「ビットコイン急伸」の話題が日経新聞に出た!(2020年11月)。少しだけ歴史も振り返ります。

「ビットコイン急伸」の話題が日経新聞に出た!(2020年11月)。少しだけ歴史も振り返ります。

先週の金曜日(11月6日)、1BTCの価格が160万円を突破しました。

前回記事(10月22日)で、「BTC価格が2020年の最高値をつけた」というニュースを紹介しましたが、ほどなくして、2019年の最高値も超えて、2018年以来の高値をつけたとのことです。

急上昇ですね。 

今はそこから下がってますが、それでも150万円を超えています。

 

 

2018年というと、年初からコインチェック事件がありました。

これを受け、2017年末の史上最高値から急落し、「バブル崩壊」と騒がれました。

史上最高値というのは、1BTC=約220万円。(2017年12月)

それから暴落し、1BTC=約36万円まで値下がりしました。(2018年12月)

実に85%もの価値の消失です。

おそろしや・・・。

  

 

その奈落の底からまもなく2年

「ビットコイン価格が上昇している」という話題が、日経新聞に載るまでになりました。

 

紙面をチェックすると、さすがに一面トップ記事じゃなかったですね。

土曜日の夕刊に出てました。(11月7日)

↑グラフを見ると、株価や原油、金と比べても、ビットコインの上昇率がぶっちぎりで高いですね。

 

 

ただまぁ、株価の上昇のほうに世間は大注目しているようです。

日経平均株価は、約29年ぶりの高値だそうですから。

1991年って、湾岸戦争のころじゃん。

当時はたしか海部総理? 昔だな~。

・・・ビットコインの話題は、この株価の話題の陰に隠れている、という印象を受けます。

 

 

さて、これからの世間の関心や如何に。

あなたはどう思われますか?

読んでくださってありがとうございました!

100