暗号資産NEMのアプローチ方法

暗号資産NEMのアプローチ方法

本記事では、NEMへのアプローチの方法について説明します。

まず、暗号資産といったらまず投資するのはビットコインからだと思います。そこからアルトコインについて調べるようになり、その中でNEMに出会ったという人がいるのではないのでしょうか。 
 そこで、今回はNEMに興味を持った人のために、NEMへの入門のステップを3つのステップに分けて紹介します。
 このステップを踏む事で、はじめから多くの金額を何も考えずに投資することを防げるかと思います。
 

 【1】nemlogに登録する

 暗号資産にはコミュニティが存在していることがあり、その中には暗号資産に関する情報が飛び交っていたり、場合によっては、通貨そのものが手に入ることがあります。 
 NEMの場合にもコミュニティは存在し、その中でもnemlogは聖地的な存在です。なのでNEMに関して情報収集されたい人は、まずnemlogに登録してください。
 記事を書くとXEMが投げ銭としてもらうことができますし、イベントが開催されているので、そのイベントに参加すれば参加賞としてXEMがもらえることがあります。


nemlogとは何か

nemlogはどんなところなのかを見たいひとは、こちら( https://nemlog.nem.social )   をクリックし、「投稿ページを見る」をクリックしてください。

スクリーンショット 2020-08-14 13.06.10

nemlogは暗号資産NEMをテーマに据えたものであり、ブログを書いたり、イベントに参加すると、XEMがもらえます。
 ブログ内容やイベント内容はNEMをテーマにしたものはもちろん、NEM以外のテーマも多くあります。NEM以外のテーマがあることで、暗号資産以外の教養を深めることができるし、その教養がNEMのさらなる理解に繋がるのかなと感じています。

スクリーンショット 2020-08-14 13.07.09

ここで、nemlogにブログを書く時、立派な記事は書く必要はありません。
クソ記事でもみんな読んでくれますし、そのような記事の中には面白い事もあり、場合によっては大量の投げ銭が来る場合もあります。それに、nemlogはクソ記事同好会というタグがあるほど、クソ記事にフレンドリーなものになっています。 
 プロのライターが書いたものではなく、素人が書いた温かみがあるものが良いことがあるのが、nemlogの良さでもあるのかなと感じます。

スクリーンショット 2020-08-14 13.19.59

またイベントにも注目です。数々のイベントがこれまでに開催されています。そのイベントの種類はお題に答えるイベント、クイズ、絵のデザイン、FiFiCを使って歩いた事を報告するイベントなど、さまざまあります。
nemlog初心者は、まずは自己紹介から入るといいかと思います。自己紹介記事を書くと、何かいい事があるかもしれません。(その時はカテゴリに自己紹介と入れるといいかもしれません)

スクリーンショット 2020-08-14 13.12.39

暗号資産NEMに関しての情報が一番手に入りやすいのがnemlogだと思いますし、nemlogで定期的に開催されるイベントを通じてその情報のアウトプットができます。 
 過去には「なぜNEMに投資したのか」とか「暗号資産に関する情報を集める」といったイベントが開催され、NEMに関しての情報をアウトプットすることもできます。 
 イベントを通じてNEMについて調べた事をまとめたり、情報を精査したりする事になるので、イベントを通じて暗号資産に関する知識を深められるかと思います。

スクリーンショット 2020-08-14 13.52.48

 NEMについて興味を持った人は、まずはnemlogに登録し、イベントを楽しむ事でXEMをもらい、もらったXEMを誰かに投げ銭してみるといいでしょう。そうすることで、NEMの楽しさがわかると同時に、NEMを調べてみようという動機になることでしょう。
 それは投資をさらにしてみたいという意欲にも繋がります。ぜひ、nemlogに参加してエンジョイしてみてはどうでしょうか!!

NEM Walletを使う

nemlogを使うにはNEM Walletが必須です。必ず以下の記事を読んでNEM Walletをダウンロードしてください。
https://nemlog.nem.social/blog/51869
nemlogにはChat版があるので、NEMやnemlogに関して何か質問したい方はそちらに書いてもらうと、誰か答えてくれるはずです・・・

【2】 WEBサイト/SNSをみる

暗号資産に関するサイトのうち、NEMに関する情報をくわしく見られるのは、トレストさんが運営している以下のサイトです。
https://www.cryptostream.jp/

ぜひ、NEMに関しての概要をこのサイトを読んで掴んでください。
 また暗号資産に関する情報収集手段としてtwitterとテレグラムは必須です。
そこで、twitterではまずトレストさん(@TrendStream)をフォローしてください。
テレグラムに関しては、以下のnote記事を参照してください。
https://note.com/yuto2873/n/n640c64adb68e

【3】 取引所からXEMを買う

nemlogを使ってみたり、トレストさんが出す情報を見て、NEMに興味が出た人はXEMを取引所で買いたい人がいると思います。
XEMを買う取引所として一番オススメはZaifです。CoincheckやbitFlyer等もありますが、板取引でXEMを安く買えるのはZaifですので、以下のURLよりZaifに登録し、XEMを買ってください。
https://corp.zaif.jp/beginner-3/

【発展編】ハーベストをする(XEMを多く買える人向け)

XEMを1万枚以上買う人は、ハーベストといわれるマイニングに参加できます。詳しい方法は、以下の記事にて紹介しています。
https://note.com/yuto2873/n/n06c1fcf661db

この続き : 0字 / 画像 0枚
300

会員登録 / ログインして続きを読む

参加しているキャンペーン

関連記事

記事を書いた人

SNSにシェア

このクリエイターの人気記事

抑えて欲しいDeFi用語について

53

2020年のコインチェックのLSKのステーキング報酬の結果

44

Mpurseを用いてモナカードの発行から配布まで

43