ブロックチェーンゲーム総括2020

ブロックチェーンゲーム総括2020

Blockchain Gaming in 2020 の和訳版です。
図表は元のファイルをご確認ください。


2020年のBCGはDeFiの盛り上がりに伴うガス代高騰によりBCGが苦難の一年だったというイメージが強かったのですが、EOS基盤のBCGはとても盛り上がっていたようです。


2021年に関して、一番関心を持っているのはzkrollupのLayer2技術を利用したimmunitable Xの出来です。NFTのETHガス代問題を解決するのは果たしてどの技術になるのでしょうか。

※国内BCGについては、独自L2ソリューションであるAMMへの移行をすすめています。その点、資料の解釈についてはご注意ください。(国内BCGのユーザーが激減しているという記載がありますが、文面通り受け取らないように…)

基盤強化の一年

2020年は、ブロックチェーンdappセクターの多くのカテゴリーにとって重要な年でしたが、ブロックチェーンゲームに関しては、何ともいえない一年でした。

重要なデータポイント 

  • ブロックチェーンゲーム全体の毎日のアクティビティは、2020年に35%増加して約28,000DAUWになりました
  • 2020年のブロックチェーンゲーム全体の取引量は191%増加し、合計5,400万ドルになりました。
  • NFTマーケットプレイス全体の毎日のアクティビティは、226%増加して約3,400DAUWになりました
  • NFT市場全体の取引量は785%増加し、合計7800万ドルになりました。
  • イーサリアムは取引価値の主要な源でした。ゲームの61%とマーケットプレイスの92%

地盤固めの1年

成長はしました。しかし、暗号資産セクター全体のドライバーであったDeFiカテゴリ(TVL150億ドル:年末時点)と比較すると、ブロックチェーンゲーム全体の成長は伸び悩みました。セクター全体が成長したというよりは、個々の製品の魅力に基づいた成長であったと言えるでしょう。 

12月にDappRadarが追跡しているブロックチェーンゲーム全体の1日の平均アクティブユニークウォレットは27,765で、1月の平均20,585と比較して35%増加しました。 

これは、5月以降、DeFiブームによりガス取引手数料が高額になりすぎた結果、イーサリアムゲームのアクティビティが全般的に減少したにもかかわらず、ウォレットが増加したことを示しています。1月から12月にかけて、すべてのイーサリアムゲームの毎日のアクティビティは45%減少しました。

DappRadarは現在、17のスマートコントラクトブロックチェーン全体で700を超えるゲームを追跡しています。 

ゲームごとに、DAUW(Daily Active Unique Wallet)の変化は根本的に異なります。

  • Axie Infinity(Ethereum)は810%増加しました
  • Upland(EOS)は516%増加しました
  • Splinterlands(Hive)は53%増加しました
  • Prospectors(EOS&WAX)は31%減少しました
  • Crypto Dynasty(EOS)は48%減少しました
  • My Crypto Heroes(Ethereum)が97%減少しました ※AMS分含まず

2020年のさまざまな時期に、これらのタイトルはすべて、最も人気のある上位5つのゲームに含まれていました。これは、参加者のエンゲージメントの変動性を示しています。 

2020年の間、EOSはゲームで最も人気のあるブロックチェーンでした
Hiveが17%、Ethereumが14%、Thundercoreが10%、WAXが9%であるのに対し、毎日アクティブなユニークウォレット全体の35%を占めています。 

トップパフォーマー

2020年に多くのブロックチェーンゲームで経験した多様なオーディエンスのバリエーションを考えると、最高のパフォーマンスを示した3つのゲーム、特にイベントや機能が日々のアクティビティの傾向にどのような影響を与えたかをより詳細に見てみる価値があります。  

2020年に最も人気のあるブロックチェーンゲームであるSplinterlandsの場合、重要なイベントは、SteemブロックチェーンからハードフォークバージョンのHiveに切り替えるという決定でした。 5月下旬の移行期間中はプレーヤーの変動がありましたが、6月上旬から8月までに、Splinterlandsは新しいプレーヤーを獲得し、古いプレーヤーが切り替えによる宣伝に再び関与したため、力強い成長期に入りました。

モバイルゲームUplandの1年にわたる成長のきっかけとなる特定のイベントはありませんでした。 マーケティングキャンペーンの展開を開始し、新しい場所やフラットキャッシュアウトオプションなどの機能を追加したことで、その勢いは加速しました。

Axie Infinityの成長は、特に7月初旬に499%上昇したSLPトークンの価格が影響を与えました。 9月以降、ゲームへの関心はさらに加速し、最も希少なNFTであるMystic Axiesの最高価格が150ETHから200ETH、さらに2ヶ月で300ETHに上昇しました。これ自体は、ゲームへの関心の高まりに牽引されたものと思われます。 

もちろん、これら3つのケースでは、そのようなすべてのイベントがユーザーの成長に直接関係していると想定しないように注意する必要があります。

価値観の変化

2020年の間、日々の取引高は大幅に増加しませんでしたが、総取引額に関しては前進していることが確認できます。 

blockchainゲームの年間成長率は191%で、1月の1日平均59,500ドル前後から12月には173,500ドルまで上昇しました。

しかし、ゲーム用の主要な暗号資産であるETHの米ドル価値がこの期間中に470%上昇したため、ETHベースでは1日の取引量が減少しています。

この一見相反する指標から、安価なゲームNFTは、短期的な資産価値を重視するトレーダーの心理には、ドルで価格を算定していることをある程度理解ことができます。

一方、富裕層の暗号投資家を引き付けるより高価なNFTは、長期的な資産と見なされるため、その価値は暗号資産の選択の幅広いトレンドに関連しているため、ETHでの価格設定が多くなっています。

これら2つのトレンドの間の相互作用は、個々のゲームの面でも、NFTセクター全体の面でも複雑です。

また、2020年にマーケットプレイスのdappカテゴリで何が起こったかについても議論する価値があります。

ゲームに完全に関係するわけではありませんが、例えば、2020年の下半期にはクリプトアートの取引が大幅に増加しましたが、ゲーム資産の取引は、OpenSeaなどのマーケットプレイスでの活動の最大の単一のドライバーであることに変わりはありません。

1月の間に、市場と相互作用する1日あたり平均約1,050のアクティブなユニークなウォレットがありました。これが、12月には226%上昇して平均約3,400になりました。10月以降に力強い成長を遂げています。 

ドルベースでのマーケットプレイスの価値の伸びは、1月の1日平均48,400ドルから12月には約43万7,000ドルと、ETHの伸びを大幅に上回り、785%増加しました。

このアクティビティは第3四半期に特に加速し、DeFiからの利益がこのセクターに流入したことが読み取れます。

君臨するイーサリアム

Ethereumは、2020年の間に全体の取引額増加の主な牽引役となりました。

ブロックチェーン全体では、ゲーム、マーケットプレイスが1億3200万ドルの取引額を占めていました。

  • イーサリアムベースのマーケットプレイスは54%のシェア
  • イーサリアムゲーム25%、 
  • 非イーサリアムゲーム16%、および 
  • イーサリアム以外の市場は4%。 

これは、強力なNFT規格と相まって、トークン指向のDeFi dappから他の資産クラスに価値が確実に流れるようにした、金融資産の生成者としてのイーサリアムの強さを示しています。 

現在、EOSとトロンは独自のNFT規格を持っていますが、EthereumのERC721とERC1155規格ほど成熟しておらず、サポートも十分ではありません。

WAXブロックチェーンだけがNFTの力をうまく活用し、約600万ドルの取引を生み出しましたが、これはほとんどがゲームではなくコレクタブルプロジェクトによるものでした。

次は何ですか?

結論として、2020年はブロックチェーンゲームの基盤が強化された年と考えるのがよいでしょう。 

この点で注目すべきは、2020年の間に少なくとも7000万ドルがブロックチェーンゲーム会社に投資されたことで、Dapper Labsが新しいFlowブロックチェーンの立ち上げとポピュレーションのために1100万ドル(総額6800万ドル調達)、ファンタジーサッカーゲームのSorareが800万ドルを調達したことです。

一方、The SandboxとAxie Infinityはゲームのトークンの非公開販売と公開販売でそれぞれ400万ドルを調達し、The SandboxとF1 Delta TimeはゲームのNFTをユーザーに直接販売することでそれぞれ200万ドルを調達しました。

同様に、Axie Infinityではピアツーピア取引がブームとなり、最も希少なMystic Axiesの価値が大幅に上昇したことで、10万ドル以上のNFT販売が複数発生しました。

さらに、「The Sandbox」、「Blankos Block Party」、「Skyweaver」、「Nine Chronicles」、「Soccer Manager Elite」など、多くのプロジェクトがベータプログラムを公開し、2021年の正式サービス開始に向けて準備を進めています。

また、Neon District、MegaCryptoPolis、Spells of GenesisなどのEthereumベースのプロジェクトでは、より高速で安価なトランザクションを提供するサイドチェーン技術であるMatic Networkを使用するための移行が一般的になってきています。

2021年のブロックチェーンゲームに期待しましょう。

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Campaign

Related stories

Writer

Share

Popular stories

Dev Protocolのさらっとした解説

304

 「犯罪収益移転危険度調査書 令和元年度版」②危険度の高い取引についてまとめてみた

116

国内暗号資産取引所の顧客保有資産分析(2018.9~2020.9)

70