スマホで稼ぐ!
マクロを使ってフリービットコイン効率化!②
アクションの詳細

スマホで稼ぐ! マクロを使ってフリービットコイン効率化!② アクションの詳細

Android端末のアプリ「マクロドロイド」を使って、ビットコインを効率的に稼ごう!!ーーという記事の2回目です。

マクロを使い、フリービットコインを回しまくります。

今回は、私が作ったマクロを具体的に紹介したいと思います。

 

下の画像をご覧ください。「マクロドロイド」で私が作成したマクロです。

このマクロがスタートすると、ブラウザが開き、完全無料でビットコインがもらえるサイト「フリービットコイン」につながります。

するとすぐさま、リキャプチャ認証を処理して、ロールするという、一連の流れが自動的に行われます。

楽ちん!

初めて成功した時は、感動モノでした!\( ˆoˆ )/

マクロの作成は、なんの知識がなくても簡単にできるので、興味があればぜひ試していただきたいと思います。

 

 

では、このマクロの内容を、詳しく説明します。

「アクション」の部分からいきましょう。上の画像の青い部分ですね。ここが、マクロの具体的な動作を指定する部分になります。

ここに六つのアクションがあります。

上から順に、一つずつ説明しますね。

 

 

 

①Webサイトを開く

最初のこのアクションで、ブラウザが起動して、フリービットコインのサイトが開きます。

 

アクションの追加は、青いエリアの右上の隅にある「+」から行います。するとアクションの選択画面になります。

そこから「アプリ」を選び、次に「Webサイトを開く」へと進みます。

そして次の画面でURLを入力します。

フリービットコインのURLをコピペしましょう。

これでこのアクションは出来上がりです。簡単でしょう?

②待機10秒

次に、サイトが開くまでの待機時間を設けます。

この「待機」がないと、サイトが完全にダウンロードされていなくても次のステップに進んでしまいます。つまり、ロールボタンがまだダウンロードされていないのにロールが実行されるため、空振りしてしまうのです。

10秒というのは目安です。だいたいこのぐらいあれば十分だと思います。

私は5秒でやってみたこともあるのですが、通信の状況によっては、ダウンロードしきれなくて失敗したりしました。

 

このアクションの追加は、ちょっと分かりにくいところにあります。

「MacroDroid固有」を選択し、その中にある「次のアクション実行前に待機」というのを選びます。

そして待機時間を入力します。

③UI画面操作 クリック [PLAY WITHOUT CAPTCHA]

サイトが完全に開いたら、ロールです。

しかし、ロールする前に、リキャプチャ認証を突破しなくてはなりません。

これは、「私はロボットではありません」という奴ですね。

私のマクロでは、これを突破するのではなく、スルーするほうを選びます。

リキャプチャ認証をタップせず、その上にあるPLAY WITHOUT CAPTCHA、つまり「リキャプチャなし」をタップするのです。

それによって、リキャプチャ認証なしでロールに進むことができます。

ただし、リウォード・ポイントを消費します。このポイントが底をついたら、この方法は使えなくなります。(これについてはまた次の機会に。)

このアクションは、“PLAY WITHOUT CAPTCHA”という文字列を認識して、そこをタップするようになっています。

このアクションを追加するには、「機器アクション」から、「UI画面操作」を選択。オプション選択の画面で「クリック」を選択し、次の画面で「テキスト内容」を選びます。するとテキストの内容を入力する画面になるので、PLAY WITHOUT CAPTCHAと入力します。

(テキスト内容には、変数やワイルドカードも使えるようです)

④UI画面操作 クリック[ROLL!]

いよいよロールです。

これは③と同様に、“ROLL!”という文字列を認識して、そこをタップするように設定されています。

追加方法は、③と同じです。

あ、文字は半角で入力してくださいね!

⑤待機 60分

フリービットコインでは、60分に一回のペースで、ロールすることができます。

一度ロールすると、60分は待たなければなりません。

そこで、60分の待機時間を設けます。

 

このアクションの追加は、②を参照してください。

⑥通知を表示

60分の待機時間が経過すると、通知が出るようにします。

こうすることで、機会を逃さずにフリーロールを繰り返すことができます。

 

通知の文面は、「1時間経過しました。タップするとマクロが作動します」ーーと書いてみました。

この文面からも分かるように、表示された通知をタップすることで、マクロが動くように設定してあります。

通知をタップし、画面ロックを解除すれば、このマクロが①から動き、再びビットコインをゲットできます。

 

このコマンドを追加するには、「通知」を選択し、「通知を表示」に進みます。開いたウィンドウで、テキストなどを入力します。

通知をタップすればマクロが動くようにするのも、このウィンドウで設定できます。

アクションの説明は、以上になります。

いかがだったでしょうか?

不明な点などあれば、コメント欄に書き込んでくださいね。

 

 

このマクロがあると、スマホの画面をタップする回数が減るどころか、マクロが動いている間は、画面を見る必要すらなくなります。

ものすごく楽です。

(ただしロック状態の解除は必要です)

 

 

次回は、トリガーについてお話ししたいと思います。

読んでくださって、ありがとうございました!

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Campaign

Related stories

Writer

妻や子供に言えない話をいろいろ書きます。

Share

Popular stories

sMilesやってみた —> 初日の獲得額は? /運動して仮想通貨がもらえるアプリ

674

読売新聞が、ついに「BTC高騰」を報道!(2021年2月)

151

スマホで稼ぐ! マクロを使ってフリービットコイン効率化!① 試行の概要

141