)
自分の発行したい枚数を半角数字で書くこと

Content image

 

【4】トランザクションを生成する

以上を入力したら、「Create Token」と書かれているところをクリックしてください。

Content image

すると、以下の画面になります。

Content image

ここで、画面右上にある狐のアイコンをクリックしてください。

すると、以下の画面が出ます。出たら、確認と書かれているボタンをクリックしてください。

Content image

すると、数分後、以下の画面になります。

Content image

これで自作の暗号資産の完成です。ここで、Your Tokenと書かれている項目に書いているアドレスをコピーしてください。このアドレスをトークンコンタラクトアドレスといいます。

 

次に、METAMASKを起動し、赤い四角で囲んだ部分をクリックしてください。

Content image

 

すると、以下のようになります。

Content image

「トークンを追加」をクリックします。

Content image

 

①カスタムトークンと書かれている所をクリックします。②トークンコンタラクトアドレスを貼り付ける

そうすると、トークンシンボルと小数点数が自動的に追加されます。そしたら、「次へ」をクリックしてください。

そうしたら「トークン を追加」をクリックすると、追加完了になります。

 このようにして、ERC20トークンを簡単に作ることができます。
ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

この記事を購入すると、自作のERC20トークンの送信方法(METAMASK)を見る事ができます。 

Remaining : 134 characters / 3 images
120

Sign up / Continue after login

Campaign

Related stories

Writer

Share

Popular stories

暗号資産NEMのアプローチ方法

87

Mpurseを用いてモナカードの発行から配布まで

63

抑えて欲しいDeFi用語について

58