Dev Protocolのさらっとした解説

Dev Protocolのさらっとした解説

 

最近クリプト調べるのが楽しいTaakeです。

今週(7/25-7/31)のCoin geckoのTrending Coinトップ10で、日本発ブロックチェーンプロジェクトのDEVが2位になっていました

今回は、DEVを自分なりにまとめてみました。

 

1.DEV Protocolとは

Dev Protocol は、日本発のブロックチェーンプロジェクトです。価値ある活動が経済的に評価されずに、持続できない社会課題を解決します。
日本発のわりに日本人の認知度が低いです。英語発信が多いからだと思いますが…。

COCOAの出来事とか考えても日本にOSSは早かった気がしていて、私見では海外を優先する戦略は正解だった気がしています。

Dev Protocolが実現すること

- クリエイターのあらゆる活動を収益化
- クリエイターを支援することが「資産運用」に
- 仲介者を挟まず、誰もがエコシステムに参画
- 活動と応援の両方のサステナビリティを実現

2.運営会社

社名:フレームダブルオー株式会社(FRAME00, Inc.)
本社:東京都渋谷区神南1丁目6−5
代表者:代表取締役社長 原 麻由美
設立:2015年8月24日
従業員人数:5名

事業も資金調達も順調に進んでますね。

3.DEVが実現すること

”Proof of OSS Power”=クリエイターが生み出した活動の成果をマイニングパワーとして、世界初、OSSのダウンロード数を収益化する仕組みを実現します。

イーサリアム基盤のDappsとしてOSSを資産として見立て、ステーキングすることで収益化をできるサービスとしてStakes.socialをリリースしました。完全分散型、オンチェーンガバナンスのミドルウェアプロトコルです。

  • クリエイターはOSS開発をすることで報酬をもらえます。
  • Dev保有者は、よいと思ったクリエーターOSSプロジェクトにDEVトークン(ERC20)をステーキングすることで報酬をもらえます。

ステーキングのやり方については、ビニールさんのSpotlight記事を参照するとわかりやすくまとめていただいています。

6月の実績は以下。

報酬額がすごい。めっちゃ動いてます。

StakesSocialですが、直感的に操作性は分かります。もっと良くなる気はしてますけど…。あと、ガス代が沼でステーキングする気が削がれるので、ここは早急に改善してほしいなぁ。

4.開催中のイベント

#DevChallengeEXIA というイベントを現在開催しています。

色々なチャレンジに参加するだけでDevトークンを獲得できます
詳細はリンクを参照してみてください。

賞金 合計10,000DEV(7/31現在1dev=200~350円。変動幅が…)
期間 2020/7/12~9/11 日本時間 22:00)
※チャレンジは全ての報奨金が処理された時に終了
※賞金がまだ残っていても、期日が過ぎるとチャレンジは終了

①Dev Protocol 関連 ー 70%配布
-多言語化の提案(多言語)
-タイプミスや文の間違いを報告する
-翻訳を実装する
-タイプミスや文の間違いを修正する
-Dev Kit(SDK) 改善
-DApp コンセプトのモック
-UI コンセプトのモック
-DApp 開発
-Market 開発
-UI 開発

 

②オフサイト ー 30%配布

-DevとStakes.social の使い方やアイデアについてブログを書く (プラットフォーム自由) →賞金 1dev~
-Dev のコンセプトアート (イラスト, デザイン, DEV に関連するあらゆる種類のアート)を作成 → 賞金 10dev~

5.DEVトークン 基本情報

2020.8.1 11:51現在
- 現在価格  ¥245.546 (0.00020508BTC)
- 時価総額  ¥148,924,258
- 7日間上昇率    17.13%
- 30日間上昇率   91.42%
- 現在流通量   605,233枚
- 最大供給量 12,415,921枚
- 入手方法    UNISWAP、Stakes Social
- Etherscan 
(参照元) https://coinutil.net/currencies/dev-protocol

 

私見ですが、報酬額と比べるとこの時価総額は見合わない…。

 

 

 

100

記事を書いた人