コロナ禍におけるウェルビーイングの取り組み

コロナ禍におけるウェルビーイングの取り組み

新型コロナウィルスで外出自粛を迫られる中、例に漏れず自分も「如何に自宅を快適にするか」と試行錯誤を重ねた。ありきたりのものもあるかもしれないが、実際に試してみてオススメのものをいくつか紹介したい。所謂「買って良かったものリスト」にも近いけど、アフィリエイトリンクではないので安心して踏んでほしい。貧乏一人暮らしなので、なんでも買える富豪やご家庭には向かないものもあるかもしれない。

1:香りもの

ベタベタのベタではあるが、従来あまり「香りもの」に興味が無かった自分だからこそ、コロナをきっかけに良さを知ることになった。自分にとしては「家にいる」ことはあまりストレスに感じていなかったが、自粛が始まってしばらくして寝つきが悪くなったと感じる日々が続いた。香りものに目がいったきっかけは入浴剤で、元々サウナが好きだった自分は家で「サウナ的な癒し」を求めるべく入浴剤を買うようになった。

中でも女性向けなのかもしれないが、「瞑想風呂」と呼ばれるAYURAの入浴剤はとても面白いコンセプトだなと思った。「体が浮く」という不思議なアプローチを実践してみたところ、体の力の抜き方のコツを学ぶことができた。後に普通の瞑想もいくつかトライしてみたが、鼻から空気を吸って口から深く吐くことを繰り返すとどうやら体の力が抜けやすいらしい。入浴剤自体は香りも強く、良くも悪くも意識を持っていかれる。好みはあると思うのでお店などで試していただきたいが、とても人気の商品らしい。

AYURA メディテーションバス
https://www.ayura.co.jp/c/11/73009/

そして入浴時間が楽しくなってから、寝る時にも香りが欲しいと思うようになった。すぐにアロマが思いついたが、火はあまり使いたくない。寝落ちしたりぶつかって火事になるような心配をするのが面倒だった。こちらも色々探すうちに良いものを見つけた。アロマランプというものだ。これはコンセントに繋ぐもので、火は使わない。ランプを点けた暖かさでアロマを気化させるというものだ。そんなんで香りがするのか?と思ったが結構ちゃんと香ってくれる。これなら寝落ちしても大丈夫だし、火を使ったものよりはハードルが低いのではないか。アロマがぐっと身近になった商品だ。

MARKS&WEB アロマランプ・ウォーマーhttps://www.marksandweb.com/store/e/ediff3/

2:エコ加湿器

冬場に入ると乾燥はとても気になる。これまでは整備されたオフィスで勤務していたため加湿器は担当の方が用意してくれていたが、家だと自分でやらなければならない。何もしないと朝起きた時に喉が傷むこともあった。

個人的に加湿器を利用するボトルネックは「衛生面」だった。これまで何度も加湿器を購入してきたが、安物だからか、手入れが下手なのか、内部をカビさせてしまうことが多々あった。使っていない期間に生えてしまうものならまだ良いが、もし使用中にカビが発生していたらと思うとなんとなく怖くて買う気になれなかった。そんな時に悩みを解決してくれたのが「紙タイプの加湿器」だった。

紙タイプの加湿器、多くの人が存在くらいは知っているのではないだろうか。受け皿に水を入れて、専用の台紙を入れただけのあれだ。あんなもので加湿されるのだろうか、と自分も思っていた頃があったが、ものは試しで使ってみたらなかなか侮れなかったのでオススメしたい。これならばカビが生えたら察知できるし、そもそも全面的に手入れが簡単に行き届くので目をやっていれば発生そのものを抑えられる。手入れも水を受け皿に入れるだけだ。一人暮らしワンルーム程度であれば枕元に1つ置いておくだけでも翌朝喉が痛くならない。乾燥で水がどんどん減っていく様を見るのも面白い。

ミクニ ミスティガーデン2nd
https://www.mikuni-la.co.jp/eco/humidifier/mistygarden_2nd.html

3:グラス・コップ

グラス?コップ?と思うかもしれないが、結構幸せを体感できるので敢えてオススメしたい。美味しい飲み物を揃えるのも気分が上がるが、適当なカップを使用している人は是非飲み物に合わせて入れ物を買えるところまで是非試して欲しい。同じ飲み物がグッと美味しく感じたりする。好みであれば高いものでなくても良くて、実際自分は殆どIKEAで調達している。ただ「ホテルで飲んだあれが美味しかったな」とか、「あのカフェが好きなんだよな」とか思い出して、再現するつもりでやってみて欲しい。

・ホットコーヒー:厚めのマグカップ
・冷たい緑茶、コーヒー:薄い透明グラス
・水:青みのある透明グラス
・ビアカクテル:深めのワイングラスのようなグラス

4:海を見る

近場でいい。海を見る時間を取る。ただ満足いくまで見る。「みんな大変かもしれないが今自分には海がある」という謎の強気マインドになることができる。海があるというのはそれほど強いのだ。なんなら家に帰ってからも家の外は海であるというイメージを持って暮らすことができる。外に出て、少し歩いたら海なんだ、という意識で強くなることができる。ザザーン。

5:生鮮の入手経路の確保

ほぼ全ての食事をデリバリーで補っていたが、場所柄か手頃な海鮮丼などは多く見つけられなかった。脂っこいものよりはヘルシーなものが好みなので、自宅付近で生鮮を手に入れられるかどうかは生活のクォリティーをダイレクトに左右する。最初はスーパーで買うことが多かったが、微妙に距離があり、品揃えも多くはないためあまり使い勝手が良くない。

これはクックパッドマートのエリア内であることで解決された。高いのでは?と思っていたが、案外日常使いできる価格帯、むしろスーパーより安いなんてものもあって感激した。種類も豊富である。お刺身など5点くらい購入したが、どれも美味しい。有料の自宅配送もあるが受取場所まで行くことができれば無料で送ってもらえる。時間が区切られているが前日注文・翌日配送なんかも追加料金なしでいける。他の項目も含め記事内にアフィリエイトは貼っていないが、下記は招待コードでお互いクーポンがもらえるので貼らせて欲しい。

クックパッドマート 招待コード:JFRB2V
https://cookpad-mart.com/

デリバリーならchompyが断然オススメだ。ウーバーイーツ、waltを使ったことがあるが、chompyが群を抜いている。個人的にキングオブデリバリーというところだ。サポートが良質というところは広く知られているが、そもそも誤配送が少ない。事前予約機能を使うことで送料が無料になる、送料がかかる場合も一律300円など、とにかくストレスが少ない。価格も日常使いできる1000円前後、それ以下のものも多く、どれも美味しいものばかりだ。何回か同じ店で注文すると利用回数に応じてクーポンサービスもあったりする。一度別サービスでサポートのたらい回しにあったり、サポートの方が何故か初手から逆ギレしていたり、空腹だからこそ余計つらく感じる経験をしていたからこそ、ノンストレスな食事はとても幸福だ。エリア内の人は是非使ってみて欲しい。(回し者ではない)

chompy 招待コード:VK4RCT
https://chompy.jp/

コロナ以前より「ITはある程度生活が困らない程度に水準を上げた、IT活用で余った時間を人は自分の幸福度を高めるために使うのでは」などと思っていはいたものの、コロナという形でより自分の生活の幸福度を高めることに目がいくようになるとは思ってもいなかった。参考になる方がいるのかは分からないが、記載したものはどれも本当にオススメなので是非検討してみて欲しい。

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Campaign

Related stories

Writer

Share

Popular stories

ネタバレ一切なしで切々とシン・エヴァンゲリオンの良さを語る(true)

53

ゲームをしない人間がゲーム実況に救われた話

42

医者選びはブロックチェーンで解決できるか

41