環境的・倫理的・社会的に責任があると自称するノルゥエーのエネルギー企業がビットコインを肯定する

環境的・倫理的・社会的に責任があると自称するノルゥエーのエネルギー企業がビットコインを肯定する

"Bitcoin is often criticised for a number of perceived challenges.  Its electricity consumption, its inability to scale with respect to transactions, and its potential to facilitate anonymous illegitimate payments.  We believe that Bitcoin can be a solution rather than a problem for each of those."

(A letter to the share holders regarding the establishment of their subsidiary, Seetee AS)

- Kjell Inge Røkke CHAIRMAN Aker ASA (Established 1840)-

「ビットコインは、様々な問題があると批判されます。(膨大で無駄な)電力消費や、トランザクションは(遅く)規模を拡大できない、匿名性が犯罪を助長する、といった点です。しかしながら、ビットコインはむしろこうした難題を解決するためのソリューションになると私共は信じています。」

(子会社 Seetee AS 設立について、株主向けの書簡

- 会長 シェル・インゲ・レッケ Aker ASA (1840年創業)-

この続き : 0字 / 画像 0枚
100

会員登録 / ログインして続きを読む

関連記事

記事を書いた人

お金にはハード(誠実)とフレキシブル(過剰になると不誠実)、2種類が存在すると30歳後半で初めて知り衝撃を受ける。その後ビットコインに出会い啓蒙活動を継続中。ドキュメンタリー作成はその一部: マジックマネー、ビットコイン・バブルを超えて。各国中央銀行は最低2つ以上あるべきが持論。

SNSにシェア

このクリエイターの人気記事

サトシの夢は今も生きているか?

2032

虹を見て何を感じますか?

80

エピクテトスの教え

63